RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】「ジャスティス・リーグ」に残された5つの疑問

【俳優最新ニュース】女性の功績をたたえる「ブルガリ アウローラ アワード」開催 大竹しのぶや蜷川実花が受賞

【俳優最新ニュース】定年世代へエール!角野卓造69歳初エッセー 12・13刊行

【俳優最新ニュース】浅野忠信主演「刑事ゆがみ」第7話は5・9% 前回から0・8ポイント下降

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) キム・レウォン&シン・セギョン『黒騎士』ポスター公開

【俳優最新ニュース】とんでもない天才子役!『(500)日のサマー』監督が大絶賛のワケ

【俳優最新ニュース】水谷豊主演「相棒 season16」第6話は13・8% 前回から0・8ポイント減

【俳優最新ニュース】プロレスラー俳優法則探訪:「デカくなくても需要はある法則」ロディ・パイパー

【俳優最新ニュース】今年、一番話題になった映画・俳優は!?『日本アカデミー賞 話題賞』投票スタート!

【俳優最新ニュース】別れた男より友情!元カレが一緒な仲良しセレブたち

【俳優最新ニュース】<2.5次元男子推しTV>アニメイトカフェとコラボ 来年1月池袋3号店など2店舗で

【俳優最新ニュース】満島真之介が感慨深げ “園組”に俳優で参加し「ずっとやりたかった」

【俳優最新ニュース】大竹しのぶ、41年ぶりイベント ファンの涙にもらい泣き

【俳優最新ニュース】菅原小春“タンバリン”で破局質問をガード 報道後初公の場

【俳優最新ニュース】二階堂ふみ「ぐるナイゴチ」涙の卒業発表「お芝居に集中を」「申し訳ない」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 「いい夫婦」の日に帰宅できず辻希美に謝罪…プレゼント返しで絆を確認

【俳優最新ニュース】菅原小春、三浦春馬との関係にタンバリン振って踊る

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道の真偽問われダンスで回答?

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道への質問はタンバリンでかわす

【俳優最新ニュース】菅田将暉、自分の発言に驚き

2016年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    妻への愛がゆえ…大橋巨泉さん“パイプカット”決断秘話

    「はっぱふみふみ」などの流行語に数々の遊びの哲学、セミリタイアと、時代の先頭を走った大橋巨泉さん(享年82)。実はパイプカットの先駆けでもあった。

     時は1972年1月。司会を務める「11PM」の冒頭、「ボクは子孫をつくらないことにしました」と当時37歳の巨泉さんは切り出し、視聴者の度肝を抜いた。本紙の連載「プレイバック芸能スキャンダル史」によると、〈その日のテーマは「現代の恐怖、人類は滅亡する!?」。公害をこのまま放っておけば30年後、日本人の3人に2人は死んでしまう。もし公害がなくなっても地球上の人口は70億に達して、未曽有の食糧難に陥る〉という特集である。

     巨泉さんの売りといえば遊び。競馬、マージャン、ゴルフ、ボウリング、釣りなどを番組で取り上げ人気を博していたが、こうしたお堅いテーマにも取り組んだ。そして宣言から間もなく、本当に手術を受けた。

    「きっかけはこの前年の夏、番組取材を兼ね夫婦で訪れた北米で、人類を滅亡から救うには子どもをつくらない以外に方法はないという『ノー・バース(産まない)運動』に触発されたことでした。もともと14歳年下の寿々子夫人の心臓が強くなく、ピルを使い続けることに問題もあった。間違って中絶ということになったら、さらに体に負担がかかる。ならば、もっとも確実なパイプカットをするほかないというのが巨泉さんの結論でした」と、当時を知る芸能記者は日刊ゲンダイ本紙にコメントしている。

    ■「最初に巨泉ありき」

     寿々子さんとは再婚。最初の妻でジャズシンガーのマーサ三宅との間には2人の娘を残している。とはいえ、パイプカットに踏み切った巨泉さんの決断は芸能界などに少なからず影響を与えた。芸能リポーターの石川敏男氏が言う。

    「芸能界でパイプカットといえば、巨泉さんと松方弘樹さん。松方さんは1996年、30歳年下の女優との不倫が発覚した際、決まりをつけるため、パイプカットを選択しています。芸能界にはほかにもパイプカットをしている人が何人もいますが、最初に巨泉ありきという印象ですね」

     パイプカットをしても、後に再接続手術を受けることもできたが、巨泉さんが再手術を受けたという報道はない。巨泉さんは最期の瞬間、寿々子夫人に手を握られていたという。

    尾崎裕哉さんインタビュー 父・尾崎豊への思いを語る

     7月16日に生放送されたTBS「音楽の日」で大きな注目を浴びた尾崎裕哉さん。初めて出演したテレビ番組で、父・尾崎豊さんの「I LOVE YOU」と、自身のオリジナル・ソング「始まりの街」を歌い、「鳥肌が立った」「奇跡のTVライブ」などと大反響となった。

    ■指先にあらわれた緊張

    「あの日は出番までずっと家にいるように言われていたのですが、普通に過ごしたいなと思って、カフェに行ったりしていました」

     尾崎裕哉さんは、そう言って笑う。

    「出番は夜9時くらいだったので、夕方くらいに家に戻ったんです。で、ちょっと迷ったんですが、テレビで『音楽の日』を見ました。緊張するかなと思ったら、明るい感じの番組でしたし、そうか、僕が歌う姿はこういう風に見えるんだってわかって、なんだか安心できたんです。で、出番が来て、楽屋を出たときに、『やってやるぞ!』と腹をくくりました」

     話しぶりからもマイペースさが伝わってくる裕哉さん。とはいえ、テレビ初出演で緊張しなかったのだろうか。

    「うーん、失敗したらどうなるんだろうっていう恐怖みたいなものは脳裏をよぎりましたよ。でも、あがったかといえば、そんなこともなかったんです。スタジオにお客さんがいてくれたから、ライブと何も変わらないなあ、と。僕はレコードも出していませんし、無名の状態でやってきたので、先入観なしで自由に聴いてほしいと思っていました」
     しかし、意識はしていなくとも、体は緊張していたようだ。
    「出番の5分前に指を見たら真っ白で、爪の色が紫になっているんです。すごく冷たいし。弾き語りなのでまずいなあ、と思いました。でも、自分のタイミングで曲に入ればいい、とそれだけを思っていたんです」

    ■「自分は歌を届けることができるんだ」

     1曲目は「I LOVE YOU」。アコースティックギター1本での弾き語りだった。

    「父親に似せて歌うのではなく、僕の『I LOVE YOU』を歌おうと思いました。スタジオのお客さんの先まで、テレビカメラの向こうで聴いてくれている人たちまで声を届けようと思って、歌いました。あとでみなさんの反応を知って、自分は歌を届けることができるんだ、自信を持っていいんだ、と嬉しくなりました」

     2曲目は「始まりの街」。母に捧げるオリジナル・ソングだ。

    「とても気持ちよく歌えました。それでも、やっぱり緊張していたのかな。ベストは尽くしましたけど、正直、もっと良く歌えます(笑)『始まりの街』は純粋な曲ですが、僕はテイストの違う曲もつくっています。興味を持ってくれた人は、『始まりの街』を入口に、いろいろ聴いてほしいです」

    引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160724-00510959-shincho-ent
     

    「M―1」決勝進出の漫才コンビ 借金1億円トラブル

    「未来のダウンタウン」と言われ、将来を嘱望されていた元漫才コンビに前代未聞のトラブルだ。なんと、ボケがツッコミを訴える準備をしているという。かつて「M―1グランプリ」で決勝進出するなど華やかな経歴を持つ「りあるキッズ」のボケ担当・安田善紀(30)は、ツッコミ担当・長田融季(30)に対し「提訴を検討している」と本紙に激白。他の芸人にもカネを借りまくり、総額1億円ともいわれる長田の金銭トラブルとは、いったいどんなものなのか?

    「りあるキッズ」は1996年、当時TBS系で放送されていたテレビ番組「輝く日本の星!」の「次代のダウンタウンをつくる」という企画で誕生。安田が「未来の松本人志」、そして長田が「未来の浜田雅功」に選ばれ、ともに11歳にしてコンビを結成した。2人とも関西在住のため、大阪で活動を開始。“天才少年”と言われ、多くの賞に輝いた。2003年には、漫才日本一を決める「M―1グランプリ」で決勝に進出。優勝は逃したが、現在も活躍している「麒麟」や「千鳥」より上位の5位にランクインして実力を見せつけた。

     だが、その後は目立った活躍を見せられず、2014年には一念発起して東京進出したが、同年8月1日付で長田が所属の吉本興業を退社。長田に多額の借金があったことが退社の理由といわれた。

    「りあるキッズ」自体は正式に解散を発表したわけではないが、長田の退社後、コンビでの活動は全くない。安田はピン芸人として再出発した。

     本紙は先日、東京・霞が関の東京地裁から出てきた安田を直撃した。

    「今、長田を提訴するか検討している。彼には2年前、300万円を貸しました。“借用書”もあるが、返してくれない。最近は連絡も取れないから、返済を迫ることもできない。このままの状態が続けば訴えるしかない」

     長田にお金を貸したのは、東京進出する少し前の14年2月だった。

    「長田が『借金で困っているけど、300万あればすべて返せる。そしたらギャンブルもやめて仕事も一生懸命やる』と言うから貸した。毎月5万円ずつ返済する約束だったが、返したのは2回だけ」

     同年6月に東京に引っ越したが「東京に来たのはボクだけで、長田は『すぐ行く』と言うのに全然来ない。そのうち大阪の芸人仲間から『アイツ、ちょっとヤバイで』と連絡があった。いろんな人から借金してて、これはもう一緒にやっていけないと思ったんです」。

     たまりかねた安田は「もう解散する。僕は東京で、1人でやっていく」と長田に通達。所属の吉本興業にも「解散します」と伝えた。結成18年での解散劇だが「悲しいとか悔しいとか全くない。『そういうヤツなんや』と思った段階で何も感じなかった」と安田。

     長田の退社後、吉本が把握していた借金の総額を初めて聞いたという。

    「リストを見せてもらったけど、借金の総額は約5500万円。ただその中に僕の300万円は入ってなかった。ほかに数千万貸した人もいたけど、それもなかった。そういうのを全部入れたら、1億円くらい借りてるかもしれない」

     解散後はピン芸人として活動してきたが先日、新しい相方が見つかり、コンビを結成した。

    「新しい相方は、浜田ツトムという芸人で『一緒にM―1出よう』と誘われた。もともとはサンドウィッチマンのメンバー。サンドウィッチマンは最初、トリオでスタートしたそうなんです。浜田の年齢は僕よりひと回り上の42歳ですが、芸歴は同期。新コンビ名は『閃光少女』。おっさん2人ですけど(笑い)」

     ちなみに安田は、8月27日に東京・神保町花月で「芸能生活20周年記念公演」を行うが「その場で『閃光少女』の正式なお披露目をやるつもり。もちろん漫才をやる。今年のM―1にも出場します!」と宣言した。

    “金の切れ目が縁の切れ目”というが「未来のダウンタウン」は“コンビ間の金銭トラブル”で解散。そのうえ“相方を訴える”という前代未聞の事態を迎えてしまうのか――。

     ☆りあるきっず ボケの安田善紀(1985年9月20日生まれ)とツッコミの長田融季(85年7月30日生まれ)のコンビ。96年結成。98年「今宮子供えびす漫才新人コンクール」福笑い大賞。99年「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞。「上方漫才大賞」新人奨励賞。2000年「NHK上方漫才コンテスト」優秀賞。03年「M―1グランプリ」5位入賞。14年に長田が吉本興業を退社し、事実上の解散となった。

    CMでも多数起用、専門番組も人気…国内で本格的な“ラップ”人気再...

     最近、『ファンタ』『ケンタッキー』『氷結』『東京サマーランド』『トヨタ自動車 実写版・ドラえもんCM』など、多数のテレビCMでラップミュージックが起用されているのが目立つ。また、深夜番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)のラップバトルが若者の間で大人気となり、高校生たちが昼休みにラップバトルする光景も見られるなど、今まさに“ラップミュージック”が復活の兆しを見せている。実際、7月10日に伝説のHIP HOPイベント『さんピンCAMP』が20年ぶりに復活したり、日本語ラップの先駆者・いとうせいこう主催のイベント『いとうせいこうフェス』が開催されるなど、ラップの人気再燃は本物。なぜ今、日本のラップが復活しているのか、日本のラップ史(HIP HOP史)を紐解きながら検証してみたい。

    いとうせいこう、多岐にわたる活躍の秘訣は“HIP HOP脳”

    ◆90年代にはラップとJ-POPが融合した“J-RAP”も、2000年代中盤以降はその勢いにも陰り

     日本のラップは1980年代初頭、近田春夫やいとうせいこうが日本語によるラップに挑戦したことから始まるとされる。もとはアメリカ・ニューヨークの黒人の間で1960年代以降に広まった音楽で、長年アメリカでもRUN DMCが登場するまでは、“ラップ=売れない”のが常識だった。日本でも1980年代に佐野元春が楽曲に取り入れたり、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」のヒットなどはあったが、あくまでアングラな音楽だった。それが一変したのが1994年、スチャダラパーと小沢健二のコラボ曲「今夜はブギー・バック」と、EAST END×YURIの「DA.YO.NE」の大ヒットである。

     「当時の“渋谷系”と呼ばれるジャンルがHIP HOPと融合した『今夜はブギー・バック』は、ハイセンスでおしゃれ系の若者たちの間で大人気となり、HIP HOPを一般層にまで浸透させました。それにトドメを刺したのが『DA.YO.NE』です。この曲は日本のHIP HOP初のミリオンセラーとなって、全国各地で『DA.YO.NE』の“ご当地版”が出されるまでになり、地方の隅々にまでラップが行き届いたのです」(エンタメ誌編集者)

     以後、90年代はヒットチャートに数多くのラップ曲がランクインするようになり、本格派ラップミュージシャンと言えるRHYMESTERやBUDDHA BRAND、キングギドラなどのシーンを代表する面々が多数活躍する。その一方で、安室奈美恵やDA PUMPといったポップ系にもラップが普通に取り入れられ、m.c.A・Tなどが“J-RAP”などを提唱するまでとなったのだ。そして2000年代になるとDragon ASHがZEEBRAとコラボした曲が大ヒット、KICK THE CAN CREWやRIP SLIMEといったゆるくておしゃれなラップが大人気となると、もはやラップはJ-POPの枠に取り込まれたと言ってもいいだろう。

     だが、2000年代を頂点に、ジャンルとしてのラップは徐々に衰退の一途を辿ることに。それは音楽シーン全体の売上低下に伴うものであったが、それだけが理由でもない。「こうなるとダボダボの服にベースボールキャップ、たいがいがポッチャリ体型……というギャングスタ系というか、ストリート系というか、いかにも悪そうな、わかりやすいラッパーは“ダサい”存在となり、2000年代中盤以降、ラップの勢いは衰えてしまいます」(前出の編集者)

    ◆テレビ番組だけでなくCMでもラップを多様、18歳選挙権もラップバトルを起用

     そんなラップの人気が復活したのは、やはり2015年から放送されている『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)の影響が大きいだろう。この番組はフリースタイル(即興)のラップバトル、簡単に言えば“ラップでお互いをディスりあう(ののしりあう)=ラップによる口ゲンカ”みたいなものなのだが、これが若年層に人気となった。BSスカパー!の『BAZOOKA!!!』でも「高校生ラップ選手権」という企画もあり、8月30日に第10回目が開催されるほど、ラップが浸透している。

     最新の『トヨタ自動車 実写版・ドラえもんCM』でも、のび太(妻夫木聡)が「オレ、確かにいっつもドラ頼み でもお前は一生ドラ息子」とスネ夫(山下智久)をディスれば、スネ夫も「は? ドラ息子でナニが悪い のび太はいっつもカッコ悪い」と返し、最後はジャイ子(前田敦子)が登場して、「てか、のび太とスネ夫の分際でイキがってんじゃねえぞ」と一喝して終り……というラップバトルが繰り広げられるが、これと同じノリで高校生が休み時間中にラップバトルをしているという。さらに先述のように、『ファンタ』の菅田将暉、『ケンタッキー』の桐谷健太、『氷結』のNON STYLE・井上裕介とトレンディエンジェル・斎藤司、『東京サマーランド』のスチャダラパーなど、最近では俳優からお笑い芸人、本物のラッパーまでが出演し、CMでラップを披露しているのである。

     「何のジャンルでもそうですが、ブームが高校生にまで広がれば、それは本物と言えるし、経済効果も期待できます。実際、東京都選挙管理委員会が行なった18歳選挙権の周知キャンペーン『TOHYO都』では、『フリースタイルダンジョン』で人気となった般若さんらが登場するMCバトルが行なわれてましたから」(前出の編集者)

     いとうせいこうは以前ORICON STYLEのインタビューで、日本のHIP HOPの始まりは「アマチュアがセンスだけでプロより上に行っちゃうっていう時代の始まりだった」と語っていたが、今のラップがまさにその状態。最近では、男女7人組ダンスボーカルグループ・AAAの日高光啓のソロ名義・SKY‐HI(スカイ・ハイ)の“超高速ラップ”が話題になっているが、ラップが本格的に日本音楽シーンのメインストリームにのし上がってくる日も近いのかもしれない。

    カテゴリー