RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<二宮和也>綾野剛と仲良しトーク 監督も「兄弟を超えた関係」と太鼓判

【俳優最新ニュース】塩見三省、4年ぶりに公の場 脳出血から復帰し『アウトレイジ』新作出演「最高の時間でした」

【俳優最新ニュース】山田孝之、短編「点」でタッグを組んだ「yonige」との次なるコラボは楽曲制作!?

【俳優最新ニュース】歌舞伎界の風雲児・市川猿之助が「LIFE!」登場に内村光良「思わず震えた!」

【俳優最新ニュース】ピーター、ミッツを“料理”「私が42歳のころはこんなに老けてなかった」

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみ&綾野剛“兄妹”謎ポーズとドヤ顔に反響

【俳優最新ニュース】小栗旬、長澤まさみらが「メチャメチャ緊張した」こととは? 主役級俳優たちの10代フレッシュ語録【ザテレビジョン35周年特集】

【俳優最新ニュース】乙葉、11年ぶり連ドラ出演「本当にタイムスリップしたよう」

【俳優最新ニュース】GACKTプロデュースのポーカー番組で、山田孝之と塚本高史が因縁のタイマン勝負。「どうしても倒したいやつがいる」

【俳優最新ニュース】ドイツで大ヒット! ほぼ全盲の青年の心震わす実話『5パーセントの奇跡』日本公開決定

【俳優最新ニュース】間宮祥太朗、マーメイドと禁断の恋!?「笑神様は突然に…」2時間SP

【俳優最新ニュース】向井理&国仲涼子夫妻に第2子!安定期に入ったばかり

【俳優最新ニュース】パスワードは顔に書いてある? iPhone Xの「顔認証」は、どこまで安全か

【俳優最新ニュース】松本潤、有村架純の生々しい“恋愛”を映し出した『ナラタージュ』行定勲監督インタビュー

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) 少女時代ユナ、ソ・イヒョンの娘と仲良くパチリ

【俳優最新ニュース】佐々木蔵之介、『コウノドリ』新シーズンでどう活躍する? 指導者としての演技への期待

【俳優最新ニュース】ブルース・リーからジャッキー・チェンまで! 香港映画のヒーローたちを紹介

【俳優最新ニュース】映画『キングスマン』最新作に学ぶ“スーツを着こなす方法”

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみと綾野剛が謎ポーズ 「鳥肌もんのかっこ良さ」

【俳優最新ニュース】ドラマ『セトウツミ』ビジュアル公開 高杉真宙&葉山奨之が原作そっくり制服姿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    こじはる負傷 コンサート休演

     AKB48の小嶋陽菜(28)が足を負傷し、15日に神奈川・横浜アリーナで開催されるAKBグループのコンサートを休演することがわかった。

    【写真】斎藤工&小嶋陽菜5分でベッド

     AKB公式ブログで14日、「明日9月15日に開催いたします『AKB48グループ同時開催コンサートin横浜 ~今年はランクインできました祝賀会~』において、出演を予定しておりました小嶋陽菜が足のケガのため休演させていただくこととなりました」と発表された。「開催直前でのお知らせとなりましたことを深くおわび申し上げます」としている。

     同コンサートは今年の選抜総選挙でランクインした80人が出演予定だったが、小嶋のほかに入山杏奈もスケジュール上の都合により休演することがすでに発表されている。

    引用:こじはる負傷 コンサート休演

    • no comments

    宮藤官九郎のロックオペラで瑛太と増子がヤクザの兄弟に

    宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラシリーズ“大パルコ人”。2009年のメカロックオペラ『R2C2 (アールツーシーツー)~サイボーグなのでバンド辞めます!~』、2013年のバカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』に続いてついに第3弾が上演される。大パルコ人3ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』と題して贈るのは、瑛太と、ロックバンド「怒髪天」の増子直純がヤクザの兄弟となって描かれる物語。歌に乗せて、今度はどんなバカバカしさが繰り広げられるのか!?

    【そのほかの画像はこちら】

    瑛太と増子のキャスティングの理由を宮藤は、「前回の『高校中パニック!小激突!!』を観に来てくれたなかで、感じのいい、接しやすいふたりを選びました(笑)」と冗談めかして打ち明ける。だが、何が飛び出すかわからないこのシリーズ。確かに、どんなことにも応えてくれるという信頼が必要そうだ。実際、応える側になるふたりも、柔軟な構えを見せる。まず、舞台で歌を披露するのはこれが初めてという瑛太は、「今年の2月に、原田芳雄さんの追悼ライブで歌わせてもらったんですけど、手が震えて仕方ありませんでした。だから、不安はありますけど。楽器も弾くのかなと思うと大変ですけど。でも、練習をいっぱいしたいと思います」と前向きだ。片や、芝居の経験が少なくこれが初舞台となる増子。「今年50歳になったんだけど、50にして新しいことをやれるのが楽しみだよね。音楽は自分がやることが全部正解だけど、芝居は自分の解釈が正しいわけじゃないというのも面白い。『それ違うよ』って叱られたい(笑)」

    このふたりを真ん中に据えることで宮藤のなかに浮かんだのは、『ブルース・ブラザース』の世界。「めちゃくちゃなことをやるんですけど、ふたりはそれが正解だと信じて突き進み、周りが巻き込まれていく。そんなバカ兄弟にしたいなと思ったんです」。そこで生まれたのが、かつて“池袋のサンバイザー兄弟”と恐れられた伝説のヤクザの兄弟が、衰退した組を立て直すためにバンドを始めるという突拍子もない筋立てだ。「思い切りバカになりたいですね。普段できないことができるから僕はお芝居が好きなんです。だから思い切りはじけたいと思います」と瑛太が言えば、「バカバカしいことにお金と労力をかけられるのはそれこそステキなこと。無駄なものこそ芸術だからね」と、増子もバカに徹する覚悟はできている。そして、「音楽とお芝居が合わさってバカみたいでっていうものが、とにかく大好きなんです!」と宮藤。作り手自身が楽しいと思うものを自由に純粋に追求していく。そうして生まれるものが楽しくないわけがない。

    東京公演は11月13日(日)から12月4日(日)サンシャイン劇場にて。その後大阪、仙台を巡演。なお、チケットぴあでは、東京・大阪公演は9月15日(木)午前11時まで、仙台公演は9月21日(水)午前11時までそれぞれ先行抽選プレリザーブを受付中。

    取材・文:大内弓子

    黒人差別問題を描いたタランティーノの西部劇『ジャンゴ 繋がれざる...

     【CS・BS 今週の狙い撃ち】「ジャンゴ 繋がれざる者」(9月15日(木)午後4時10分 スカパー! BS201 スターチャンネル2)

     アメリカに対してどんなイメージをお持ちでしょうか? 「自由の国」…、今でもそんな風に思っている人もいるでしょう。

     私の大師匠・立川談志はアメリカが嫌いでしたね~。よく悪口を言っておりました。でも、アメリカのエンターテインメントに対する尊敬と憧れというのも一方では持っていました。私もその思いはあります。

     アメリカのニュースで、白人警官が黒人に対し過剰に暴力を振るう事件をいまでもよく目にします。私からすれば、「なーにが“自由の国”だよ!」となります。

     黒人に対する差別というのは、アメリカでは今でもハッキリと続いているのです。そんな歴史の一端を描いているのが、クエンティン・タランティーノ監督による映画「ジャンゴ 繋がれざる者」です。この映画が15日午後4時10分からスカパー!スターチャンネルで放送されます。

     南北戦争勃発前夜の1859年、アメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツと出会い、鎖から解き放たれたのが黒人奴隷のジャンゴ。彼はシュルツとともに指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻を探していた。やがて妻がキャンディランドという農園にいることが分かる。そこには極悪非道な農場主カルビン・キャンディが君臨していた。ジャンゴとシュルツは奴隷商人を装いカルビンに近づく…。

     キャストはジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソン、ほか。

     ディカプリオが悪徳牧場主を怪演して話題になったこの映画。黒人奴隷について描いていながらも、マカロニ・ウエスタンへのリスペクトを込めたオマージュが満載なのです。

     要するに、普通に描けば社会派の硬い映画になってしまうところを、エンターテインメントとして描いているのです。黒人差別の問題を描きながらも、ちゃんとした西部劇になっている秀作です! (立川志らべ)

    黒髪・制服着用限定! ヤマハとレプロが最強ギター少女を発掘

     『ヤマハポピュラーソングコンテスト』(略称:ポプコン)をはじめ、長きにわたって音楽オーディションを実施、多くの女性シンガーソングライターを世に送り出してきたヤマハと、今年25周年を迎え、清水富美加、川島海荷、マギー等数々の人気女優やモデルが所属する芸能プロダクション・レプロエンタテインメントがタッグを組み、新たな音楽オーディション『黒髪ギター少女選手権  ―放課後にチャンスは広がっている―』を開催する。

     『黒髪ギター少女選手権』の応募資格は、タイトルの通り、黒髪で、18歳以下のギターを弾いて歌える制服着用の女性であること。“黒髪=まだ何にも染まっていない無限の可能性の象徴”として、あえて条件に加えているのだという。合格者にはレプロ所属のチャンスと、ヤマハ楽器10万円相当を贈呈。技術や経験は不問。夢とやる気に溢れた全国のギター少女の長円を待っている。

     応募の詳細は、オーディション情報サイト「デビュー」(下記リンク参照)に掲載中。

    セクシー女優デビューは「転落」なのか 村西とおる監督が反論

     タレントの坂口杏里さん(25)がAVに出演することについて、業界の村西とおる監督が「転落」ではない、と一部ネットメディアの報道に苦言を呈し、ネット上で論議になっている。

     坂口杏里さんは、2008年に芸能界入りし、ここ数年は「おバカキャラ」としてテレビのバラエティ番組への出演が多かった。

    ■「堕ちたな、より、成り上がったな、が正解」

     14年10月には、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さん(40)との交際も報じられて話題になった。しかし、ここ1年ほどは、テレビなどでの露出も少なくなっていた。

     そして16年9月5日、坂口さんがAVにデビューすると夕刊フジなどが報じた。その後、他メディアでも続報が出る中で、坂口さんについて「転落」と表現するところもあった。

     こうした報道に対し、村西とおる監督はツイッターで9月8日、「いくらお金が欲しくてもAV出演は高嶺の花。堕ちたな、より、成り上がったな、が正解」との見方を示した。さらに11日には、「AVに出演したことで『転落だ』とメディア」が取り上げたとし、「ご存知の女性でそれほどのレベルは何人いるでしょう。AVは女性のステータスの極めつき、でございます」と書き込んだ。

     この発言は、13日夜現在、1000以上もリツイートされており、ツイッターなどでは、賛否両論になっている。

     「確かに監督の仰る通りです」「AVを馬鹿にする奴の気が知れない」などと村西監督に賛同する意見も相次いだ。一方で、「ただ借金の為にAVという流れはどうなのかな」「その後の人生が生きにくくなるのは現実」と異論の方も多かった。また、母親の坂口良子さんが生きていれば、喜んでくれるとは思えないとの指摘も出ていた。

     なお、坂口杏里さんのツイッターは、8月31日を最後に更新がストップしている。

    藤原麻里菜は“手作り珍発明”で大人気のユーチューブ芸人

     まさに「ニューウエーブ芸人」といえるだろう。何しろ芸を披露する晴れ舞台がテレビや劇場ではない。ネットを中心に話題を集め、人気急上昇中の藤原麻里菜の活躍の場は、動画再生サイト「ユーチューブ」なのだ。今ではチャンネル登録者数2万5000人超、総再生回数は700万回を超え、多くのメディアに取り上げられている。

     彼女の「芸」は工作。吉本の養成所を卒業して芸人になってから、毎日のように「歩くたびにおっぱいが大きくなる装置」や「10分で彼氏を作る方法(恋人つくり機)」などの奇抜な装置や実験工作を作り、その製作過程から実際に使用するまでを動画に収め、ユーチューブに「無駄づくり」というチャンネルをつくって公開している。

     おっぱいが大きくなる装置といっても、単に足踏み空気入れと風船をつなげてサンダルに接着しただけ。しかし、その動画を見ると笑える。その他の作品も真剣にアホらしさと向き合う姿が面白く、芸というよりむしろアートと評判になっている。

     5月にはマツコ・デラックスの「月曜から夜ふかし」に下町の発明家として登場、9月に東京国際フォーラムで開催される「アドテック東京」にはゲストスピーカーとして登場して話題となった。

     93年、神奈川県生まれ。美大を目指して美術系の高校に進学したが、美大受験に必要なデッサンが苦手で、美大進学を諦めNSC入り。珍発明の「明和電機」や赤瀬川原平の「超芸術トマソン」が好きで、続けていた工作を自分の「芸」にしたという。工作ゆえに、テレビや劇場で芸を披露するには向かず、ユーチューバーの道を選んだ形だ。作品はすでに100本以上。

     初個展「無駄な部屋」を昨年開催し、グーグルが主催している「ユーチューブ・ネクストアップ」に今年は入賞した。

    「4000人の芸人を抱える吉本興業は、芸を披露する機会さえ得られない“食えない芸人”も多数いる。少しでも多くの芸人が食えるようにしたいという思いから、地方専従の“住みます芸人”を考案したり、ユーチューブ芸人を応援したりしている。藤原はそのひとりとして期待されている」(お笑い関係者)

     創作の動機はコンプレックスの解消。貧乳ゆえに思いついた「おっぱい装置」、彼氏がいないから「恋人つくり機」といった具合だ。欠点をネタにする「芸人魂」のあるアーティストといえよう。

    本仮屋リイナアナ 第1子妊娠

     女優、本仮屋ユイカ(29)の妹で、東海テレビ(フジテレビ系、名古屋市)の本仮屋リイナアナウンサー(25)が第1子を妊娠していることが13日、分かった。

     本仮屋アナは5月にフジテレビの制作部門に勤務する男性社員と結婚。新婚夫婦に早くも、コウノトリがやって来た。複数の関係者の話を総合すると、本仮屋アナのお腹が大きくなった姿が目撃されており、現在、妊娠5カ月ごろとみられる。

     現在は、東海地方ローカルの平日朝の情報番組「スイッチ!」(月~金曜前9・50)でMCを務めているが、出産を機に番組を卒業するようだ。また、東京と名古屋の遠距離結婚生活を送る夫婦は今月に入り、都内で挙式・披露宴を行っていた。

     入社4年目の本仮屋アナは、姉・ユイカ譲りのキュートなルックスを誇るアイドルアナ。姉と何度も番組共演するほど仲良しで、姉もかわいい妹が母親になる日を待ち望んでいるに違いない。東海テレビ広報部はサンケイスポーツの取材に「社員のプライベートについてはお答えできません」としている。

    引用:本仮屋リイナアナ 第1子妊娠

    • no comments

    小日向文世、安田顕ら実力派がぶつかり合う問題作

    パキスタン系アメリカ人の作家アヤド・アフタルが2013年にピューリッツァー賞を受賞した舞台『DISGRACED/ディスグレイスト─恥辱』が、日本初演の幕を開けた。作家と同じ出自をもつ主人公と白人の妻との無意識下のズレが、次第に大きな事件に発展していくさまを描いた問題作。人種や宗教観の相違という、日本ではなじみの薄いテーマが大きな要素を担っているが、観る前の心配は杞憂に終わった。小日向文世や秋山菜津子、安田顕といった実力派役者陣が火花を散らしてぶつかり合う、見応えのある舞台となっている。

    【そのほかの画像はこちら】

    ニューヨークに住む弁護士アミール(小日向)は、パキスタン系アメリカ人。白人の画家でイスラム美術を敬愛する妻エミリー(秋山)と何不自由ない生活を送っていたが、甥のエイブ(平埜生成)から“指導者”を助けてほしいと頼まれ、仕方なく引き受けたことで、世間の風向きが変わり始める。そんなある日、エミリーの絵がホイットニー美術館で展示されることになり、アミールと同じ事務所の弁護士で黒人のジョリー(小島聖)と、その夫のユダヤ人でホイットニー美術館のキュレーター・アイザック(安田)が来宅する。食事の席での冗談めかした会話は、次第に各々の人種にまつわる話題へと移り始め……。

    大河ドラマ『真田丸』でも、無邪気さと残酷さを併せ持つ豊臣秀吉を演じて高い評価を得た小日向だが、その陰影に富む役作りは本作でも健在。幼少期の「クソのような境遇」から、努力と実力で現在の社会的地位にまで上りつめたアミールが、封じ込めたはずのコンプレックスと葛藤におびえるさまが痛々しくも切ない。そんな彼のトリガーとなるのが、安田扮するアイザックだ。美術館のキュレーターだが、絵を値踏みするような口ぶりはニューヨーカーらしいスノッブさ。だが絶対的な“美”への服従は芯にもっている人物像が伝わってくる。同じように高い知性を持ちながらも、出自への迷いが拭いきれないアミールと、出自を受け入れ苛立ちを明確にするアイザックとが対峙するシーンは、息詰まるような緊張感で見応えがあった。

    美人で頭がよく、才能も思いやりもあるエミリー役の秋山と、褐色の肌に腰高のスタイル、強い眼差しをもつジョリー役の小島は、共にハマり役。アミールとアイザックはもちろん、エミリーとジョリーもそれぞれの夫とぶつかり合い、日常の瑣末な物事に対する反応を細かく積み上げていくことで、この世界観の”体温”に説得力が出た。人種、宗教、仕事、男女の愛、すべてを織り込むようにして進む物語の果てに、甥のエイブがアミールに放つひと言が、胸に迫る。上演は、休憩なしの1時間45分。とぎれることのない緊張感が演劇的高揚感に変わる、希有な1本である。

    舞台『DISGRACED/ディスグレイスト─恥辱』は9月25日(日)まで東京・世田谷パブリックシアター、9月27日(火)に名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、9月30日(金)から10月2日(日)まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて上演。

    取材・文 佐藤さくら

    大人の世界描いたマヒナスターズのコンピ盤 元メンバーのタブレット...

    ★大人のエンタメ

     デビュー60周年を迎えた和田弘とマヒナスターズ。元メンバーのタレント、タブレット純(42)がプロデュースしたコンピレーションアルバム『マヒナと魅惑(ムード)の宵』(ビクター)は大人の世界を描いたムーディーな1枚だ。

     1957年にデビューのマヒナ。リーダーの和田弘さん(享年72)のスチール・ギター、ウクレレの佐々木敢一さん(享年78)のファルセット(裏声)などで“ムードコーラスの帝王”として君臨してきた。

     タブレットは田渕純の名で2002年に加入。現在はムード歌謡漫談で芸人として活動する一方、レコード史実家としても知られ、今作を手がけることに。

     2枚組の1枚目『マヒナ・スタイル』は初オリジナルの「泣かないで」や歌声喫茶から火が付いた「北上夜曲」など王道の佳曲を選曲。

     2枚目の『マヒナでリズム』はリズミカルな変化球的な曲を集め、「タヒチ島伝統の珍しいリズムを生かした『踊ってタムレ』や、ピンク・マルティーニがカバーした『菊千代と申します』もセレクトしました」。

     マヒナといえば、女性シンガーとのデュエット曲も多く「『愛して愛して愛しちゃったのよ』は加賀まりこさんがかなわず、中尾ミエさんで企画したところが、訳あって素人の大学生、田代美代子さんに代わり、爆発的にヒットしたんです」と秘話も明かす。

     「マヒナはムード歌謡だけでなく、リズム歌謡、小唄など無類の奥深さ。プロフェッショナルなグループということが再確認できました」 (高山和久)

    超異端アイドル・NMB48木下百花が表紙・巻頭 『IDOL AND READ 0

     アイドル・インタビュー誌『IDOL AND READ 008』(28日発売/シンコーミュージック)の表紙・巻頭に、異端のアイドル・NMB48の木下百花が登場。48グループのなかで異彩を放つ木下が、2万字インタビューで生い立ちから全てを語り下ろす。

    【写真】ベイビーレイズJAPANの傳谷英里香が登場する裏表紙

     “黒髪少女を守りたい”と歌うシングル『絶滅黒髪少女』でデビューしたNMB48に在籍しながら、表紙に登場する木下の髪は青。48グループにおいてのみならず、アイドル界においてひときわ特異な存在として注目される奇才だ。危険なオーラを纏う彼女のパーソナリティを、生い立ちから紐解く2万字インタビューは必見だ。

     一方、裏表紙にはベイビーレイズJAPANの傳谷英里香が登場。ライブアイドルとして数多くの経験を積み、フェスを主催するまでのグループとなったベイビーレイズJAPANのリーダーを務める傳谷。彼女の生い立ちとともに、グループとしての野望までを語りつくした。

     このほかIdol StreetからはGEMの伊山摩穂とわーすたの廣川奈々聖、そしてBiSHからリンリンが登場するなど、メジャーとインディーズの垣根を越えて全12人のアイドルが集結。パーソナルなロングインタビューと撮り下ろしグラビアで掲載されている

    ■登場アイドル
    木下百花(NMB48)/傳谷英里香(ベイビーレイズJAPAN)/伊山摩穂(GEM)/滝口ひかり(drop)/リンリン(BiSH)/天照大桃子(バンドじゃないもん!)/廣川奈々聖(わーすた)/新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))/高嶋楓(PassCode)/井上唯(Maison book girl)/成海5才(ぜんぶ君のせいだ。)/神谷えりな(仮面女子)

    カテゴリー