RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】クルーニー夫妻、高校生の銃規制要求デモに5400万円寄付

【俳優最新ニュース】バイプレイヤー育成の土壌を作った“Vシネ”の功績

【俳優最新ニュース】アイドルの可憐さはどこへ…元KARA・知英が珍行動連発でコメディエンヌとして開花!

【俳優最新ニュース】舞台「アンフェアな月」小説の登場人物を“生きた人間”にする妙味

【俳優最新ニュース】次世代俳優・吉村界人「『悪魔』は僕自身なのかも」

【俳優最新ニュース】<BLEACH>福士蒼汰が“死神代行”になる瞬間 実写映画特報映像公開

【俳優最新ニュース】福士蒼汰主演『BLEACH』特報解禁 巨大虚とのバトルシーンも

【俳優最新ニュース】向井理、「きみ棲み」の冷酷キャラ話題!新境地への軌跡を追う

【俳優最新ニュース】竹内涼真、葵わかなが嵐二宮主演の医療ドラマに出演

【俳優最新ニュース】河瀬直美監督作『Vision』特報公開! ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典ら名優集結

【俳優最新ニュース】英国直便!レッドカーペットで、俳優陣が「黒」に込めたメッセージ

【俳優最新ニュース】おしどり夫婦に何が!? ジェニファー・アニストン&ジャスティン・セローが破局

【俳優最新ニュース】俳優・大家仁志さん、大腸がんで死去 53歳

【俳優最新ニュース】俳優の大家仁志さん死去

【俳優最新ニュース】高橋光臣、長男誕生を報告「役者道を邁進していく所存です」

【俳優最新ニュース】高橋光臣に第1子男児誕生「ここからまた一歩ずつ確実に前へ」

【俳優最新ニュース】【日本アカデミー新人俳優賞】北村匠海、『キミスイ』は“原点” 泣きの演技で変化

【俳優最新ニュース】新田真剣佑&野村周平が広瀬すずに“肘グイ” 観客から黄色い歓声

【俳優最新ニュース】広瀬すず 野村周平、新田真剣佑と恋愛トーク

【俳優最新ニュース】吉永小百合が小平奈緒の金メダル瞬間を正座で観戦

2016年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    <大橋巨泉さん死去>テレビ育て…硬軟自在、「反骨」示す

     テレビ文化を育てた巨星が落ちた。12日、82歳で亡くなった大橋巨泉さんは、番組司会などで活躍。豊富な語彙(ごい)とユーモアでスタジオを盛り上げ、社会を斬り、昭和を代表するテレビマン、文化人として駆け抜けた。

    【巨泉さんの妻・寿々子さんのコメント】

     ◇評伝

     ♪シャバダバシャバダバ--。

     軽快な女声スキャットで始まるテレビ界初の深夜ワイドショー「11PM」(日本テレビ系)は衝撃的だった。それまでテレビではタブー視されていたマージャン、競馬といったギャンブル系の遊びや、釣り、ゴルフ、ボウリングなどのレジャーが次々登場した。カバーガールがにっこりほほ笑み、当時15歳の由美かおるが歌って踊る清潔なお色気路線も魅力の番組だった。

     「俗悪番組」とたたかれながらも1965年11月から90年3月まで25年続き、そのうち20年間、司会を務め番組の顔となったのが大橋巨泉さんだった。

     当初は構成作家として参加した。「夜でなければできないものを」と相談を受けて作ったのがマージャンのコーナー。「非難ごうごうで1~2回で終わると思っていたら、もっとやろうとなって、お前が司会もやれと。裏文化、サブカルチャーを初めてマスメディアに乗せた存在価値があったと思います」。99年秋に放送された一晩だけの復活特番の直前、あの笑いを含んだ陽気な声で誇らしげに語った。

     「お色気番組の元祖」と言われがちだが、巨泉さんの真骨頂は、落首や狂歌のように、軟派番組の中に政治や社会への批判を突きつける硬派企画を挟み込んだ反骨精神だ。

     従軍慰安婦や公害、返還前の沖縄の現実といった硬派ネタから、ストリップ、UFO、超能力、アングラ芝居などの軟派ネタまで取り上げた。「僕は、日ごろ新聞の社説を読まない人に、政治や経済の問題に興味を持ってもらおうとシリーズを続けたんですよ」とも明かした。

     もう一つ、テレビ文化を豊かにした功績がある。「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」(ともにTBS系)を、軽妙洒脱(しゃだつ)なスタジオトークを生かして、家族で楽しめる良質な娯楽番組に育てたことだ。

     17年前のインタビューの最後に、こう話していた。「当時のイレブンでは、人が取り上げていないもの、他でやっていないものを次々とやった。今のテレビの堕落の原因は、そこが欠けていることにあると思いますよ」。愛するテレビへの遺言となった。【元毎日新聞編集委員・網谷隆司郎】

    <玉木宏>特捜検事役で社会派ドラマ初挑戦

     玉木宏さんがテレビ東京のドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」で、東京地検特捜部の検事・冨永真一役で主演を務めることが20日、明らかになった。テレビ東京のドラマは初出演で、社会派ドラマも初挑戦となる玉木さんは「非常にチャレンジングな作品」とし、「今だからこそ、僕自身の年齢に近く、重厚な検事という役がいただけたのだと思います」と検事役を演じることについて語っている。

    【写真特集】玉木宏、昔は肥満体型? 高校時代の衝撃体重明かす

     ドラマは真山仁さんの長編小説「売国」(文藝春秋)が原作で、秋に本社を移転する同局の「六本木3丁目移転プロジェクト」の一環として放送される。東京地検特捜部に赴任した冨永が「永田町のドン」と呼ばれる大物政治家・橘洋平が絡む闇献金疑惑事件の捜査に奔走しているとき、親友で文部科学省で宇宙開発を担当している近藤左門から宇宙開発にまつわる疑獄事件の告発メッセージを託され……というストーリーが展開される。監督は映画「沈まぬ太陽」などの若松節朗さん、脚本は「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」などの金子ありささんが担当。放送は年内を予定している。

     玉木さんは台本について「現在の世の中の流れからすると、非常にチャレンジングな作品だなと思いました。テレビ東京だからこそ、できるのかもしれません。原作とは多少設定が変わっている部分はありますが、大きな軸は変わることなく、原作にあった『正義』と『夢』というテーマはしっかり掲げられると思います」と感想をコメント。また、演じる冨永についても「冨永は30代後半で、年齢は重ねているけれども、検事として特捜部に移ったばかりで、どこか初々しさがあって……」と説明し、「そういった、年齢的な若さではない『初々しさ』を演じていきたいです」と意気込みを語っている。

    ASKA 半年ぶり沈黙破りブログ開設 妻と大げんか、家出か?

     2014年9月に覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手ASKA(58)によるものとみられる1カ月限定のブログが開設されたことが19日、分かった。関係者によると、「本人が書いたものに間違いないようです」という。

    【写真】保釈されて報道陣を前に一礼するASKA

     1月に事件への思いや近況などをつづった文章をネット上で公開して以来の意見発信。当時は盗聴被害を一方的に訴え、今回のブログでも同じような内容が見られる。関係者は、現在のASKAについて「逮捕後も支え続けてくれた妻とも、ついに大げんかになった。その後、八王子市の病院に身を寄せていたようです。きょう現在もいるのかどうかは知りませんが…」と証言。周囲の知人も距離を取り始め、家族とも衝突したことで、自宅を出たとみられる。

     そんな中、約半年ぶりに沈黙を破ったのがブログだ。最初の書き込みは18日付。「この半年間のできごとについて」と題し、盗聴被害を主張したことが覚醒剤の後遺症と判断され、国が定める「医療保護入院」という制度の下「入院をさせられてしまっていました」と報告。4カ月に及んだという病院での生活について「最初の10日間は部屋に鍵がかけられ自由を奪われました。何もやることがないというのは本当につらい」と振り返った。「3カ月を過ぎた頃、僕が正常であると確信したある弁護士ら」に救出され、転院先の九州の病院で「病気ではない」と診断されたとしている。

     19日の書き込みでは、「僕は、僕が元気であることをみなさんにお知らせしたいだけ。メディアは僕が病気である方が記事にしやすいし、喜んでいるのです」と主張。ブログの閲覧者に向け「いいじゃないですか。いろんな意見があって。肯定も、否定も、すべてOKですよ」と、コメントを求める呼びかけをした。

    • 2016年07月21日 17:48
    • ASKA

    カテゴリー