RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<二宮和也>綾野剛と仲良しトーク 監督も「兄弟を超えた関係」と太鼓判

【俳優最新ニュース】塩見三省、4年ぶりに公の場 脳出血から復帰し『アウトレイジ』新作出演「最高の時間でした」

【俳優最新ニュース】山田孝之、短編「点」でタッグを組んだ「yonige」との次なるコラボは楽曲制作!?

【俳優最新ニュース】歌舞伎界の風雲児・市川猿之助が「LIFE!」登場に内村光良「思わず震えた!」

【俳優最新ニュース】ピーター、ミッツを“料理”「私が42歳のころはこんなに老けてなかった」

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみ&綾野剛“兄妹”謎ポーズとドヤ顔に反響

【俳優最新ニュース】小栗旬、長澤まさみらが「メチャメチャ緊張した」こととは? 主役級俳優たちの10代フレッシュ語録【ザテレビジョン35周年特集】

【俳優最新ニュース】乙葉、11年ぶり連ドラ出演「本当にタイムスリップしたよう」

【俳優最新ニュース】GACKTプロデュースのポーカー番組で、山田孝之と塚本高史が因縁のタイマン勝負。「どうしても倒したいやつがいる」

【俳優最新ニュース】ドイツで大ヒット! ほぼ全盲の青年の心震わす実話『5パーセントの奇跡』日本公開決定

【俳優最新ニュース】間宮祥太朗、マーメイドと禁断の恋!?「笑神様は突然に…」2時間SP

【俳優最新ニュース】向井理&国仲涼子夫妻に第2子!安定期に入ったばかり

【俳優最新ニュース】パスワードは顔に書いてある? iPhone Xの「顔認証」は、どこまで安全か

【俳優最新ニュース】松本潤、有村架純の生々しい“恋愛”を映し出した『ナラタージュ』行定勲監督インタビュー

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) 少女時代ユナ、ソ・イヒョンの娘と仲良くパチリ

【俳優最新ニュース】佐々木蔵之介、『コウノドリ』新シーズンでどう活躍する? 指導者としての演技への期待

【俳優最新ニュース】ブルース・リーからジャッキー・チェンまで! 香港映画のヒーローたちを紹介

【俳優最新ニュース】映画『キングスマン』最新作に学ぶ“スーツを着こなす方法”

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみと綾野剛が謎ポーズ 「鳥肌もんのかっこ良さ」

【俳優最新ニュース】ドラマ『セトウツミ』ビジュアル公開 高杉真宙&葉山奨之が原作そっくり制服姿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    雨宮アナ復帰 離日ゆえの決断

     フリーアナウンサー雨宮塔子(45)が11日、都内で映画「ハドソン川の奇跡」(クリント・イーストウッド監督、今月24日公開)試写イベントに出席しキャスター復帰について語った。7月にTBS系「NEWS23」キャスターに就任してから初の公の場となった。

    【写真】大江麻理子キャスター髪20センチばっさり切った

     映画は09年に起きた実話に基づく作品。エンジントラブルを起こした飛行機がニューヨークのハドソン川に着水したが、乗客乗員155人全員が無事生存したという奇跡を描いた。機長が下した「着水」という決断にちなみ、仕事復帰という決断について司会者に聞かれると「決断はその瞬間にするものではなく、自分がどう生き、考えてきたかが出るものだと思います」と持論を展開。「フランスで17年間生きてきたことの延長線、というわけじゃないけど、ずっと日本にいたらなかった決断だと思います」と、これまでの人生あっての決断だったと明かした。

     元夫でパティシエの青木定治氏(48)との間にもうけた2人の子供は、青木氏とその再婚相手の女性がフランスで育てている。「(子供が日本に)いたらいたで気になる。不器用なので(仕事と家庭の)両方が中途半端になると思う。子供もフランスに残ることを選んだ。前の夫も(今の)奥様も信頼しつつ、でも細かい日々の大切なことをちゃんとやってるのか、と言いたくなる。でも、ドーンと任せた方がいいのかな。お引き受けしたからには、こっち(キャスターの仕事)を全力でやらなきゃ、と思います」と、仕事への意欲を語った。

    引用:雨宮アナ復帰 離日ゆえの決断

    • no comments

    発表!いま関西で最も旬で旨いラーメンは?

    「いま最も旬でうまいラーメンは?」をコンセプトに関西最強のラーメンを決定する「第5回 究極のラーメンAWARD関西」が、9月8日(木)発売のムック本『究極のラーメン2017関西版』(ぴあ)にて発表された。

    『究極のラーメン2017関西版』の画像

    テレビなどの各メディアで活躍する、関西を代表する有名ラーメン通4名が選考委員を務め、1000店以上ものノミネート店の中から総合グランプリに選んだのは、京都で人気を博す関西屈指のハイレベル店「らぁ麺 とうひち」。厳選素材を駆使したスープと自慢の自家製麺、ローストポーク風のチャーシューなどのひとつひとつが高いポテンシャルを誇る、ラーメンマニアから圧倒的支持を受ける関西を代表する名店だ。

    グランプリの記念盾が贈呈され、店主の袖岡哲也さんは「本当に感激です。今後もしっかり精進していきます」と、受賞の喜びをかみしめた。また、新店をはじめ、醤油、塩、豚骨、鶏白湯、味噌、つけ麺、まぜそばなどの各部門のグランプリ&準グランプリ店も同時に発表。今回も関西のラーメンシーンの最新トレンドが分かる、興味深いラインナップとなっている。

    ■『究極のラーメン2017 関西版』
    2016年9月8日(木)発売
    本体680円+税
    ぴあ

    引用:発表!いま関西で最も旬で旨いラーメンは?

    • no comments

    ムッシュかまやつ、肝臓がんで闘病中も復活を力強く語る

     【芸能ニュース舞台裏】元気になれば、まだまだ活躍できるのが芸能界。梅宮と同年代のミュージシャンのムッシュかまやつ(77)も肝臓がんで闘病中であることを明らかにした。

     「予定していた泉谷しげるとのジョイントライブが中止になり、体調の悪いことが分かりましたが、所属事務所が速やかに病状を報告しました。本人はいたって元気で、復活を力強く周囲にも語っているようですから、その気持ちがあれば大丈夫じゃないでしょうか」と音楽サイト記者。

    7年ぶりにステージに立つ明菜、ギリギリまで予断は許さない…

     「ファンのみなさんを長らくお待たせして申し訳ありません」

     「ファンのみなさんにお会いできることをうれしく思っております。久しぶりのディナーショーなので、今からとても緊張しています」

     10年9月から活動を休止していた中森明菜(51)が7年ぶりにステージにあがることがわかった。

     「今年12月4日から全国7か所でディナーショーを開催することが決まりました。11月30日にはカバーアルバムも発売予定ですし、いよいよ完全復帰となるといいのですが・・・」

     こう話すのは音楽関係者。しかし、まだまだ不安の声もあるという。

     「14年の大晦日は「紅白歌合戦」(NHK)にニューヨークからの生中継で歌いましたが、ファンの前で歌うのは09年8月の横浜公演以来です。

     紅白の際は、声はか細くテレビのボリュームを上げる人が続出したほどでした。今回は満を持してのディナーショー。体力作りに務め、ボイストレーニングも積んできたようですが、ギリギリまで予断を許さない状況です」(前出・音楽関係者)

     明菜は、来年はデビュー35周年を迎える。

    戸田れい、24枚目のDVDタイトルは『これからも。』「まだまだ出...

     グラビアアイドルの戸田れいが8日、最新DVD『これからも。』の合同マスコミ取材会を東京Lilyで開催した。

    【写真】戸田れいの別衣裳の写真

     24作目のDVDは3月にバリで撮影。作品については「DVDを観ている方が社長で、私が社長秘書という設定。社長の妄想の中ではSなキャラで誘惑しているんですが、現実世界ではHなところは一切ないという。妄想DVDです」と説明。

     小ぶりで形のいいヒップがチャームポイントのため、ジャケットでは振り向きのショットが多かったが、今回は「四つん這いになって、そのお尻を鏡に映すという形になっています」と新機軸。しかし「胸もお尻も見られて2度美味しいとなれば良かったんですが、胸が無いので…」と自虐的に笑った。

     DVDの紹介文には“白くてスレンダー”と書かれているものの、登場した戸田は小麦色。その訳は? 「DVDは半年前に撮った作品なんですが、この夏に江ノ島でインタビューのロケを3日間やったのと、サマーソニックで盛り上がったので真っ黒になっちゃって。事務所からは“戸田は焼けてもいいよ”って言われてるので焼いちゃいました。それが“似合う”という意味なのか、“どっちでもいい”という意味なのかは分かりませんが…」。

     『これからも。』というタイトルはどこか意味深。「これからもDVDを出してね!という要望なのかなって思ってます。来年2月で30歳になるので、いろいろ諦めてると思われがちなんですけど、まだまだ諦めてません。周りの友達に比べて“全然30に見えないね”って言われるので、若さを保とうと思っています!」と意気込んだ。

    ベッキー、NHKに「語り」で復帰  瞬時に渦巻いた賛否両論

     タレントのベッキーさん(32)が2016年9月10日にNHK総合で放送されたドキュメンタリー番組「NEXT 未来のために」でナレーションを務めた。

     「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音さん(27)との不倫報道を受けて休業していたが、「地上波」での出演は、5月の「金スマ」(TBS系)以来。声のみとはいえ、NHKの地上波としては、騒動以来の「復帰」になる。 同番組の放送を受けて、インターネット上では瞬時に「歓迎」と「批判」両方の声が上がった。

    ■番組タイトルは「NEXT 未来のために」

     ベッキーさんは9月8日に自身のインスタグラムで同番組に「語り」で出演することを報告しており、そのコメント欄は「絶対観る」「楽しみ」といった内容の「応援」コメントが寄せられていた。

     一方で、ネット上では復帰への批判も根強く、9月8日にJ-CASTニュースが報じた「ベッキーが語る『21歳ホストの死』 NHKで地上波に『登場』」の記事のコメント欄には、

      「国民の受信料でベッキーを雇うとは…。」「どう考えてもこれだけ批判があるベッキーを何故起用したのか疑問。今からでも放送を延期しナレーションを差し替えるべき。」

    などベッキーさんの起用に疑問を呈するコメントも寄せられた。

     そして、10日17時30分に番組が始まると、すぐさま「視聴者」からのさまざまな反応がインターネット上に寄せられた。

     番組は、大阪「ミナミ」でホストとして勤務し、急性アルコール中毒が原因で21歳で亡くなった男性の人生に迫るドキュメンタリー。番組のタイトル「NEXT 未来のために」や、一度挫折した社会の中で、人生を立て直そうとする姿を追う内容は、ベッキーさんの置かれている状況と似ているとも受けとられる設定だ。

     ベッキーさんは冒頭からナレーションを務め、開始から約3分の時点で、「語り ベッキー」というテロップが表示された。ドキュメンタリーがシリアスなテーマを取り扱うものであるためか、ベッキーさんは淡々とした語り口で、騒動前の「トレードマーク」でもあった「元気さ」は封印してるようだった。

     これを受けてツイッターには、

      「ベッキーの声だ。がんばれー。」
      「いまNHK『NEXT』で、ベッキーがナレーションをしている。声質とトーンが、実に良く耳に入りやすい。」

    と彼女の復帰を応援するコメントのほか、

      「内容も明るいものではないのは致し方ないが、ベッキー感が全く感じられない。」

    と違和感を指摘した人もいた。

     そのほか、

      「おや、語りベッキーか…悪いけど消す。」
      「NHK総合のドキュメント(テキーラ一気飲みで死んだホストについて)が面白そうだと思ったけど、『語り・ベッキー』で見るのやめた。」

    とベッキーさんの復帰に批判的な声も多く挙がった。

    1/2ページ

    NHK籾井会長 SMAPに熱烈“紅白ラブコール”のウラ事情

     NHKの籾井勝人会長(73)の“異例”の発言が注目を集めている。

     8日に行われた定例会見で大晦日の「紅白歌合戦」について触れた際、籾井会長自らSMAPに熱烈ラブコールを送ったことだ。

    「NHKの会長が、選ばれた出場歌手を見て感想を言うことはあっても、この人に出てほしいといった発言をしたのを聞いたことがない。NHKには独自の選考基準があって、公正に出場歌手を選ぶわけで、籾井発言はイエローカードのようなもの。怒っている芸能プロやレコード会社もあるのではないか」(放送ジャーナリストの小田桐誠氏)

     ただ、それでも会長自らSMAPの出場を切望したのはNHKが追い込まれているからという見方もある。現在もNHKサイドは大晦日で解散するSMAPを大トリに起用すべく水面下で交渉を行っている。

     ところが、当初の予想に反して、SMAPが所属するジャニーズ事務所は首を縦に振らないという。

    「現段階ではSMAPの出場は100%ないでしょうね。SMAPは事務所に反旗を翻して辞めた女性マネジャーの“負の遺産”です。すでに音楽特番や25周年コンサートやパラリンピック応援サポーターなどを辞退しているし、紅白だけ特別扱いはできない……」(放送関係者)

     また、SMAPはメンバーがバラバラで、木村拓哉を除く4人も紅白にはドン引き状態とか。事務所もメンバーもその気なしではどうにも……。

     それでもNHKが諦めないのは、さらにもうひとつの理由があるためだという。

     それは昨年、消えたタモリの総合司会への起用だ。

    「SMAPの出場が“マスト案件”だというのです。SMAPが出場しなければ“話は白紙”と先方から提示までされたといわれている」(芸能プロ関係者)

     今年の紅白のテーマは「夢を歌おう」。SMAP出場、タモリ起用が夢物語で終わらないことを祈るばかりだ。

    君の名は。聖地巡礼に苦情

     大ヒット公開中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)の関連場所訪問、いわゆる“聖地巡礼”の際はマナーを守るよう公式から注意喚起が行われた。

     「君の名は。」は公開から10日で38億円突破というヒットを飛ばしており、早くも聖地巡礼が活発に行われているらしい。ネット上では、劇中で登場したスポットをまとめたサイトがいくつも見られる。

     しかし中にはそういった聖地でマナー違反の振る舞いをするファンもいるようだ。映画の公式サイトでは9日、「『君の名は。』関連場所訪問(聖地巡礼)についてのお願い」と題した文章を掲出。「『君の名は。』公開後、本編中に登場する、または関連のある場所へ、多くのファンの皆様にお越しいただいておりますが、近隣の方々より騒音や早朝深夜の訪問に関する苦情を多数いただきました。関連場所への訪問を予定されている皆様におかれましては、節度のある行動、及びマナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます」とファンに注意を促した。

    引用:君の名は。聖地巡礼に苦情

    • no comments

    藤山直美×石井ふく子で魅せるチャーミングな情念

    日本演劇界が誇る名女優・藤山直美の最新舞台は、山本周五郎の小説が原作、そして石井ふく子演出による『おたふく物語』。江戸の下町に暮らす人々の愛と人情を描いた傑作だ。家族の問題を抱えながらも、健気に暮らす“おしず”を藤山、おしずが思いを寄せる彫金家“貞二郎”を錦織一清、おしずの妹“おたか”を田中美佐子が演じ、その他豪華出演者が脇を固める。

    その他の画像

    「この物語では、綺麗でもなんでもない普通の女性・おしずが、ひとりの男性に凄く惚れるんですわ。でも、ストーカーみたいな感じではなく、本当に一途に愛らしい想い。女性のチャーミングな情念が出たらええなと思いますね。あと、家族のいろいろな問題も出てきます。表面上はとても良い感じに見えていても、どこの家族も他人には言えへんな~みたいな見せたくない小部屋みたいなんがある。その辺りも丁寧に描いてあって、その中でおしずがどんな風に現実と向き合っていくか。笑いながらもちょっと考えさせられる感じになるかもしれませんね」

    本作同様、山本周五郎原作、石井ふく子演出、藤山直美主演で舞台化された『かあちゃん』を、今年3月に明治座で上演。こちらも大好評だったという事で、またの石井とのタッグにも期待が高まる。「石井さんは本当に稽古でどんどん変えていかはる方。頭の中にビジョンがちゃんと出来上がってらっしゃるんでしょうね。いやもうお元気で。太陽電池かなんか入ってらっしゃるんやないやろか(笑)。表ではレジェンドやって言うてますけど、妖怪辞典に載りそうな勢いですわ。って、こんなの言うたら怒られるわ(笑)」

    映画『団地』では上海国際映画祭で日本人女優として初めて最優秀女優賞を受賞するなど、まずます注目も高まっているが、本人は「映画の賞は、やっぱり監督のもの。自分が貰ったという意識はない」とあくまで自然体。そして演じる事への気持ちはどんどん貪欲になっている。「父(藤山寛美)の時代は、芝居が一番の娯楽やった時代。今は多種多様で、いろいろな選択肢がある。その中で劇場や映画館に足を運んで頂くことの難しさも痛感しますね。テレビと違って、おもろないからって途中で変更もできませんから。責任もって最後まで楽しませなアカン思います」

    公演は9月25日(日)まで東京・明治座、10月5日(水)から27日(木)まで福岡・博多座にて。チケット発売中。

    高畑裕太の“代打”大山真志はチャンスを生かせるか 愛之助は一気に...

     8月23日に強姦致傷の容疑で逮捕されたが、不起訴となった高畑裕太(22)が出演する予定だったNHK大河ドラマ「真田丸」の代役が大山真志(27)に決まった。

     「注目を集めているドラマの代役だけに、大山さんにとって大きなチャンスになりましたね」(芸能プロ関係者)

     今回の高畑の事件を受けて、日本テレビの「24時間テレビ39」の中のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」では、放送2日前にNEWSの小山慶一郎が代役を務め、「まったく違和感がなかった」と称賛の声があがった。

     また、2010年には、西麻布の飲食店で暴行を受けた市川海老蔵の代役を片岡愛之助が務め、一気にブレイク。また、軽度の心筋梗塞を患った天海祐希の舞台の代役を務めた宮沢りえも高く評価された。

     「大山さんは舞台を中心にコツコツと力をつけてきたイケメン俳優です。注目度が高まっている状況だけにプレッシャーはあるでしょうが、気合は十分でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

     大山はこのチャンスを生かせるか!?

    カテゴリー