RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】「ジャスティス・リーグ」に残された5つの疑問

【俳優最新ニュース】女性の功績をたたえる「ブルガリ アウローラ アワード」開催 大竹しのぶや蜷川実花が受賞

【俳優最新ニュース】定年世代へエール!角野卓造69歳初エッセー 12・13刊行

【俳優最新ニュース】浅野忠信主演「刑事ゆがみ」第7話は5・9% 前回から0・8ポイント下降

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) キム・レウォン&シン・セギョン『黒騎士』ポスター公開

【俳優最新ニュース】とんでもない天才子役!『(500)日のサマー』監督が大絶賛のワケ

【俳優最新ニュース】水谷豊主演「相棒 season16」第6話は13・8% 前回から0・8ポイント減

【俳優最新ニュース】プロレスラー俳優法則探訪:「デカくなくても需要はある法則」ロディ・パイパー

【俳優最新ニュース】今年、一番話題になった映画・俳優は!?『日本アカデミー賞 話題賞』投票スタート!

【俳優最新ニュース】別れた男より友情!元カレが一緒な仲良しセレブたち

【俳優最新ニュース】<2.5次元男子推しTV>アニメイトカフェとコラボ 来年1月池袋3号店など2店舗で

【俳優最新ニュース】満島真之介が感慨深げ “園組”に俳優で参加し「ずっとやりたかった」

【俳優最新ニュース】大竹しのぶ、41年ぶりイベント ファンの涙にもらい泣き

【俳優最新ニュース】菅原小春“タンバリン”で破局質問をガード 報道後初公の場

【俳優最新ニュース】二階堂ふみ「ぐるナイゴチ」涙の卒業発表「お芝居に集中を」「申し訳ない」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 「いい夫婦」の日に帰宅できず辻希美に謝罪…プレゼント返しで絆を確認

【俳優最新ニュース】菅原小春、三浦春馬との関係にタンバリン振って踊る

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道の真偽問われダンスで回答?

【俳優最新ニュース】菅原小春 三浦春馬との破局報道への質問はタンバリンでかわす

【俳優最新ニュース】菅田将暉、自分の発言に驚き

2016年7月
    8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    朝夏まなとが妖艶に魅せる宝塚『エリザベート』開幕!

    1996年に宝塚歌劇で初演され、今年で20周年を迎えたミュージカル『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』が、トップスター・朝夏(あさか)まなと率いる宙組により上演。7月22日、兵庫・宝塚大劇場にて幕を開けた。

    舞台写真、5点

    19世紀末に実在したオーストリー=ハンガリー帝国皇后エリザベートの生涯を、黄泉の帝王トート(死)との愛憎を軸に描いた本作。一度聴くと耳から離れないほどに美しい楽曲の数々で彩られた名作で、歌唱での表現力も重要な要素となる。宝塚版ではトートを主役に置き換えたオリジナルの演出がつけられ、歴代のトップスターが上演のたびに新たなトート像を作り上げてきた。9代目のトートとなる朝夏。手足の長い美しいスタイルの朝夏トートは、艶めかしく冷たいオーラを放ち、それでいて情熱的にエリザベートへの愛を見せる。そのバランスが絶妙で、眼差しや指先の動きも、観る者をゾクッとさせるほどに妖しい。

    エリザベートを演じるのはトップ娘役・実咲凜音(みさき・りおん)。活発な少女時代では澄んだ歌声で「パパみたいに自由に生きたい」と、無邪気に歌い上げる。一方で、オーストリー=ハンガリー帝国の皇后となった後は、皇太后ゾフィーの厳しい教育に苦悶。孤独に耐えながら精神的な強さを身に着け、「私のためだけに生きる」と決意したときには凛とした目、佇まいで惹きつける。しかし美貌が衰えることへの焦り、皇帝フランツの不貞…と、精神的に追い詰められていく様は、痛々しさを感じるほどだ。

    さらに真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、柔らかな語り口と優しい雰囲気をまとい、皇帝フランツを表現。エリザベートに深い愛を抱く一方で、皇后ゾフィーには逆らえない弱さも。次第にすれ違っていくフランツとエリザベート。想いが届かないもどかしさを丁寧に見せている。そして、狂言回し的な役どころである暗殺者ルイジ・ルキーニを演じるのは、愛月(あいづき)ひかる。鋭い目でルキーニの狂気を表し、軽快なセリフ回しやアドリブで観客の笑いを誘いながら、物語を運ぶ。皇太子ルドルフは澄輝(すみき)さやと、蒼羽(そらはね)りく、桜木みなとの3人が役替わり。この日は桜木みなとが、ルドルフの孤独や寂しさを滲ませながら好演した。

    それぞれに歌唱力が高く、ソロナンバーはもちろん、ハーモニーも心地良く胸に響く。集団でのコーラスや群舞も迫力があり、20周年の『エリザベート』にふさわしい仕上がりになっている。

    兵庫・宝塚大劇場公演は8月22日(月)まで。東京宝塚劇場では9月9日(金)から10月16日(日)まで上演される。東京公演は8月7日(日)より一般発売開始。現在先行抽選販売(プレリザーブ)を8月3日(水)11:00まで申し込み受付中。

    取材・文/黒石悦子

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000007-pia-ent

    『ミス・サイゴン』で駒田一「苦しみの先の楽しさを」

    ベトナム戦争を背景に、命を懸けた究極の愛を描くミュージカル『ミス・サイゴン』が、2年ぶりに上演される。

    【そのほかの画像はこちら】

    本作で、市村正親、ダイアモンド☆ユカイと共にトリプルキャストとしてエンジニア役を演じるのが、駒田一。前作で初抜擢され、今作が二度目の出演となる。「初演からこの作品を観てきた」という駒田にとって念願の出演であったが、その年、市村が休演を発表。市村とのダブルキャストでエンジニア役を演じていた駒田は、筧利夫が途中参加するまでひとりでこの大役を務めた。前作では「3度目のオーディションで受かった」と初出演への喜びを語った駒田が、2度目の『ミス・サイゴン』への想いを語った。

    「前回は市村さんがご病気になって、苦しいのとは違うんだけど、とてつもない重しが乗っかったといいますか。市村さんに甘えるつもりはなかったんですけど、どこかで不安を取り除いていただいてましたし、長い付き合いの中でかわいがってもらってたので、正直精神的に辛かったです」と振り返る。

    そんな市村の出演は今回で最後になるが、「僕と市村さん、ユカイさんは共演しないんですよ、同じ役なので。そこが寂しいかな。だから今のうち、稽古中にいっぱい楽しみます」と笑顔を見せた。「市村さんが大好きです。だからこそ、同じことをしても勝てるわけがない。それにやっぱり僕は駒田一として生きていきたいですし。今作でまたひとつ、ワンランク上の駒田一のエンジニアを作りたいです。あの時代をああやって生き延びようとした人ってエンジニアだけじゃない。そんな奴ばっかりだったんですよね。その代表と言ったら変ですけど、生きるための鋭さ、いやらしさ、泥臭さを演じながらも、どこか共感が持てるような人物にできれば」

    さらに、今作で初参加となるダイアモンド☆ユカイには「ちょっと恐ろしい人が来た、という印象があります。ミュージカル界ではないところからいらっしゃることも、僕にとっては本当に楽しみです」と期待を寄せる。

    「今までとは違った新しい『ミス・サイゴン』ができあがると思いますので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。演じる側が苦しんで苦しんだ先に見つけた楽しさを舞台にのせられればなと思っています」(駒田)

    公演は帝国劇場にて、10月19日(水)から11月23日(水・祝)まで(10月15日(土)からプレビュー公演あり)。その後岩手、鹿児島、福岡、大阪、愛知でも上演される。

    取材・文:中川實穗

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000004-pia-ent

    三浦雄一郎氏「エベレストは宇宙に一番近い所」挑むワケ スキーヤー...

    ★大人のエンタメ

    世界最高峰のエベレスト。30日公開の映画「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」(イ・ソクフン監督)は、8000メートルを超えた世界でのクライマーの絆を描く。過去3度、エベレストの頂を踏んだ登山家、三浦雄一郎氏(83)が、それでも挑むワケを語った。

    映画は、ヒマラヤ8000メートル14峰の登頂に成功した実在の登山家、オム・ホンギルが、エベレストで遭難死した後輩クライマーの遺体を捜索するため、再びエベレストに挑んだ実話を描く。

    「山の事故は自己責任だし二重遭難も避けないといけない。でも私が同じ状況になったら、やはり挑むだろう。連れて帰りたいという気持ちはよく分かる。同志だもの」

    これまで3度、エベレストを登頂。3度目は2013年、80歳だった。体力的には厳しい挑戦だったが「デスゾーンと呼ばれる地上8000メートルの世界は酸素が地上の約3分の1で、気を失いそうになる。何も考えず、目の前の目標を一歩一歩クリアしていくだけ。極限の世界は苦しいがハイになっている」と語る。

    それでも登るのは「さらに高いところ、さらに困難なところに挑みたくなる。そしてエベレストはその究極」だという。

    苦しみを超え、頂に立ったとき、目の前には想像を超えた光景が広がる。「苦しいほど達成感がある。エベレストの頂上に立つと周りの8000メートルの山々が低く見える。そんな景色はほかにはない。地球で一番高いということは、宇宙に一番近いところなんだよ」

    登ったら、次に待ち構えるのは下山だ。映画でも事故は下りで起きた。「実は下りのほうがしんどい。登るのは無我夢中だけど、下りは体力も限界。足を踏みはずしたら、3000メートルは真っ逆さまです。事故の8割は下りで起きている」

    2年後、85歳を迎えるが挑戦心は衰えない。今度はチョ・オユー(8201メートル)に挑む。「一度登ったとき、スキーを持っていくのを忘れて。あの山は山頂から1キロほど緩い傾斜が続く。そこを滑ってみたくてね」

    スキーヤーとしての心もまだ燃えている。 (福田哲士)

    高知被告、留置場から離婚届を送っていた あとは高島の決断次第

     覚せい剤取締法違反罪(所持)で起訴された元俳優、高知東生被告(51)が今月中旬、妻で女優の高島礼子(52)に署名・押印した離婚届を送っていたことが明らかになった。あとは高島の決断次第という。28日発売の女性誌「女性セブン」が報じている。

    警察官役で主演するテレビ朝日系「女たちの特捜最前線」の撮影で、京都市内に滞在中の高島のもとに今月中旬、留置場にいる高知被告から1通の手紙が届いたという。

    中には高知被告が署名・押印し、妻の欄だけ空欄の離婚届が同封されていた。8月31日に東京地裁で開かれる初公判を前に送ったとみられる。

    小倉智昭氏「とくダネ」で最多記録達成 大先輩超え「まずかったかな...

     小倉智昭キャスター(69)が司会を務めるフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・00)が28日の生放送で放送回数が4452回となり、同一司会者による全国ネット情報番組としての最多放送回数を達成。「何よりも、みなさんに見ていただいて、本当にありがたいです」と視聴者へ感謝のメッセージを送った。

    【写真】「巨泉のこんなものいらない」で記念撮影する小倉智昭氏ら(1991年)

    28日の放送でフリーアナウンサーの小川宏(90)が司会を務めた同局系「小川宏ショー」(1965年5月3日~1982年3月31日)の4451回を抜き、新記録を達成。99年4月の放送位開始以降、17年4カ月間司会を務める小倉氏は冒頭で「フジテレビの朝のワイドショーの小川宏さんの記録を抜きました」と報告、続けて「ありがとうございます。みなさんに見ていただいたので」と感謝した。

    終了間際には、同局の笠井信輔アナウンサーからあらためて記録達成を伝えられ、スタジオは拍手の嵐に。「それは僕だけ(の記録)じゃないから」と謙遜しつつ、「17年4カ月かかっての4452回。本当にありがたいことです。ありがとうございます」とコメント。また、「“小川宏ショーのような朝の番組をやりたい”と言ったら即、落とされた」と同局の入社試験の際のエピソードも明かし「小川宏さんの番組を超えられたのはとってもうれしい。大先輩を超えてまずかったかなとも思いますが」と、最後まで喜びの表情だった。

    京都で大ヒット。「ポール・スミス東京展」がおもしろい秘密!

    イギリスを代表するファッションデザイナー、ポール・スミスの魅力と芸術性、そして世界観をブランドの軌跡と共に紹介する「ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が7月27日、東京・上野の森美術館で開幕した。

    画像4点

    同展は、東京に先だち京都国立近代美術館で開催され、7月18日までの39日間で総動員数7万人超を記録した。その人気の秘密は同展の仕掛けにある。会場の展示は、ポール・スミス自身がプロデュースし、同ブランドの始まりとなるイギリス ノッティンガム第一号店の再現に始まり、創作のインスピレーションが詰まった彼のオフィスや、これまでの様々なコラボレーション商品などを展示。ポール・スミスの創造的直観力に迫り、デザイナーの本質をユニークな視点で観ることができる内容となった。

    しかも、ユニークなことは本展展示物の写真撮影がOKなこと。ぜひ、ご自分のSNS等で発信して欲しい。また、会場では無料の音声ガイドサービスを用意しており、お手持ちの携帯電話やスマートフォンでQRコードを読み取ると、会場内の展示を紹介する、音声ガイドが聞ける(音声ガイドは日本語版・英語版の2種)。日本語版音声ガイドのナビゲーターは、本展のスペシャルアンバサダーの俳優・松田翔太さんが務めている。なお、東京会場では展覧会オリジナルイヤホン(非売品)をチケットお持ちの方全員に配布。今回の展覧会のテーマである“HELLO”と“GOODBYE”の文字をあしらったピンク色で、会場限定配布品。会場で手に入れて見て。

    開催は8月23日(日)まで。

    「仰げば尊し」で注目 千葉真一の長男・真剣佑の潜在能力

     日曜劇場の新ドラマは「仰げば尊し」(TBS系)。主演が寺尾聰(69)で学園ドラマという設定に「時代錯誤では?」との声もあったが、初回視聴率は11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまず。ただし、前作の「99.9」をはじめ、「半沢直樹」や「下町ロケット」など高視聴率番組を連発してきた同枠としては、いささか期待外れの数字だった。

    しかし、番組に寄せられる反響の盛り上がりは、高視聴率を挙げた過去の日曜劇場ドラマに負けていない。特に生徒役で出演する“次世代を担う若手俳優”たちに、熱いメッセージが集まったからだ。

    中でも注目されたのが金髪の不良役で出演している真剣佑(19)。「若い俳優さんたちのキラキラした演技がいい。特に真剣佑がカッコよすぎる」「もう真剣佑さんにクギ付けになりました」と、大絶賛されていた。

    「『仰げば尊し』に出演している若手俳優たちに対する注目度がすごい。昔、『3年B組金八先生』の“たのきんトリオ”など、多くの若手スターが生まれたときのようなムードです。このまま盛り上がれば、今後番組自体が評判になって、“お化け番組”に成長していく可能性もある」(テレビ関係者)

    真剣佑は父親で俳優の千葉真一(77)が「世界に通用する俳優」に育てるためロスで英才教育を施したという19歳。幼い頃から空手、水泳、ピアノなどを習い、特に空手はロスの大会で優勝するほどの実力。17歳でハリウッドデビューを果たし、高校卒業後の14年から日本での活動を開始したばかり。今春公開の映画「ちはやふる」に出演したほか、「にがくてあまい」「少女」など、来年までに公開予定の映画が4本控えている期待の若手なのだ。

    人気の秘密は、なんといっても美しすぎるビジュアルと不良役をやりながらも品の良さを醸し出す独特のオーラだろう。

    「実際の真剣佑は非常に真面目でむしろ優等生タイプです。完成舞台挨拶で『仰げば尊し』のダイジェスト版を見て、感動してウルウル涙を流す真っすぐさがある。そのくせスマートな頭の良さもあり、バラエティーに出演しても、場の雰囲気を読んで期待通りのリアクションができる。一時期のディーン・フジオカを超えるブームを巻き起こしうる潜在能力があるかも」(芸能ライター)

    後半までに真剣佑ブームを起こせれば、視聴率も急上昇するだろう。

    都知事選を盛り立てた“石田純一騒動”とは何だったのか?

    「タレント・女優」など2つの肩書を持つ芸能人が少なくない。芸能界に入った時は1つだったのが、いつの間にか2つになっている。最初の肩書が本来の仕事で次が新たに加わった肩書。2つ以上の肩書を持つ人を「マルチタレント」と呼ぶが、本当にマルチぶりを発揮しているのは北野武らごく少数。大半は本来の仕事よりも後発の仕事が主になっている傾向が強い。

    「この人、歌手だったの? お笑いタレントと思っていた」と若者に驚かれる本業が歌手の女性もいるが、際立っているのが石田純一(62)だろう。現在の肩書も「俳優・タレント」とある。確かに、かつてはトレンディー俳優として活躍したが、「不倫は文化」発言をきっかけにタレント業にシフトチェンジ。イベントタレントの第一人者になった。

    十八番は家族ネタ。“元”から“現”まで妻・子供・祖父と家族ネタを提供してくれる。それも最近はネタも尽き食傷気味。次なる肩書を求めるかのように突然、都知事選に名乗りを上げた。

    「聞いてないよ! なに考えているの」と業界内からも非難の声が続出。「石田劇場」は閉幕となったが、ワイドショーからは「シャレでもいいから本当に出馬してくれたら、都知事選はさらに盛り上がり視聴率も上がった」と皮肉る声もあった。

    石田は誰からも「いい人」と評される。高知東生のように「いい人」を演じているのではない。今回の出馬も「いい人」ゆえに周囲に乗せられた感もある。折しも、石田は俳優、タレント業とも決して順調ではない状況下。いい話に乗りやすいが、俳優からタレントへの転身とはわけが違う。

    東国原英夫(58)のように、政治家目指して早大に入り勉強していたなら出馬も納得できるが、単に政治に関心がある程度では難しい。ましてや都知事。「政治をバカにしている」と東国原が怒るのも当然。レギュラー出演する番組では「もう少し様子を見る」と今も石田の再出演に待ったをかけている。

    「これをきっかけに今後は国政を目指すのでは」という説もあるが、本業が安定していれば、こんなことにはならなかっただろう。ともあれ、石田騒動もほどよい味付けとなり、今回の都知事選は歴史に残るものとなった。

    (ジャーナリスト・二田一比古)

    峰竜太がウハウハ 「ポケモンGO」で5億円豪邸が再注目

     猫もしゃくしも「ポケモンGO」状態の中で好感度を上げたといえば、タレントの峰竜太(64)。ポケモンやアイテムが高確率で出てくる「ポケストップ」に自宅が勝手に指定され、TBS系「アッコにおまかせ!」(24日放送)でも大々的に取り上げられたのだ。

    まあ、都内山の手の閑静な住宅街にして、総額5億円の豪邸である。「Portal House(堂々とした入り口の家)」なるコピーで目印扱いされるのも無理はない。だが、社会現象化しているゲームアプリだけに、どこの馬の骨とも知れないヤカラが集まり、年がら年中、自宅前でたむろする危険もはらんでいる。

    もっとも、当の峰はおうようなもの。25日放送の「FNNみんなのニュース」(フジテレビ系)では、「私もやるようになっちゃった」「ウチはやましいことしてないんで、全然大丈夫ですよ。来てもらった人たちでコミュニケーションをとってもらえたら」というコメントまで寄せたのだった。

    思い起こせば、ピンチをチャンスに変えてきた男である。結婚7年目に不倫で世間を騒がせた翌年には、第2子となる長男の下嶋兄(33)が誕生し、芸能界きっての恐妻家タレントの称号を不動のものに。2000年には石原プロからも円満独立を果たしている。

    おまけに最近は義弟の林家三平(45)が「笑点」の新メンバーとして加入。さらに妻の国分佐智子(39)との間に待望の第1子を授かった。2つも慶事が重なり、一族は“我が世の春”の勢いなのである。さらに「ポケモン」フィーバーも加わり、注目度はぐんとアップし、仕事も増えている峰。盆と正月が一緒に来たような心境だろう。

    猫ひろしやオードリー春日、芸人の“アスリート化”なぜ?

     8月5日から開幕するリオデジャネイロ五輪の男子マラソンに、芸人の猫ひろしがカンボジア代表選手として出場する。当初、バラエティ番組の企画として始めたマラソンだったが、いつしかのめり込み、五輪出場を目指して2011年にカンボジアに国籍を移すなど苦節の末、ついにその夢を実現した。猫に限らず近年は、オードリーの春日俊彰やじゅんいちダビッドソン、ロバートの山本博など、“アスリート化”する芸人が増加中。なぜ今、芸人たちはスポーツを究めようとするのか? 芸人たちがアスリート化する理由を探ってみよう。

    【写真】オードリー春日、自慢のマッスルボディで「鬼がわら」

    ◆引退のないお笑い界で“兼務”は必須、その挑戦もいつしか芸の肥やしに

    この芸人たちのアスリート化現象だが、単なる話題作りなどではなく、彼らはあまりにも“ガチ”で挑んでいる。猫で言えば、前回のロンドン五輪出場をめぐって、「国籍を変えてまで出るのは倫理的にいかがなものか?」、「記録的にはレベルが低いから出場する意味がない」などなど、バッシングに近い報道もあったが今回晴れて五輪出場が決定。世間的にも、逆境でもあきらめなかった猫はすごいといった感じで、おおむね好意的に捉えられている。

    また、オードリーの春日とじゅんいちダビッドソンは、バラエティ番組『炎の体育会TV』(TBS系)の企画で、足ひれを着用する競泳“フィンスイミング”に挑戦。両者らがチームを組み、今年6月に出場したチェコ・プラハでのW杯マスターズ「4×100メートルリレー」では見事、銀メダルを獲得した。春日もじゅんいちも、日本大会を正式に勝ち抜いた立派な“日本代表選手”であり、チームで力を合わせて銀メダルを獲得する姿には、視聴者も素直に感動させられたことだろう。

    ほかにも、春日と同じくボディビル大会に挑む芸人・なかやまきんに君(昨年の『第23回東京オープンボディビル選手権』75キロ級では2位)や、プロボクシングのデビュー戦でTKO勝ちしたロバートの山本、“細かすぎる野球モノマネ”で話題を集め、現在は愛媛マンダリン パイレーツのプロ野球投手になったお笑いコンビ・360°モンキーズの杉浦双亮。また少し前にも、プロレス興行『ハッスル』でエース級の活躍をしたレイザーラモンや、女子ボクサーとして好成績を収めたものの、惜しくもロンドン五輪出場は叶わなかった南海キャンディーズのしずちゃんなどがおり、彼らの活躍には目を見張るものがあった。その真剣さはひしひしと伝わってくるのだが、やはり疑問なのは、なぜ芸人がアスリートを目指すのか?ということだ。

    「番組内の企画で挑戦したらハマってしまった…というパターンもありますが、ストイックな練習(稽古)や実力(芸)で勝負するなど、芸人さんとアスリートには共通する部分が多いんです。また、芸能界には引退がなく、まだまだベテラン勢が頑張っていますから、人材が飽和状態気味のお笑い界では、なかなか若手や中堅の活躍の場がありません。新たな芸の一環として活動の幅を広げたいという思いが強いと思います。今では昔のように、芸人が本業以外の“副業”に手を出すのはいかがなものか…といった風潮も薄れていますし、仕事としてネタが増えるなら別に悪いことじゃないと考える芸人さんや、また視聴者も多くなっています。しかも、片手間でやっているどころか、真剣に取り組んで実績を残しているんですから。それに実際、そういう芸人さんたちは、芸人としても確かな腕を持っているんですよね」(エンタメ誌編集者)

    ◆そもそも“芸能”と“スポーツ”は親和性が高い?

    そんな“アスリート芸人”の先駆けと言えば、高校時代に東京都大会2位の実力を持つ体操選手で、番組内でもその腕前を披露していたザ・ドリフターズの仲本工事や、『24時間テレビ』(日本テレビ系)の200キロマラソンや、4万キロ超のアースマラソンなど、過酷なマラソンに挑み続ける間寛平などが挙げられる。考えてみれば、フジテレビの人気長寿番組だった『オールスター紅白大運動会』では、芸人から歌手、俳優まで芸能人がこぞってスポーツで競い合い、それを視聴者も大喝采して見ていたのだから、そもそも芸能とスポーツは親和性が高いと言えるのかもしれない。

    そうした流れは、『スポーツマンNo.1決定戦』(現在は『最強スポーツ男子頂上決戦』/TBS系)の芸能人版などに受け継がれ、なかやまきんに君やペナルティのワッキーなどの常連組が、他の芸能人と競い合ってきたわけだ。しかし現在では、そうした芸能界内の素人競技ではなく、“公式”大会に出場して、どこまで実績を残せるかといったところまで、アスリート芸人の世界が“進化”してきたのである。

    小説『火花』(文藝春秋)で芥川賞を獲得し、作家先生としても話題のピース・又吉直樹など、今や“芸能人”も兼任や副業が当たり前の時代。今後は若手の芸人のみならず、タレントや俳優、歌手といった、ほかの分野からもアスリートとして一目置く存在が現れる可能性だってあるかもしれない。

    カテゴリー