RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】「ジャスティス・リーグ」に残された5つの疑問

【俳優最新ニュース】女性の功績をたたえる「ブルガリ アウローラ アワード」開催 大竹しのぶや蜷川実花が受賞

【俳優最新ニュース】定年世代へエール!角野卓造69歳初エッセー 12・13刊行

【俳優最新ニュース】浅野忠信主演「刑事ゆがみ」第7話は5・9% 前回から0・8ポイント下降

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) キム・レウォン&シン・セギョン『黒騎士』ポスター公開

【俳優最新ニュース】とんでもない天才子役!『(500)日のサマー』監督が大絶賛のワケ

【俳優最新ニュース】水谷豊主演「相棒 season16」第6話は13・8% 前回から0・8ポイント減

【俳優最新ニュース】プロレスラー俳優法則探訪:「デカくなくても需要はある法則」ロディ・パイパー

【俳優最新ニュース】今年、一番話題になった映画・俳優は!?『日本アカデミー賞 話題賞』投票スタート!

【俳優最新ニュース】別れた男より友情!元カレが一緒な仲良しセレブたち

【俳優最新ニュース】<2.5次元男子推しTV>アニメイトカフェとコラボ 来年1月池袋3号店など2店舗で

【俳優最新ニュース】満島真之介が感慨深げ “園組”に俳優で参加し「ずっとやりたかった」

【俳優最新ニュース】大竹しのぶ、41年ぶりイベント ファンの涙にもらい泣き

【俳優最新ニュース】菅原小春“タンバリン”で破局質問をガード 報道後初公の場

【俳優最新ニュース】二階堂ふみ「ぐるナイゴチ」涙の卒業発表「お芝居に集中を」「申し訳ない」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 「いい夫婦」の日に帰宅できず辻希美に謝罪…プレゼント返しで絆を確認

【俳優最新ニュース】菅原小春、三浦春馬との関係にタンバリン振って踊る

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道の真偽問われダンスで回答?

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道への質問はタンバリンでかわす

【俳優最新ニュース】菅田将暉、自分の発言に驚き

2016年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    新婚・小島よしお、“一発屋”からの再起実感「積み重ねてきた経験が...

     2007年ごろ、“そんなの関係ねぇ”“おっぱっぴー”のネタでブレイクしてから約9年。最近は子どもやファミリー向けに特化した営業で人気を伸ばし、先週、結婚を発表するなど、公私ともにノリにノっている小島よしおが、キッズ向けアルバム『よしおのうた』を発売する。過去には“一発屋”と評されることもあったが、生粋の真面目な性格もあってか、コツコツと営業を重ねて、『R-1ぐらんぷり 2016』では“コジマリオネット”のネタで決勝まで勝ち残るなど、再ブレイクともいえる状況の今、小島に子ども向けにネタを作る思いから今の自分の現状、今後の野望まで、様々な話を聞いた。

    【写真】小島よしお、“パンイチ”で魅せる鍛え抜かれた筋肉美

    ■小島よしお死亡説が出たこともありました(笑)

    ――5年ほど前からライブの内容を子ども向けにしているそうですが、理由は何だったのでしょうか。
    【小島よしお】 ある時、ライブに来てくれていた4歳の女の子が、始まってすぐに「帰りたいよ~」って泣き出しちゃったことがあったんですね。これはいけない、と思ったのがきっかけのひとつでした。元々、裸でやるリズムネタだから、子供のファンはわりといたんです。でも、時間が経つにつれて、子供のファンがどんどん離れていったんですね。その最後のひとりまで泣かせてしまうところまで行ってしまったという。だから路線変更しなければって思ったんですよね。子ども向けの単独ライブをやってる人はあまりいなかったので、当初はかなり手探りな感じでしたけど、今になってみるとシフトチェンジして良かったなって思います。

    ――その裏には、芸能界での自分なりの居場所を見つけたいという思いもありました?
    【小島よしお】 あぁ、それもあったと思います。実際、小島よしお死亡説が出たこともありましたし(笑)、このままじゃ生き残れないんじゃないかっていう。だから自分なりの山を見つけないとなって思ってましたね。

    ――子供って大人以上にシビアな視点をもっているところもあるし、飽きっぽかったりもしますよね。そういう点で、子供向けのネタを作る難しさってありませんか?
    【小島よしお】 その辺の難しさは子供向けの単独ライブをやり始めてわかりましたね。例えば、暗転で泣いちゃうので、暗転を作らないようにしたりとか、あとはこっちが絶対ウケるだろうなと思って作ったネタが意外とハマらないことも多いんですよ。当然のことではあるけど、大人を笑わせるのと同様に、本気で笑わせにいかないと絶対ダメだなっていうのは実感しています。たまに知人に頼まれて幼稚園に遊びに行ったりするんですけど、そこでネタを試してみるんです。子ども向けなので、大人に見せても反応がわからなかったりするので……子どもが作家さんみたいなものですよね(笑)。一番の先生は自分が子どもを持つことかもしれないですね。板付きの作家さん(笑)。

    ■芸能界では不祥事が続いているので、そこだけは気を付けたい

    ――“一発屋”と言われながらも最初のブレイクから9年ほどが経っていて、もはや息の長い芸人になっていると思います。気持ち的に安定しているところもあります?
    【小島よしお】 2007年のときは急に状況が変わったんで、やることなすことすべてが初めてで、不安がかなり大きかったんですよ。でも、今は、自分が積み重ねてきた経験がある上でのいい状況だと思うので、落ち着いた気持ちで活動できているところはあると思います。もちろん不安はゼロではないですけどね。

    ――その上で抱いている野望はありますか?
    【小島よしお】 今後は海外に進出したいなっていう気持ちはありますね。先日インドで“そんなの関係ねぇ”を普通に日本語でやるロケがあったんですけど、言葉の壁を超えてけっこうウケたんですよ。スタンドアップコメディとかしゃべりは難しいと思うんですけど、リズムがあるものって、世界の壁みたいなものを超えられると思うんです。むしろ突破口はリズムしかないと思う。それがちょっと自信にはなったので、リズムネタをもっと突き詰めて世界に出ていきたいなと思っています。

    ――では、日本の子供たちに向けては何か考えていることは?
    【小島よしお】 子供への認知度が上がっているとは言え、アンパンマンやふなっしーたちに比べるとまだまだ負けていると思うので、そういった子どもたちのヒーローをきっちりライバル視して活動していきたいなとは思ってます。

    ――そこで威力を発揮する小島さんなりの武器って何かあります?
    【小島よしお】 やっぱり筋肉ですかね。子どもは筋肉がけっこう好きなので、そこが突破口になるのではないかと思っています。あとは先日、ジュニア野菜ソムリエの資格をとったので、野菜系の歌をどんどん作りたいなとは思いますね。「うちの子どもはレタスとキュウリが嫌いなので、作ってもらっていいですか?」などリクエストもいただいているので、第2弾アルバムができるとしたら、次は「やさいのうた」でいきたいなと思っています。ただ、ずっと穿いている海パンが最後の1枚になってしまったんですけど、だいぶ緩んできているので、ポロリだけはしないようにしないとなと思ってます。最近、芸能界ではいろいろ不祥事が続いているので、そこだけは気をつけつつ、さらに頑張っていきたいですね。

    ――海パンは引き続き穿くんですか?
    【小島よしお】 そうですね。そのためにも身体は鍛えていますし、棺桶まで海パンを持って行きたいなと思っています!

    (文/もりひでゆき)

    NHKで単発司会決まるも…古舘伊知郎の起用に各局が尻込み

     23日放送のフジテレビ系の夏の大型特番「FNS27時間テレビフェスティバル!」内の「ホンマでっか!?TV 生人生相談SP」にゲスト出演した古舘伊知郎(61)の発言が、波紋を広げている。16年ぶりの共演となった番組MCの明石家さんま(61)を前に水を得た魚のようにしゃべり倒すも、「10月からレギュラーなんて全然入っちゃいないんですから」と“仕事ゼロ”の寂しい身であることを激白したのだ。

     まあ、どこまで本音か分かったもんじゃないが、「当たり前や、芸能界をなめたらアカンで!」とさんまの一喝に納得した様子でウンウンとうなずき、「戻ってきてレギュラーが決まると思っていたら大間違いだった」と心境を吐露。入社2年目のTBSのお笑い担当のディレクターから「古舘さんは無口でいらっしゃいますねと言われた」というエピソードを引き合いに出したり、バラエティー界でのブランクを痛感している様子ではあった。

     テレビ朝日の局アナ時代にプロレス実況で人気者となり、フリーに転向後は「笑っていいとも!」をはじめ、各局のレギュラー番組をいくつも抱える売れっ子だったのも今は昔。今年3月に12年間にわたり、キャスターを務めた「報道ステーション」(テレビ朝日系)を降板してからは、「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)や「おしゃれイズム」(日本テレビ系)、「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)など立て続けに各局の番組に出演し、視聴率も好調で存在感をアピールしたのだが……。

     27時間テレビでは、さんまから「一発もんよりレギュラーが欲しいねん!」と後押しを受け、「これでオファーが来るでしょう!」と腕をさすっていた古舘。しかし、「『報ステ』時代の安倍批判や反原発といった政治色が強い以上に、使いづらい理由は他にある」と、テレビ局関係者がこう明かす。

    「古舘さんを起用するということは、『古舘プロジェクト』すべてを“丸抱え”するという意味を持つ。古舘さんのギャラ以外にお抱えの放送作家やスタイリストなどを使わねばならず、莫大なカネがかかるんです。『報ステ』は今の局アナ体制になって、制作費は半分近くに抑えられているのでは。プロレスの実況とか単発ならまだしも、レギュラーとなるとばかにならない。どの局も経費削減が厳しい中で、起用に尻込みするのはよく分かります」

    「報ステ」リタイア後はテレビ局による“争奪戦”も囁かれた古舘。8月25日放送のNHK特番の司会は決まったがこれは単発だけに、実際のところは10月から“お茶ひき”のようだ。

    藤木直人 第3子誕生していた!ファンには発表も一般公表せず

     気温30度超えの暑さとなった7月19日の正午前。東京・渋谷区内の駐車場に停まったワゴン車から、赤ちゃんを抱いたイケメンが降りてきた。藤木直人(44)だ。

     膝丸出しのショートパンツにサマーコートを羽織ったファッションは、平日の都心ではかなり目立つ。続けて、長身の美女が車からベビーカーを降ろした。藤木の6歳下の愛妻だ。

     05年から務める『おしゃれイズム』(日本テレビ系)のMCに加え、今年は中谷美紀と共演したドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)が好評。蜷川幸雄の遺作となった5月の舞台『尺には尺を』にも主演するなど、仕事が絶好調な藤木。

     この日はオフのようだ。白いニット帽をかぶった藤木は、慣れた様子でベビーカーに赤ちゃんを乗せた。だが、藤木には長男(9)、長女(6)の2人の子供しかいないはず。いったい、この赤ちゃんは――?

    「じつは先月、3人目の子供が生まれたんですよ。ファンクラブ会員にだけは“お知らせ”がありましたが、一般には発表しておらず、赤ちゃんの性別も公表してないんです」(芸能関係者)

     世間が知らぬ間に第3子に恵まれていたようだ。

     この日、誕生日だった藤木は、家族そろってスーパーで大量に食材を買い込んだ。藤木は赤ちゃんに頬ずりしたり、テレビではまったく見せないデレデレのパパぶりを披露して、笑顔で帰路についた。仕事だけでなく、私生活も絶好調――。

    【オリコン】KinKi Kids、36作&20年連続シングル首位 歴代1位記録更新

     人気デュオ・KinKi Kidsの36枚目のシングル「薔薇と太陽」(7月20日発売)が初週19.3万枚を売り上げ、8/1付オリコン週間シングルランキング1位に初登場。シングル1位獲得作品数はデビュー曲「硝子の少年」(1997年7月発売)から36作連続36作目とし、自身が持つ「デビューからのシングル連続首位獲得作品数」の歴代1位記録を更新した。

     同じく歴代1位記録を持つ「デビューからのシングル連続首位獲得年数記録」も20年連続(1997~2016年)に伸ばし、前人未到の大台に乗せた。両記録の歴代2位には、5月から充電期間に入ったKAT-TUN(26作連続、11年連続)が続いている。

     CDデビュー20年目に突入した今作は、豪華コラボが実現。表題曲の作詞作曲は、今年15年ぶりに再結集したTHE YELLOW MONKEYのボーカル・吉井和哉が、ジャケット写真は俳優・斎藤工が担当した。

    西田敏行、体調不良報道を吹き飛ばす!? 来春『釣りバカ』出演で俳...

       6月24日に放送された『探偵! ナイトスクープ』(朝日放送)で西田敏行が復帰した。

      「西田さんは今年2月に自宅のベッドから転落して頸椎亜脱臼。3月の日本アカデミー賞では座ったまま司会を務めましたが、車イス生活が続きました。

       4月中旬に手術を受けて復帰を目指していた矢先に胆のう炎が発覚して5月上旬に摘出手術。業界内では“復帰はかなり先だろう”と言われていました」(ワイドショースタッフ)

       68歳という年齢にしては驚異的な回復力だ。そして、もっとうれしい知らせが届いた。

      「テレビ東京系の来年1月のスペシャルドラマで『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』が復活します。8月末に撮影がスタートし、三重県の伊勢志摩でロケを行う予定です」(テレビ局関係者)

       映画では故・三國連太郎さんが演じたスーさんと西田のハマちゃんのコンビで人気を博したが、昨年10月からのドラマ版では西田がスーさんに。濱田岳がハマちゃん、その妻のみち子は広瀬アリスというキャストで新シリーズが始まった。

      「今回のスペシャルドラマでもキャストは変わらず、もちろん西田さんが鈴木建設社長の“スーさん”を演じますよ。夏の撮影で体調が心配でしたが、制作サイドがオファーしたところ、快く応じてくれたようです」(芸能プロ関係者)

       国民的映画だった『釣りバカ日誌』なので、当初、西田はスーさん役を引き受けるのをためらった。

      「昨年のドラマ版のときは、ファンからの期待に応えたくて引き受けたようです。今回また出演することにしたのは、昨年のドラマに手応えを感じたからでしょう。初回視聴率は10・8%とテレビ東京としては立派な数字でしたから」(前出・テレビ局関係者)

       濱田岳と広瀬アリスの“合体”を引き延ばすというお約束の展開で、制作サイドもシリーズ化に意欲満々だった。今作では、新しいキャストもいるという。

      「映画の『釣りバカ』のようにヒロインがいるようです。1回の放送でキャストを増やして盛り上げるということは今後、連続ドラマでの『シリーズ2』も視野に入っているのかもしれません」(前出・テレビ局関係者)

       テレビ東京宣伝部に事情を聞くと、

      「詳細についてお答えできかねます」

       という返答。西田の事務所にも聞いてみたが、

      「情報解禁されていないので、お答えできません」

       と否定はしなかった。西田本人の体調についても聞いてみると、

      「手術前よりはよくなっております。もう車イスは使っていないですから」

       と喜ばしい回答。俳優復帰に向けて準備は着々と進んでいるようだ。

      アーティストデビュー10周年の加藤和樹、デビューから最新曲まで8...

       今年アーティストデビュー10周年を迎えた加藤和樹が、名古屋・大阪・東京と3都市6公演を行ったライブツアー“Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live “GIG” 2016~Laugh & Peace~『ALL ATTACK KK』”のツアーファイナルを24日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催。

      【写真】デビューから最新曲まで全82曲を熱唱した加藤和樹

       今回のライブツアーは、デビューから最新曲『夏恋』まで自身の持つ楽曲全82曲を「DAY-1」「DAY-2」と2日間に分けて、1日41曲を歌唱するという挑戦的なライブ。この企画に関しては、昨年、デビュー10周年を迎えるにあたり、加藤和樹自らが発案し、バンドメンバーも賛同、構想1年かけて実現したもの。7月9日(土)、10日(日)に名古屋BOTTOM LINEにて、7月16日(日)、17日(日)に梅田 AKASOにて、そして7月23日(土)、24日(日)に 恵比寿LIQUID ROOMにて開催。ツアーファイナルには、全国から約900名のファンが詰めかけた。

       常に上を目指し、応援してくれるファンにを大切にしたい、という思いから実現した加藤和樹らしい10周年記念ライブとなった今回の企画。2日間で全82曲を歌い上げるという、高く大きなハードルを越えた加藤和樹は、ライブ中のMCでも「今後迎える15年目も20年目も、またその時は全曲ライブをやるか!?」と、ファンを前に、さらなる目標と夢を語った。

       同ライブでも披露された最新曲を収録したニューシングル『夏恋/秋恋』が9月28日に発売。また、秋にはカバーライブを全国6都市7公演、来年の3月には10周年記念LIVEのファイナルとして2Daysで加藤和樹作詞&作曲によるライブを開催する事も決定。さらに、秋には役者として、堤幸彦監督の映画、舞台「真田十勇士」への出演も控えている。

      カテゴリー