RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】面をつけてても大丈夫!乃木坂メンバー動員の『あさひなぐ』はアイドル青春映画の秀作に

【俳優最新ニュース】男女カップルのリアルな日常を描く『ゼクシィ縁結び』CMに、現役女子大生SSW・ラブリーサマーちゃんの楽曲が抜擢

【俳優最新ニュース】BRAHMAN、石巻市を舞台にした夏木マリ主演映画『生きる街』主題歌を担当

【俳優最新ニュース】三代目JSB今市隆二、飲み会での口癖は「7人最強だから」山下健二郎が明かす

【俳優最新ニュース】ジョエル・エドガートン監督新作にグザビエ・ドラン、レッチリのフリー、トロイ・シバン

【俳優最新ニュース】『メイズ・ランナー』俳優、マイケル・キートンとの共演はぶっ飛んだこと

【俳優最新ニュース】『スター・ウォーズ』アナキン俳優、交際10年で破局

【俳優最新ニュース】河中あい「袴田吉彦さんと離婚しました」ブログ報告

【俳優最新ニュース】山田孝之が風邪でバットマンの声出せず 「サービス精神は旺盛な方でお答えしたいんですけど」

【俳優最新ニュース】宮川大輔、映画撮影中に元カノと再会 共演・丸山隆平もびっくり

【俳優最新ニュース】菅田将暉&ヤン・イクチュンが「あゝ、荒野」で共演!お互いの第一印象は「動物的」!?

【俳優最新ニュース】勝地涼、好きな女性のタイプや俳優仲間との“ケンカ”話を赤裸々告白

【俳優最新ニュース】「エルネスト」主演のオダギリジョー「一生に一度の作品」を大阪でアピール

【俳優最新ニュース】綾野剛、10代に戻って「学生ものやってみたい」

【俳優最新ニュース】35歳・綾野剛「学園モノをやってみたい」秘めたる願い明かす

【俳優最新ニュース】東京ゲームショウで松平健が人生初のコスプレ「重厚感あっていい」

【俳優最新ニュース】綾野剛、人生をリセットするなら「10代に戻って学園モノをやってみたい」

【俳優最新ニュース】佐藤健がキッパリ「30代まではこのままでいい」 綾野剛「10代に戻って学園ものをやってみたい」

【俳優最新ニュース】<佐藤健>“佐藤かぶり”にも余裕「よくある」 主演映画「亜人」のイベントで 

【俳優最新ニュース】袴田吉彦が今月上旬に離婚 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    未来の高学歴芸人か? 高校生漫才優勝「午前午後」の進路

     日本一の高校生は将来有望なインテリ高校球児だった。28日、「ハイスクールマンザイ2016~H―1甲子園~」決勝大会が「なんばグランド花月」(NGK)で開かれ、近畿地区代表の「午前午後」が優勝。全国1500人以上が参加した高校生の頂点に立ち、賞金50万円と吉本養成所(NSC)の入学金・授業料全額免除の権利を手にした。

     審査委員長の「オール阪神・巨人」オール巨人(64)が「舞台袖で見ているときから面白そうな2人やなと思った」という2人は「元高校球児」。大阪府立茨木高校3年の浦田勇太クン(17)と前田颯志クン(18)は同校の野球部出身だ。

     浦田は16番セカンド、前田は17番サードと共にベンチウオーマーではあったが、今夏の大阪予選2回戦では浦田が代打で決勝打を打つ活躍だったという。3回戦で甲子園に出場した履正社に当たって0-10の6回コールド負けを喫したが、茨木高は偏差値76、川端康成を輩出した大阪でトップクラスの進学校だ。

     当然2人の目指す大学も一流で、浦田は神戸大学医学部、前田は京都大学工学部を目指しているという。これには審査員の「NON STYLE」井上裕介(36)が「吉本はやめとけ!」と思わず止めに入る場面も。

     2年のとき浦田に誘われて参加した前田は「お笑いの道なんてまったく考えていない。家族を説得するのは無理だと思う」と思い出作りを明言するも、浦田は「将来は芸人になりたい。家族にも迷惑をかけるので、(NSCの授業料など)お金目的だったというのもあります」と堂々のプロ宣言。売れっ子芸人への道は京大や医学部進学よりはるかに険しいが、志を貫けるか。

    羽田氏芥川賞小説がドラマ化

     NHKは29日、作家・羽田圭介氏の芥川賞受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」を柄本佑主演でドラマ化することを発表した。放送は12月17日午後9時~同10時13分。今月末からクランクイン。11月まで大阪府内でロケやスタジオ収録を行う。

    【写真】ここまでやる! 悪魔顔の芥川賞作家に閣下ご満悦

     羽田氏は昨年7月、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹とともに第153回芥川賞を受賞。受賞後はバラエティー番組にも多数出演し、ユニークな言動で話題となった。

     「スクラップ-」は母親と要介護の祖父と同居する無職の健斗が主人公。「もう死んだほうがよか」が口癖の祖父が望む尊厳死を実現するため、過剰な介護をするが、事態は思いがけない展開を見せ始める…。未来が見えない毎日を生きる青年の再生の物語。

     共演は山下リオ、浅香航大、元AKB48の秋元才加、浅茅陽子、山谷初男ら。

    引用:羽田氏芥川賞小説がドラマ化

    • no comments

    スーパーダンサー3人が繰り広げるドタバタコメディ

    長らく劇団四季で活躍していた蔡暁強、ヴァルナ国際バレエコンクールで金賞を受賞している吉本真悟、ダンス界のみならずミュージカル界でもひっぱりだこの大野幸人。日本トップクラスの実力を誇るダンサー3人による舞台『Baked Hotel』が9月、東京で上演される。3人に話を訊いた。

    大野幸人、蔡暁強、吉本真悟の写真はこちら

    物語は、豪華ではないけれど悪くない、少し古い不思議なホテルを舞台に、従業員、客、出入りする業者の人間らがドタバタな騒動を巻き起こすもの。チラシには“ダンス・ショウ”という言葉とともに“スラップスティック”の文字が躍る。「ダンスがメインのお芝居ですが、アメリカのコメディやギャグ漫画っぽかったり、アクション映画っぽかったり……色々な要素がごちゃまぜになったエンタテインメントです」と、作・構成も担う大野が話す。東京公演に先駆け昨年、京都で行われた公演は完売御礼となった。「すっごく、楽しんでやっています」(吉本)、「思い切ってふざけてます」(蔡)とふたりも語るように、笑いの要素も多分に占める。「都会的だけどダサい、大泣きするけど大笑いする…そんな感じです」(大野)。

    とはいえ、3人ともスーパーダンサー。ダンスシーンも見どころなのは間違いない。「クライマックスには、15分近いダンスシーンがあります。コメディなんですが、椅子を使ったり、色々なものが飛び交ったりする。そこはすごいことになりますよ」と大野。ちなみにまったく個性の違う踊りをする3人が動きを揃えるのは大変なのでは、と尋ねたところ「そうなんです、リズムの取り方も表現の仕方も違うので、同じ振りでも全然違うものになっちゃう!」と蔡。さらに吉本が「間の取り方、手の角度…ほんのちょっとの違いが大きいんです。でも幸人君が、かなり厳しくダメ出しをするんですよ(笑)」と話すと、「結構、厳しいよね!」と蔡も同意する。ふたりの攻撃を受け苦笑しながらも、「でも、揃えたいんです! そこも今回は頑張ろうと思って」と大野。なんだかすでに3人、楽しそうである。

    お互いの印象については「シャオチャン(蔡)は驚愕の人。ジャンプや柔軟性、身体能力が本当にすごい。真悟さんはムードメイカーですね。いるだけでその場が明るくなる。あと、いじられ役(笑)」(大野)、「幸人くんは器用でスタイリッシュ。しかも今回の脚本も書いているんですが、幸人君が本を書いたということにまずびっくり、しかも読んだら面白くて。こんな才能あったんだね」(吉本)とのこと。大野の脚本もだが、本作で初めて本格的なセリフを喋ったという吉本も、ユニークなキャラクターに扮する蔡も、それぞれがいわゆる“ダンサー像”のイメージを軽々と飛び越えている。「ダンサーってこんなことも出来るんだ、今のダンサーってすごいね、というところまで挑戦したい」(蔡)、「ダンスでしか伝わらない感覚と、言葉だからわかる面白さ、そのふたつが同時に来るステージです」(吉本)。3人の才気溢れるステージ、必見だ。

    公演は9月17日(土)から19日(月・祝)まで、東京・スパイラルホールにて。チケットは発売中。

    高畑容疑者、抑えられなかった“性衝動”と慢心 精神科医「錯覚し続...

     前橋市内のビジネスホテルで40代の女性従業員に乱暴したとして、群馬県警に強姦致傷容疑で逮捕された俳優、高畑裕太容疑者(22)。母親で女優の高畑淳子(61)は涙の謝罪会見を開いたが、蛮行に至る息子の“予兆”について報道陣から問われると、言葉に窮するしかなかった。かわいいわが子を救ってやりたい親心もにじませたが、専門家は「衝動性を抑える術を知らずに育った人間が、慢心の末に起こした犯罪」と指摘。更生の難しさがにじむ。

     「どんなに言葉を重ねても、おわびの言葉が見つからない」

     26日、東京都内で開いた謝罪会見で憔悴しきった姿を見せた高畑淳子。事件の原因を問われると「彼の甘さだと思う」と突き放したが、面会した裕太容疑者に「どんなことがあっても私はお母さんだから」と声をかけたことも明かし、それでも見放すことはできない親心をにじませた。

     自身の背中を追い、まっすぐに俳優の道を歩き始めたと思っていた息子の裏切り。裕太容疑者はなぜ蛮行に走ったのか。

     ヒガノクリニック(東京都足立区)の院長で精神科医の日向野春総氏は裕太容疑者の衝動性は、これまでの生活の中で“育てられた”とみる。

     「彼は中学、高校の頃から、周囲が驚くようなことをやってのける子供だったはずだ。時には眉をひそめる人もいただろうが、真剣にたしなめられることはなく、『自分は周囲を喜ばせ、注目を浴びている』と錯覚し続けてきたのだろう。その後、芸能界という華やかな世界に入り、2世俳優ということもあってチヤホヤされる中で天狗となった。『自分は何をやっても許される』との思いを強くしていったのではないか」

     日向野氏はまた、裕太容疑者と母親の関係にも衝動性を育てる「芽」があったとみる。

     高畑淳子は会見で、被害者の女性について「被害者とされる」という表現を用いた。

     なぜこうした表現となったかは不明だが、「『女には気をつけろと言ってきたのに、引っかかってしまった』というような被害者意識を少なからず感じてしまう」と日向野氏。わが子を庇護しなければと思うあまり、息子を知らず知らずのうちに規範意識から遠のかせてしまった側面もあるとみる。

     衝動性を抑える術を学ぶことなく育った大人。そして、その症状を悪化させる“トリガー”の役目を果たしたのが、アルコールだったようだ。

     芸能人はもともと、一般人と比べ、スケジュールが過密で、夜型の生活サイクルになっていることが多い。

     日向野氏によると、こうした環境下に置かれた人間はいわば脳が弱っている状態にある。そうした中でアルコールを摂取すると興奮状態となり、衝動性はさらに強まる。

     「裕太容疑者は今回の事件で初めて、自分が取る行動には、他人に受け入れられないものがあることを本当の意味で知ったのではないか。犯した罪の重さを考えれば、あまりにも遅い『気づき』だが…」(日向野氏)

     母親との面会では「申し訳ない」と泣きながら震えていたという裕太容疑者。積み上げてきた慢心の末路が、女性暴行という蛮行であったとすれば更生への道は険しい。

     性犯罪者らの更生をめぐっては、法務省は2006年から、再犯を防ごうと「性犯罪者処遇プログラム」の導入を始めている。

     プログラムでは受刑者を再犯リスクなどに応じ「高・中・低」に分類。10人程度(指導者を含む)のグループを作り、自身の性的特徴、事件に至った要因などを特定させ、性的欲求のコントロール方法などを話し合いの中から探らせていく。

     受講の効果については12年に法務省が報告書を公表している。

     それによれば、調査対象者のうちプログラムを受講していないグループの全犯罪の再犯率は29・6%で、受講したグループ(21・9%)よりも再犯の可能性が高かった。

     被害者への贖罪意識を持ち、感情のコントロールを学ぶ術を知った時、裕太容疑者は初めて更生への道のスタートラインに立つことになる。

    中尾暢樹が初の写真集発売、『動物戦隊ジュウオウジャー』キャストへ...

     『動物戦隊ジュウオウジャー』で風切大和/ジュウオウイーグルを演じる中尾暢樹が、27日に福家書店新宿サブナート店にて『中尾暢樹ファースト写真集 19』の発売イベントを開催。

    【写真】ファースト写真集の発売イベントを行った中尾暢樹

     今作は、千葉県の九十九里浜などでロケを行い、水着や浴衣、ブレザーの制服姿など、これまで挑戦したことのないようなシチュエーションで撮影。クールな外見とは裏腹に、無邪気な笑顔や無防備な素顔など、19歳の今だからこその魅力がたっぷりとつまった1冊に仕上がっている。

     ファースト写真集の出来映えについて、中尾は「スカジャンとか髪の毛巻いたりとかしてちょっと男らしさとかクールな色気のある表情してたり、いつもとちがう僕の表情が出たかなと思います」と話し、「タイトルの“19”にもあるように、子供らしさと大人らしさの二面性を表していて。いろんな表情を意識して撮影しました」とこだわったポイントを語る。

     写真集の撮影のために食事制限をしたと明かし「今回は脱いだりもしたので、撮影当日は、食べずに撮影していて。スタッフさんが食べているのをみながら、”お腹すいたなぁ”って思いながら撮影していました(笑)」と語り、「撮影終わった瞬間に、めちゃくちゃ食べました」と笑顔を見せる。

     周りからの反響については「『やらしい』って言われました(笑)。『色気とかが出てる』って言われて……。表紙とかもいつもとは違った、アンニュイな感じが出ていたりして、プライベートな僕の部分が詰まっていると思います」とコメント、さらに、現在出演中の『動物戦隊ジュウオウジャー』のキャスト陣からの反応については「『ジュウオウジャー』メンバーにも昨日見せたんですけど、恥ずかしくて渡して逃げました』と照れ笑いを浮かべていた。

     そして『動物戦隊ジュウオウジャー』が、スーパー戦隊シリーズ放送開始からまもなく2000回を迎えることに対して「放送開始から通算2000回という記念すべき年に出演できて幸せでしかない。すごく光栄なことです」と語りつつ、9月4日、11日の放送回に、先輩ヒーローにあたる『海賊戦隊ゴーカイジャー』がゲスト出演することに触れ、「5年前の『海賊戦隊ゴーカイジャー』の方々とも共演させていただいて、事務所の先輩の山田裕貴さんもいらっしゃったり、いろんなころで先輩方と一緒にやれるっていうのはすごく勉強になります」とコメント。

     さらに、俳優集団D-BOYSのメンバーでもある中尾は「D-BOYSの先輩方がみなさんいろんなところで活躍されていて、全員尊敬してます」と語り、「スーパー戦隊シリーズ関連で、志尊淳さんとはお仕事一緒になったり、取材を一緒にさせていただいたりするので、見ていて勉強になります」とコメント。

     ”10代のうちにやっておきたい”を聞かれると「大人っていういイメージでいうと、車に乗っている男性って男らしくて大人っぽく見えるので、車の免許がほしいです」とコメント。さらに”助手席に乗ってくれる人は?”という記者の質問に対しては「欲しいですけど、今はヒーローに専念して、地球を守らないといけないので」とヒーローらしい回答。ちなみにタイプの女性については「タイプはおしとやかな女性がすき。僕もあまり派手なタイプではないので、おしとやかで静かな女性がタイプです」と告白し、はにかんだ。

     最後にファンに向けて「全国各地に僕のことを応援してくれている人たちがたくさんいて、幸せ思っています。写真集を出せたことも応援していただいているファンのみなさんのおかげですし、僕もこれからお仕事で還元していけたらと思います」と感謝の思いを伝えた。

    「24時間テレビ」は障害者の「感動ポルノ」 裏番組のNHK生「バ...

     「Eテレが本気出してる」「バリバラ攻めすぎでしょ」――視聴者からそんなツイートが相次いだのは、日本テレビの「24時間テレビ」の裏番組として、NHK Eテレが2016年8月28日に放送した「バリバラ」(19時00分~30分)だ。

     24時間テレビをパロディー化して笑いのめしながら、障害者を「感動」の具とする「感動ポルノ」に、障害者自身も含む出演者たちが異を唱える。そんな野心的な内容は、ツイッターで番組名が「トレンド」に入るなど、大きな反響を呼んでいる。

    ■「検証!『障害者×感動』の方程式」

     障害や難病を持つ人が、さまざまな難題に挑戦する――そうした「感動的」な企画は、24時間テレビのまさに十八番だ。2016年も、下半身不随の少年の富士登山や、目や耳の不自由な生徒たちのよさこいなど、こうした企画が多数放送された。

     しかし、障害者情報バラエティーをうたう「バリバラ」では、同じ28日のオンエアに、「検証!『障害者×感動』の方程式」と題して、こうしたメディアの障害者像に疑問を唱える内容をぶつける生放送と予告し、以前から注目を集めていた。

     NHK広報局は「他局の放送とは関係ない」と事前のJ-CASTニュースの取材に応えていたものの、番組が始まるや、スタジオで大写しになったのはどこかで見たような「24」マーク。出演者はおそろいの黄色いシャツ姿で、その一人、多発性硬化症などを患う大橋グレース愛喜恵さんにいたっては「本家」の「24時間」のシャツをそのまま着ている。そもそも、キャッチフレーズからして「笑いは地球を救う」だ。

     特に徹底していたのは、世間の「感動的な障害者像」を再現したコーナーである。上記の大橋さんが出演するこのドキュメンタリー風映像では、「それらしい」音楽やキーワードで、いかにも「健気な」障害者として大橋さんが描かれているのだが、それをぶち壊すように「病院の先生がイケメンでテンション上がった」「(立ち直ったきっかけを聞かれて)まあ時間が解決したみたいな」と、「使えない」発言を連発し、そのたびにスタッフが「その話いらないっす」「いやそこ大変な感じで行きましょ」などと軌道修正する。要するに、24時間テレビを完全にパロディー化したコントなのである。

     ちなみにチャンネルを日本テレビに変えると、まさにちょうど、そっくりな「感動的」な映像が流れており、BGMも笑ってしまうほどよく似ている。狙って時間を合わせたのかは不明だが、痛烈な皮肉だ。なお、大橋さんは今年の24時間テレビにも出演している。

    1/2ページ

    柴咲コウにも重圧 次期大河“ご当地”がはじくソロバン勘定

     私生活は二の次とばかり、全身に女座長としての覚悟と使命感がみなぎっていた。

     NHKの次期大河ドラマ「おんな城主 直虎」(来年1月8日スタート)に主演する女優の柴咲コウ(35)。主人公・井伊直虎の命日にあたる26日は菩提寺の龍潭寺(静岡県浜松市)を訪れ、「墓前に立たせていただいた時はご加護をいただけたような思いにかられた。初心を持ち続け、最後まで乗り切りたい」と力強く語ったのだった。

    ■お寺の賽銭もアップ

     撮影は1年以上に及ぶ長丁場。健康管理の一環として報道陣から「焼き肉よりうなぎを食べる?」と聞かれると、「うなぎ、食べたいですね」。和牛王こと39歳の青年実業家との“スピード破局”はおくびにも出さず、終始笑顔で対応し、「すべてを肥やしにして、本来の負けず嫌いを発揮したい」と意気込んだ。

    「地元の方々にも盛大に盛り上げていただきたい」とも語った柴咲。くしくもこの日は、ご当地、浜松市の官民連携組織「おんな城主直虎推進協議会」主催によるフォーラムも開催された。会場の「みをつくし文化センターホール」は、龍潭寺から車で10分程度のところに位置し、来年1月からはドラマ館の役割を担う。フォーラムには一般公募300人ほか、自民党や公明党といった地元議員のセンセイら計500人が参加し、会場は熱気ムンムンだったという。

     地元住民によると、「週末になると歴女が観光に訪れている。周辺に点在するお寺の賽銭は通常の1.2倍に増えたそうですよ」。早くも地元は“大河特需”に活気づいているようで、「会社から歴史の勉強をするようにいわれています」(地元タクシー会社の運転手)という声も。

     浜松市は直虎プロジェクト推進費用2億円(16年度の補正予算案)を計上し、日銀静岡支店では“直虎”における県内の経済効果は179億円との試算を発表している。地元からアツ~イ視線が注がれている“柴咲大河”。1年間は“男断ち”して視聴率もうなぎ上りとなるか。

    沢尻 かつてのエリカ様脱却

     『24時間テレビ』(日本テレビ系)内のドラマスペシャル『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた』に出演した女優・沢尻エリカ。沢尻と言えば、主演映画『クローズド・ノート』の舞台あいさつで、「別に…」と不機嫌な態度をとり、連日メディアに取り上げられては、「図に乗っている」「高飛車な女」「勘違い女優」と批判に晒され、直後の“号泣謝罪”でもそのイメージを覆すには至らなかった。だが、番宣として『行列のできる法律相談所』(同系)などに出演し自らの発言を“ネタ”にすることで視聴者も好印象を抱き、ドラマ自体も重厚な演技で賞賛の声が挙がった。そもそも「別に…」発言は、なぜあれほどまでのバッシングを受けなければならなかったのか? そして、今年30歳を迎えた沢尻エリカは、負のイメージから脱却できたのだろうか?

    【写真】金髪ウィッグにド派手ワンピース姿! 「別に…」発言時の沢尻エリカ

    ◆罪を犯したワケでもないのに日本中が“沢尻叩き” 「別に…」騒動とは何だったのか?

     沢尻は2005年、映画『パッチギ!』でセーラー服の美少女役が注目されて大ブレイク。その後もドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)や『タイヨウのうた』(TBS系)など、“難病を抱えた美少女”役がハマる“清純派女優”だったわけだが、その演技力には定評があり、主演映画が5本も公開されるという、いかにも順風満帆な女優として成長していた。

     そんな沢尻の評価を一変させるのが、先述の「別に…」事件。2007年、主演映画『クローズド・ノート』の舞台あいさつに登場した沢尻は、金髪のウィッグにサングラスをのせ、南国柄の奇抜なワンピースに腕組みをして、司会者からの質問に始終、不機嫌そうに「別に…」「特にないです」と返すのみ。事務所の先輩・竹内結子のみならず、会場全体が凍りついた。その映像がワイドショーなどで繰り返し流されると、日本中が“沢尻叩き”に走り、メディアも“エリカ様”“女王様”などと囃し立て、沢尻はしだいに表舞台から遠ざかっていった。その翌年には、ハイパー・メディア・クリエイターの高城剛氏との結婚を発表したことも重なり(後に別居、2013年に離婚)、“沢尻=ぶっ飛んだ女優”というマイナスイメージがすっかり定着していくのである。

     「今年は、ベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷絵音さん、ファンキー加藤さんから三遊亭圓楽さんまで続く一連の不倫騒動。そして覚せい剤取締法違反で逮捕された元俳優の高知東生や、女性への強姦致傷の疑いで逮捕された俳優の高畑裕太容疑者なども、その“謝罪”が注目を浴びたわけですが、沢尻さんも直後に謝罪したまではよかったんですが、その後のアメリカの情報サイト『CNN Go』のインタビューで、『あれは間違いでした。前事務所が謝罪しなくてはいけないと言ったけれど、ずっと断っていたんです。絶対したくなかった。これが私のやり方なんだから、と。結局、私が折れて。でも間違ってた』と言ってしまった。この発言がさらに火に油を注ぐ結果となりました。でも、冷静に考えてみれば、沢尻さんは罪を犯したわけでもなく、不倫したわけじゃないんです(笑)。言い方は悪いですが、生意気盛りの若い女優が、ちょっとイキがっただけなんですね。それほど目くじらを立てて叩くようなことではないかもしれません」(エンタメ誌編集者)

    ◆「別に…」発言を笑いに昇華……バラエティでの“大人の対応”ぶりが高評価

     その後、5年ぶりの主演映画となる『ヘルタースケルター』では、過激な濡れ場にも挑戦し、“沢尻にしかできない”と評された破滅型のヒロインを演じて、興行的にも大ヒットした。しかし当時はプライベートで離婚問題も抱え、体調が思わしくなくPR活動を休止するなど、またしても…?と“お騒がせ女優”として再注目された。

     実際に沢尻は、24時間テレビの番宣で出演した『深イイ話&しゃべくり合体2時間スペシャル』(日本テレビ系)で、件の「別に…」発言について「何で、あんなこと言ってしまったの?」とくりぃむしちゅーの上田晋也に聞かれると、「あの頃はいろいろ重なって、おかしかった時期なんですよ。自分も子どもだったし…」と素直に明かしている。さらに、「もう30だから、だいぶ落ち着いてきた」「今は基本、家にいます。チワワが2匹いて、家でDVD観ながらご飯食べてます」などと話し、上田らにイジられて笑い転げる沢尻の姿は、毎日のようにクラブで遊んで歩いて泥酔していた10年前の沢尻からは、想像すらできなかっただろう。ネットなどでも、「沢尻エリカが丸くなったというか大人しくなった」「沢尻エリカが“別に”をネタにしだしたらもう最強じゃん」「“別に…” の自虐ネタで笑いを起こす 時が経ったな~」など、好反応のようである。

     「沢尻さんの場合、かつての生意気な印象があったからこそ、今の“大人の対応”ぶりが高評価につながっているんでしょう。もともと演技力は評価されていますし、沢尻さん自体30歳になってだいぶ大人になってきたこともわかった。これからは逆に視聴者も彼女に期待する部分が大きいんじゃないでしょうか」(前出の編集者)

     若くして日本中を敵に回したような猛バッシングに遭い、結婚・離婚など、様々な経験を積んできたことで自然に角もとれ、30歳になってようやくまた女優・沢尻エリカ本来の魅力が伝わるようになってきたということだろう。例の発言以降、高飛車なイメージが先行するのかクセのある役ばかりで、初期に演じていた純粋な女性の役を見なくなった。しかし、今回の『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた』の音楽教師役は人間味のあふれた、温かみのある役。同ドラマ、そして一連のバラエティ番組をきっかけに、かつての“エリカ様”からは脱却した彼女は、その天賦の演技力を発揮して新たなる“沢尻エリカ”像を築いていくことになるだろう。

    引用:沢尻 かつてのエリカ様脱却

    • no comments

    カテゴリー