RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】面をつけてても大丈夫!乃木坂メンバー動員の『あさひなぐ』はアイドル青春映画の秀作に

【俳優最新ニュース】男女カップルのリアルな日常を描く『ゼクシィ縁結び』CMに、現役女子大生SSW・ラブリーサマーちゃんの楽曲が抜擢

【俳優最新ニュース】BRAHMAN、石巻市を舞台にした夏木マリ主演映画『生きる街』主題歌を担当

【俳優最新ニュース】三代目JSB今市隆二、飲み会での口癖は「7人最強だから」山下健二郎が明かす

【俳優最新ニュース】ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン

【俳優最新ニュース】『メイズ・ランナー』俳優、マイケル・キートンとの共演はぶっ飛んだこと

【俳優最新ニュース】『スター・ウォーズ』アナキン俳優、交際10年で破局

【俳優最新ニュース】河中あい「袴田吉彦さんと離婚しました」ブログ報告

【俳優最新ニュース】山田孝之が風邪でバットマンの声出せず 「サービス精神は旺盛な方でお答えしたいんですけど」

【俳優最新ニュース】宮川大輔、映画撮影中に元カノと再会 共演・丸山隆平もびっくり

【俳優最新ニュース】菅田将暉&ヤン・イクチュンが「あゝ、荒野」で共演!お互いの第一印象は「動物的」!?

【俳優最新ニュース】勝地涼、好きな女性のタイプや俳優仲間との“ケンカ”話を赤裸々告白

【俳優最新ニュース】「エルネスト」主演のオダギリジョー「一生に一度の作品」を大阪でアピール

【俳優最新ニュース】綾野剛、10代に戻って「学生ものやってみたい」

【俳優最新ニュース】35歳・綾野剛「学園モノをやってみたい」秘めたる願い明かす

【俳優最新ニュース】東京ゲームショウで松平健が人生初のコスプレ「重厚感あっていい」

【俳優最新ニュース】綾野剛、人生をリセットするなら「10代に戻って学園モノをやってみたい」

【俳優最新ニュース】佐藤健がキッパリ「30代まではこのままでいい」 綾野剛「10代に戻って学園ものをやってみたい」

【俳優最新ニュース】<佐藤健>“佐藤かぶり”にも余裕「よくある」 主演映画「亜人」のイベントで 

【俳優最新ニュース】袴田吉彦が今月上旬に離婚 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    【芸能】銅メダル・水谷、波田陽区斬り「似ているのは澤部ですから~...

     リオ五輪卓球男子シングルスで日本初の銅メダルを獲得した水谷隼が13日、自身のツイッターを更新し、波田陽区に強烈な“スマッシュ”を浴びせた。
    続きを読む

    【芸能】元ベイビーギャングりんたろー 活動再開&改名へ

     元お笑いコンビ・ベイビーギャングのりんたろー(30)が、9月3日に開催されるライブで芸能活動を再開し、改名することが12日、分かった。
    続きを読む

    【芸能】今やバラエティースター 梅沢富美男が引っ張りダコなワケ

     中途半端なお笑い芸人だらけのバラエティー番組の中で、一人異彩を放っている俳優がいる。かつて「下町の玉三郎」と呼ばれて大衆演劇のスターとなり、ヒット曲「夢芝居」で紅白歌合戦にも出場経験のある梅沢富美男(65)がその人だ。
    続きを読む

    【芸能】市村正親の『市村座』が開幕!

    『市村座』が8月11日より開幕した。

    今回のテーマは「父と子」。芝居仕立人情噺『子別れ・下』は、古典落語に市村が動きをつけ、一人芝居として演じる。熊、金坊、女房など、一人とは思えない絶妙な会話の掛け合いと動きだ。熊は自分の過去を後悔し、隠しつつも女房への未練が溢れている。無邪気でおませな金坊は、別れた父と母の距離を肌で感じている。また女房の市村の所作のしなやかさには舌を巻く。鰻屋で夫婦が再会するシーンは、互いの恥ずかしさと嬉しさが交錯し、一気に引き込まれた。ミュージカル俳優として名高い市村だが、芝居の上手さも実感できる。
    続きを読む

    【芸能】杉山清貴、シンガーの自覚 ソロデビュー30周年で新アルバ...

     この夏にピッタリのアルバムだ。ソロ・デビュー30周年を迎えたシンガー、杉山清貴(57)の新アルバム「OCEAN」(キング)は「こういう作品を作りたかった」という自信作に仕上がった。

    杉山のイメージ通りのタイトルだが「僕の30年を象徴するという意味でもやっぱりオーシャン。海って、優しさも厳しさも怖さもすべて持ち合わせているんです」。
    続きを読む

    【芸能】演劇ユニット*pnish*が戦国活劇に挑む

    芝居をやりたい、という思いから誕生した、*pnish*(パニッシュ)は佐野大樹、森山栄治、鷲尾昇、土屋佑壱といった同世代の役者4人のユニット。今年、結成15周年迎えた彼らが放つ本公演は、*pnish* vol.15 『サムライモード』。これは2008年に上演した演目で、「侍」として己の信念を貫く漢(おとこ)たちの笑って泣ける痛快戦国活劇だ。
    続きを読む

    【芸能】歌丸、高座復帰も「お医者さんに太れと言われるのは私くらい...

     東京・国立演芸場で11日に初日を迎えた「桂歌丸噺家生活六十五周年記念公演」で高座に復帰した落語家、桂歌丸(79)。腸閉塞で今月5日まで入院していたが、トリで「江島屋怪談」を約50分にわたって演じた。
    続きを読む

    【芸能】「内村リスペクト」の美談ブチ壊し 小倉智昭が体操銀メダリ...

     リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で銀メダルとなったウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手(22)に対し、「とくダネ!」(フジテレビ系)司会者の小倉智昭さん(69)が放った一言がインターネット上でヒンシュクを買っている。

    ベルニャエフ選手は2016年8月10日(日本時間11日)の決勝戦で内村航平選手(27)と激戦を交わし、最終種目の鉄棒で内村選手に逆転負けした。
    続きを読む

    カテゴリー