RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】面をつけてても大丈夫!乃木坂メンバー動員の『あさひなぐ』はアイドル青春映画の秀作に

【俳優最新ニュース】男女カップルのリアルな日常を描く『ゼクシィ縁結び』CMに、現役女子大生SSW・ラブリーサマーちゃんの楽曲が抜擢

【俳優最新ニュース】BRAHMAN、石巻市を舞台にした夏木マリ主演映画『生きる街』主題歌を担当

【俳優最新ニュース】三代目JSB今市隆二、飲み会での口癖は「7人最強だから」山下健二郎が明かす

【俳優最新ニュース】ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン

【俳優最新ニュース】『メイズ・ランナー』俳優、マイケル・キートンとの共演はぶっ飛んだこと

【俳優最新ニュース】『スター・ウォーズ』アナキン俳優、交際10年で破局

【俳優最新ニュース】河中あい「袴田吉彦さんと離婚しました」ブログ報告

【俳優最新ニュース】山田孝之が風邪でバットマンの声出せず 「サービス精神は旺盛な方でお答えしたいんですけど」

【俳優最新ニュース】宮川大輔、映画撮影中に元カノと再会 共演・丸山隆平もびっくり

【俳優最新ニュース】菅田将暉&ヤン・イクチュンが「あゝ、荒野」で共演!お互いの第一印象は「動物的」!?

【俳優最新ニュース】勝地涼、好きな女性のタイプや俳優仲間との“ケンカ”話を赤裸々告白

【俳優最新ニュース】「エルネスト」主演のオダギリジョー「一生に一度の作品」を大阪でアピール

【俳優最新ニュース】綾野剛、10代に戻って「学生ものやってみたい」

【俳優最新ニュース】35歳・綾野剛「学園モノをやってみたい」秘めたる願い明かす

【俳優最新ニュース】東京ゲームショウで松平健が人生初のコスプレ「重厚感あっていい」

【俳優最新ニュース】綾野剛、人生をリセットするなら「10代に戻って学園モノをやってみたい」

【俳優最新ニュース】佐藤健がキッパリ「30代まではこのままでいい」 綾野剛「10代に戻って学園ものをやってみたい」

【俳優最新ニュース】<佐藤健>“佐藤かぶり”にも余裕「よくある」 主演映画「亜人」のイベントで 

【俳優最新ニュース】袴田吉彦が今月上旬に離婚 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」

2016年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    夏ドラマ“低調”はリオ五輪の影響?エース番組なく「全体への期待薄...

     7月スタートの民放連続ドラマ14作品(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち、初回の平均視聴率トップは日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)で12・4%。15%に届かない寂しい出足となった。初回2桁発進した作品も、第2~3話で軒並み1桁台に転落。早くも“夏枯れ”したのか?(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    続きを読む

    アニマル浜口親子が移動リポートに参戦 司会はもちろん高橋英樹 「...

    ★大人のTV 「第39回隅田川花火大会」(テレビ東京、30日午後6時半)

    今年もこの季節がやってきたなという感じだ。と、昨年も小欄で書いたが、何かと伝説を残してきただけに待ちに待った番組だ。

    司会は今年も俳優、高橋英樹。これは欠かせない。筆者にとって、高橋英樹のいない隅田川花火大会は考えられない。

    そして、移動リポーターにはフリーアナの高橋真麻。2013年の豪雨リポートでど根性をみせて以降、やはり真麻抜きでもありえない。

    単純にいってしまえば、2万発を誇る花火大会を20台以上のカメラで多角的にみせる番組だが、そこはわれらがテレビ東京。ただの中継では終わらせないのだ。

    昨年は、真麻が雑踏の中、予定の場所までたどり着けず、後半はほぼ出番なしという事態に。最後は、「寄り道していたら、間に合いませんでした」とのコメントとともに、望遠カメラに向かって手を振る豆粒のような姿が映っていた。

    今年は、この移動リポーターにアニマル浜口親子が参戦するというから心配でたまらない。雑踏の中で「気合だぁ」の叫び声だけが響き渡るのでは…。なんて考えると早くもワクワクしてくる。

    一昨年、ビールを飲みながらグダグダ中継をみせた蛭子能収も再び登場する。どうも、この番組のスタッフは、何かが起きることを期待しているとしか思えない。

    スポンサー名の書かれたちょうちんのドアップもおなじみのカット。盛大な花火の音をバックにゲストのトークに耳を傾けるなんていうのも、この番組ならではのオツな楽しみ方だろう。

    世界がテロの恐怖に揺れている今、隅田川花火大会も厳重な警戒の中で行われるという。しかも都内は都知事選の真っ只中。何事もなく、無事に終わってほしいものだ。

    残念なのは、副音声解説は声優の山寺宏一と手堅く置きにいったところだ。昨年担当したお笑いコンビ、笑い飯はやはり受けいれられなかったのか。 (F)

    “山川の日”に豊がボルダリング挑戦

     【芸能ニュース舞台裏】ブームを逃すまいと演歌歌手の山川豊(57)が動いた。

    「七夕の7月7日が“川の日”で、8月11日が今年から祝日の“山の日”になりました。ということで、その中間の7月25日を“山川の日”と定義し、ボルダリングに挑戦したのです。演歌界ではかつて、上杉香緒里が金メダリスト似のメークをしてキャンペーンをしたことがありました。取材陣を集めるためには何をやってもありが芸能界ですからね」(ベテラン音楽記者)

    “山川の日”は来年以降も続く。

    高知東生被告、ノーソックスで保釈 妻・高島礼子に「早く会いたい」

     覚せい剤取締法違反(所持)などで起訴された女優、高島礼子(52)の夫で元俳優、高知東生被告(51)が29日、保釈保証金500万円を納付、警視庁東京湾岸署から保釈された。

    「この度はたくさんの方々にご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした」と頭を下げた高知被告。細身のスーツで、革靴に靴下ははいていなかった。

    用意されたワゴン車に向かう際、「(妻に)早く会いたいです」と目を赤くして苦笑いした。

    本田泰人氏「行列-」で3度目結婚発表も、そこまで引っ張る必要は…

     【芸能ニュース舞台裏】「あそこまで引っ張って、あれではね」とテレビ局のスタッフルームで、テレビを見ていた芸能デスクが苦笑いする。

    24日に放送された日本テレビ系「行列のできる法律相談所」。前日、マスコミ各社に届いたテレビ番組表に「今夜、誰かが結婚を発表する」と書かれていたため、「いったい誰だ」と芸能記者は特定に走った。

    「関係者の口があまりにも重かった。その心は、そんな大げさにする人物ではないからっていうものでしたが、ふたを開けてみればその通り」(放送担当記者)

    オンエアで明らかになったのは、元サッカー日本代表の本田泰人氏(47)が3度目の結婚をするということ。

    「新聞のラテ欄に予告を書き込んでも、それが視聴率に反映される時代じゃない。昭和の手法ですよ。テレビが古臭い発想から抜け出せないことを今回は証明してしまった」と前出の放送担当記者は厳しい。

    光ったさんまの奮闘 SMAPファンから感謝の声

     23日から24日にかけて放送された「FNS27時間テレビフェスティバル!」(フジテレビ系)の平均視聴率が7.7%のワーストだった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    「87年からスタートし、今年で30回目でしたが、ワースト記録となってしまいました。しかし、明石家さんまさん(61)の奮闘が光っていましたね」(テレビ局関係者)

    24日深夜、さんまとSMAPの中居正広(43)がトークを展開するコーナーで、二人がベッキー(32)に「電話して」と呼びかけると、約30分後にベッキーが電話で登場。「さんまさん、バラエティーって楽しいね!」って声を弾ませていた。

    「ベッキーは、1月に不倫が発覚し、その後休業。6月にはBSの番組でレギュラー復帰を果たしたもののいまだ地上波では復帰はかなっていません。さんまさんとしては、ちょっとしたきっかけを作ってあげたいという思いだったようです」(前出・テレビ局関係者)

    また、歌番組に出演しないことでファンから心配の声が出ているSMAPについても「歌番組、なんで出えへんねん?」と中居を追及。「ファンのために歌だけは歌ってくれ。デビュー25周年やぞ、おまえ」とファンに代わって懇願。

    「さんまさんには、SMAPファンからも感謝の声があがっているそうです」(前出・テレビ局関係者)

    テレ東“池上無双”で勝算あり!? 民放で唯一、都知事選特番 NH...

     31日投開票の東京都知事選。参院選よりも盛り上がりをみせているが、開票速報を特番で報じるのはNHKとテレビ東京のみとなった。民放では“独自路線”を進むテレ東だが勝算はあるのか。

    続きを読む

    TOKIO城島&松岡「DASH」で鍛えた目利き力披露

     TOKIOの城島茂(45)と松岡昌宏(39)が30日、東京都内で行われた豊洲市場のカウントダウンイベント「開場まであと100日!豊洲市場応援大使任命式」に出席した。

    築地市場が豊洲に移転して11月7日に開場するまであと100日。この日は完成した水産卸売場棟など豊洲市場の本体部分が報道陣に公開された。城島は「普段から海産物など仕事で見ているので応援大使に任命され、とてもうれしく誇りに思えた」と喜び、「2人にしかできない応援の仕方で、一生懸命盛り上げていければ」と意気込み。松岡も「個人的に築地は20年くらい足を運んでいたので、移転には興味があった。自分が携われて、築地の仲間にも報告して喜んでもらってます」と笑みを浮かべた。

    安全対策についても説明を受け、「1にも2にも安全が大切。次の時代も安心して働けるのはいいことですよね」と松岡。また城島も「日本を代表する市場、観光スポットになって欲しい。日本中が盛り上がるのでは」と期待を寄せた。

    イベントでは2人が魚の目利き、青果の目利き対決をする一幕も。日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」でのロケを体験し、知識が豊富ということで、スズキやアナゴの目利きも難なく正解。対して魚に合わせるわさびの目利きについては、プロでも1000人に1人しかわからないという右回りと左回りの違いも見抜き、さすがの実力を見せつけていた。

    • 2016年07月30日 18:00
    • TOKIO

    14歳で人妻と…「仰げば尊し」真剣佑に“隠し子報道”の裏

     TBS系ドラマ「仰げば尊し」の不良役で一躍大人気になっている、ハリウッドスター・千葉真一(77)の息子で俳優の真剣佑(19)に衝撃事実が発覚だ。“隠し子”の存在が発売中の写真誌「フライデー」で報じられ大騒ぎになっている。

    真剣佑は2年ほど前に活動の拠点を米・ロスから日本に移したが、同誌によると、真剣佑の子どもが生まれたのはナント14歳の時。自分の両親が友だち付き合いをしていたロス在住の日本人の30代半ばの人妻と深い関係になり、その人妻が真剣佑の子どもの女児を出産。

    千葉は激怒し、「14歳以下の子どもに性的行為をした」と13年10月に真剣佑のお相手を提訴。しかし、現地の裁判所は数回のヒアリングを経て真剣佑が人妻によるレイプを否定したため訴えを却下。しかし、真剣佑は未成年だったため、法的には子どもを認知できず。女性は子供を出産後に離婚し、現在はシングルマザーだという。

    19歳にして5歳児の父親とは驚くばかりだが、なぜこんな海の向こうの話が漏れたのか? 事情に詳しいマスコミ関係者がこう話す。

    「千葉真一はずっと資金繰りに苦労していて、ある都内の飲食店の名物ママがタニマチになっていました。そのママの元には多くの芸能関係者が出入りしているため、マスコミ関係者も多い。今年に入り、真剣佑が前後編の映画『ちはやふる』に主要キャストで出演することもあってか、お店の中で『アメリカに隠し子がいるよ』というネタが話題になったのです。お店で千葉が肯定も否定もしなかったためフライデーが取材に動いたといわれています」

    真剣佑の所属事務所は完全否定しているが、今後の対応は未定。千葉は50歳以上も年下の女子大生との交際が話題になったが、その血を脈々と受け継ぐ真剣佑の発言が待たれる。

    ドラマで浮く 関ジャニ∞横山裕はアクションで挽回なるか

     毎クール「火10対決」と話題になる、フジテレビ系とTBS系のドラマの視聴率対決は、まず初回放送では、フジの「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、9.3%だったTBSの「せいせいするほど、愛してる」を僅差で制した。

    続く第2話ではその差を1.8%に、3話目も1.5%と広げ、民放連ドラ初主演となる波瑠(25)が、連続ドラマでは先輩格の武井咲(22)に勝利したとされている。この主演女優対決の裏で注目されたのが、それぞれで相手役を務める関ジャニ∞の横山裕(35)とタッキーこと滝沢秀明(34)の“ジャニーズ対決”だった。

    祝勝ムードのフジテレビの中でも、もろ手を挙げて喜べないのが横山。というのも、放送直後から横山の演技に対して、ネット上に不満の声が並んでしまったからだ。

    「ファンとおぼしき女性たちの声は“横山クン、カッコイイ”一色でしたが、ファン以外からは厳しい声が多かった。“たばこを吸うシーンがまるでチンピラ刑事”“バラエティーでのコントに見えてしまった”“シリアスなドラマの中で一人だけ浮いていた”と散々でした。横山の演技力には定評がありますが、今回は慣れない標準語でのセリフ回しがぎこちなかったのは確か。その辺は横山もよく分かっており、雪辱に燃えています」(テレビ関係者)

    このドラマで特に横山に期待されたのがアクションシーン。実際、初回放送でも後半のアクションシーンは見事だった。

    「実は、横山は昔からアクションシーンを演じたいと言い続けていて、いろんなアクション作品を見て研究しているだけでなく、ボクシングジムに通ってトレーニングまでしていたほど。今ドラマでは、ジャニーズ事務所が、よく許可したなといわれるくらい危険なアクションも、見事に演じ切っています」(芸能ライター)

    もう一つ横山に期待されていることがある。前出のテレビ関係者によると、「それはズバリ、視聴率。特に関西地区での視聴率」だという。

    「このドラマは関西テレビ制作で、制作側は関西地区での視聴率を気にしている。それが、初回13.4%と満足すべき数字で、関西で人気が高い関ジャニ効果があったとホッとしています」

    “火10”のジャニーズ対決では、滝沢からまず視聴率で一本取った格好の横山。次は演技での評価も挽回して、先輩の滝沢超えを狙いたいところだ。

    カテゴリー