RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】綾野剛主演「コウノドリ」第6話は11・0% 前回から0・4ポイント上昇

【俳優最新ニュース】20年ぶりテレビドラマ復帰!ジョージ・クルーニー「キャッチ=22」

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、1歳年下の義母・東尾理子に離婚相談していた「出てっちゃってさ~」

【俳優最新ニュース】<青天の霹靂>高さ2メートルのジャンボおにぎり作成

【俳優最新ニュース】「陸王」第5話は自己最高更新16・8%!“包囲網”かいくぐり大幅2・3Pアップ

【俳優最新ニュース】<山田ルイ53世>椎間板ヘルニア発覚 肥満×腰痛で「歩けなくなる可能性」も

【俳優最新ニュース】仮面ライダー俳優・松本享恭、映画初主演「闇金ぐれんたい」で新境地を開拓!

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、再婚について言及「結婚はしたい」 離婚原因となった“7つの掟”も「してほしい」

【俳優最新ニュース】ルーク12・6来日、SW最新作出演マーク・ハミル

【俳優最新ニュース】おばたのお兄さん“歌まね”初挑戦!小栗旬ネタは「首が大変」山崎夕貴アナ「気が気じゃ…」

【俳優最新ニュース】よく発言を“カット“される人気イケメン俳優「そういう運命なのかな」

【俳優最新ニュース】若手人気俳優オススメ!息抜きで見るべきアニメ映画

【俳優最新ニュース】『ブレードランナー』俳優、サンドラ・ブロックと共演へ

【俳優最新ニュース】「稲垣・草なぎ・香取 72時間テレビ」への笑福亭鶴瓶の豪華差し入れの裏側

【俳優最新ニュース】「グッド・ワイフ」女優が新ドラマ出演!

【俳優最新ニュース】NHK大河「築山殿事件」…信長怪演「海老蔵」トレンド1位に 海老蔵「何起こった?」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 休日に家族そろって近くの公園へ…次男が補助輪無しで自転車に

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) イ・ソンギュン「妻チョン・ヘジンにドラマ復帰を勧めた」

【俳優最新ニュース】V字回復に成功したハリウッドスター 3人

【俳優最新ニュース】「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    小林麻央さん、驚異的なブログ更新 詳細すぎる闘病記に込めた思い

     2016年9月1日のブログ開設以降、乳がん発見までの経緯を毎日のようにつづっているフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)。ブログは更新する度に反響を呼び、アメーバブログ(芸能人・有名人ブログ)では総合ランキング1位をキープしている。

     その内容は驚くほど詳細だ。ともすれば、諸々の記述から本人が明かしていない「ステージ」等を勘ぐられる可能性もあるが、麻央さんは精力的に自身の体験や心境をつづり、更新ペースを緩めない。

    ■「乳がん」に加え「脇のしこり」も公表

     病気について本格的に書き始めたのは9月7日のこと。以来、タイトルに番号をふりながら、これまでのことを振り返っている。がん発見までの経緯は次のとおりだ。

     2014年2月の人間ドックで左乳房に腫瘍が見つかったが、別の病院で受けた再検査では「癌を疑うようなものではない」と診断された。以降は忙しい日々を送り、念のために受けようと考えていた8月の半年後検査も受けられずじまいに。それから2か月後の14年10月、自己チェックでしこりを発見。すぐに生検を受けたところ、医師から「95%、癌です」と告げられた――。

     麻央さんはがんの進行度を表す「ステージ」こそ公表していないが、14日更新のブログでは、14年10月の検査時点で「脇のしこり」も見つかっていたことを告白。医師に転移の可能性を尋ねたことも明らかにしている。

     夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)は16年6月の会見で「進行性がん」「手術に向けて抗がん剤治療を続けている」などと説明しており、諸々の情報を統合すれば、ある程度の「見当」がついてしまいかねない。実際、ネット上には憶測に基づいた病状を「真実」らしく書き連ねたページも散見される。

     そもそも変えられないつらい過去を思い返す作業自体、相当な精神的負担を伴うことでもあるはずだ。「だんだん、おもちゃの音も、息子の声も、遠のいていきました」「れいか(編注:娘)とかんげん(同:息子)の顔が浮かび、我慢したけれど、ポタリと涙が流れた」といった記述は、スラスラ書けはしないだろう。それでも麻央さんは書くことをやめず、毎日少しずつ自身に起きた出来事を打ち明けている。

    1/2ページ

    幸せ絶頂の林家三平 不倫報道の橋之助にツマらないエール

    「夫婦円満とかけまして、立派なお刺し身と解く。ツマの力が大切です」

     15日に行われた「TSUTAYA限定“おうち☆クロックス”発売記念発表会」に登場した落語家の林家三平(45)。この日は、妊娠中の妻で女優の国分佐智子(39)の出産予定日が12月8日であることも明かし、ドヤ顔で冒頭のなぞかけを披露した。

    「襲名ってのは名前が襲ってくるんです。襲われないように自己管理しないといけない。うちの師匠のこん平や兄に教わった」とは、8代目中村芝翫の襲名を控えた歌舞伎俳優・中村橋之助(51)の不倫報道を受けての発言だ。2人は親交が深いそうで「ご家族で乗り切って欲しい」とエールを送り、報道陣から自身の身の上を心配されると、「一切ない」とキッパリ。

     そして、「財布もクレジットカードもすべてカミサンが持っている。財務大臣がカミサンだとそういうことが一切できない。へそくりもちゃんと渡してるので、へそくりにならない。お小遣い制度が安心ですね」と語った。

     つい3カ月ほど前には、同じ笑点メンバーの三遊亭円楽(66)が不倫釈明会見を開いたばかり。“女遊びは芸の肥やし”とは言い難い時代ではあるが、三平の尻に敷かれ具合はいくらなんでも情けなくないか。

     戯作者の松崎菊也氏はこう言う。

    「娯楽に乏しかった江戸時代の古典落語は、寄席に来た観衆に世の中に起こっている出来事を面白おかしく話したり、飲む打つ買うを題材としたフィクションを披露して楽しんでもらうものでした。それから時が経ち、現代社会は娯楽ツールの多様化が叫ばれるだけでなく、博打は犯罪、過度な女道楽は非難され、“王道”がネタにならない。まあ、時代といったらそれまでですが、いっそのこと三平には女遊びに代わり、それこそ今の時代を象徴する良き夫、良きパパ、家庭の幸せを肥やしに芸を極めていただきたい。ただ、私個人としてはそれだけではつまらないので、願わくば、疾風怒濤のごとく生きた先代の寄席を見習い、何かひとつでも突き抜けて欲しいところですが」

     イベント終了時、三平はノリノリでこんななぞかけも披露した。「お兄さんの今回の事件にかけまして、港区の慶応と解く。その心は三田を大事にしてください」

     人間性はともかく、落語家としては非常にツマらない男である。

    三田寛子 離婚は「ないです」

     歌舞伎俳優中村橋之助(51)の妻でタレントの三田寛子(50)が16日、都内の稽古場前で会見した。

    【写真】中村橋之助「時間忘れるほど叱られた」禁断愛を謝罪

     15日発売の「週刊文春」で夫の中村橋之助が京都の30代芸妓(げいぎ)Aさんと密会していると報じられた。掲載された事実関係の確認、男女の関係の有無を問われた橋之助は「不徳の致すところ」と否定しなかった。

     三田は雨の降る中、来月の中村の「中村芝翫」襲名の打ち合わせのため稽古場に姿を現すと、ビニール傘をさしながら「このたびは、多大なるご迷惑をお掛けしまして、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「これまで夫婦で支え合ってきましたが、私も主人も至らない点がありまして、深く深く反省しております。地に足をつけて頑張っていきたい」と話した。

     報道陣から中村の様子を質問されると「言葉少なに反省している様子です」とし、「これからが男としてのみせどころとして、中村芝翫を継ぐ人間として頑張ると申しております」と、説明した

     最後に「離婚は」という質問が飛ぶと「ないで~す」と明るく答えて約10分間の会見を終えた。

    引用:三田寛子 離婚は「ないです」

    • no comments

    鬼才マシュー・ボーンが振り付ける100年間のラブストーリー

    孤独な王子が男性ダンサー演じる妖しくも美しい白鳥と出会う『白鳥の湖』、大ヒット映画を大胆にバレエ化した『シザーハンズ』など、独創的な演出・振付と、美学に貫かれたセットや衣装で熱狂的なファンをもつマシュー・ボーン。今回の『眠れる森の美女』は、彼が手がけてきた『白鳥の湖』『くるみ割り人形』に続く“3大バレエ”の完結編。ボーン率いる〈ニュー・アドベンチャーズ〉が2012年にロンドンで初演して人気となった作品で、待望の来日公演を果たしている。

    ステージ写真、全13点

    古典バレエの大作として知られる『眠れる~』は、ダンサーたちの高度なテクニックが連続して披露される、バレエファンにはたまらない作品。だが場面展開がゆるやかなため、門外漢の目には少々退屈に映ってしまうのも事実だ。だがこのマシュー・ボーン版では、チャイコフスキーの音楽は存分に生かした上で、親しみやすいキャラクターとわかりやすくテンポのいいストーリーで展開。紗幕に「むかしむかしあるところに……」という文字が浮かんで始まる第1幕は、オーロラ姫の誕生を「1890年」に設定。赤ん坊のお祝いに妖精たちがやってくるのは古典バレエと同じだが、チュチュを着たリラの精ではなく、ゴシックテイストのダークな衣装に身を包んだ妖精の王・ライラック伯爵というのがボーンらしい。

    また「物語の最後でオーロラ姫と王子が初めて恋に落ちるのは、説得力に欠ける」(ボーン)ということで、オーロラ姫が二十歳を迎える第2幕「1911年」では、狩猟番の青年レオとすでに恋仲という設定に。自立心旺盛なオーロラと、彼女を100年愛し通すレオとのチャーミングなカップルが誕生した。一方、黒づくめの服に白いロングコートをなびかせて登場するカラボスの息子カラドックも、冷たい眼差しがなんとも魅惑的。『白鳥~』で王子を惑わすザ・ストレンジャー(黒鳥)しかり、芸術性とエンタメ性を融合させる心憎さは、ボーンの真骨頂だ。

    物語は、100年後にオーロラが目覚める第3幕「2011年」、クライマックスの第4幕「きのう」と進んでいく。オーロラとレオがどういう結末を迎えるかは……実際にその目で確かめてもらうとして。ボーンの作品を観るたびに思うのは、ダンサーが形作る舞台上の“絵”と西洋美術との共通点だ。眠るオーロラに覆いかぶさるカラドックは、多くの画家たちが描いてきた“美女と夢魔”のイメージ。また、共に背に羽根をもつカラドックとライラック伯爵の戦いの場面は、“サタンを退治する大天使ミカエル”のモチーフそのものだ。コマ送りのフィルムのように浮かび上がる美しい“絵”は、もちろんボーンの意図するところだろう。さまざまな見方で愉しめる舞台。だからこそ、彼の作品はこんなにも魅力的なのだ。

    マシュー・ボーンの『眠れる森の美女』は9月25日(日)まで、東京・東急シアターオーブにて。

    取材・文 佐藤さくら

    高知東生はシャブSEX断ちできるか 常に再犯リスク 執行猶予4年...

     覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の罪に問われ、東京地裁で知人のクラブホステス、五十川敦子被告(34)とともに懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた元俳優、高知東生被告(51)。法廷ではともにクスリの快楽に溺れたかつての愛人と目を合わせることはなかったが、再犯のリスクは残ったままだ。「シャブセックス」の誘惑を断ち切れるかが、更生の成否を分けそうだ。

     判決では、横浜市内のラブホテルで現行犯逮捕された際に2人が所持していた6グラムの覚醒剤量について指摘があった。

     この量は「200回分に及ぶ」(捜査関係者)とされ、裁判官は「常習性と依存性が高く、刑事責任は軽視できない」と厳しく指弾した。

     一方で、高知被告が初犯で、10代からの薬物使用を告白するなど、検察側の調べに協力的だったことや、上申書を提出した母親代わりの女性(72)の存在などが考慮され、実刑判決は回避した。法廷では共犯の五十川被告と一度も目を合わせずに、唇をかみながら退廷した高知被告だが、再起の道は険しい。

     関係者が危惧するのは、高知被告が一度覚えた「オンナとクスリ」の味を断ち切れるかどうか、だ。

     「法廷で更生を誓った五十川被告だが、クスリに繋がる人脈を持つ疑いがいまだにある。覚醒剤を摂取しながらのシャブセックスでは長時間行為に没頭できるようになるなど、セックス目的で使う乱用者は多い。禁断の快楽を知ってしまった高知被告には、常に再犯のリスクがつきまとう」(捜査関係者)

     禁欲生活に耐えられるか。

    乃木坂46メンバーがウシジマ初体験「まいやんの美しさを見るだけで...

     乃木坂46の秋元真夏、衛藤美彩、北野日奈子、斎藤飛鳥、高山一実、堀未央奈ら6人が、メンバーの白石麻衣の出演する映画『闇金ウシジマくん Part3』を一般女子と共に鑑賞する試写イベントを15日、東京・神楽座で開催した。

    【写真】「はじめて女子試写会」の模様

     9月22日の映画『闇金ウシジマくん Part3』公開に先駆け、ヒロイン・りな役として乃木坂46・白石麻衣が出演している縁もあり、同グループから“ウシジマ初体験”の6人、秋元真夏、衛藤美彩、北野日奈子、齋藤飛鳥、高山一実、堀未央奈が「はじめて女子試写会」を実施。同じくウシジマ初体験の一般女子とともに試写を鑑賞後、女子目線でのクロストークを行なった。

     齋藤は8月10日に18歳の誕生日を迎えたばかりとあって「18歳になって初めて観た映画がこの『闇金ウシジマくん Part3』です。とても刺激的で、“18歳になったゾ!”って気がしました(笑)」とハードな内容に見応えを感じた様子。高山は「現実にありえそうな部分に引き込まれました。以前テレビ番組で、カンニングの竹山さんが“闇金に借りたらヤバイ!”という話をされていて…そこにスポットをあてたら、こんなに面白い話になるんだ!と思いました」と感想を語った。

     メンバーの白石がヒロイン役で出演していることについて、衛藤は「撮影が昨年末で、紅白歌合戦のリハーサルをやっていたころだったと思います。撮影して戻ってきて…と大変そうだったなあと思い出しながら、観てました。あんな体当たり演技をするなんて、女優・白石麻衣は頑張ってました!」と仲間の熱演に想いを馳せ、北野は「まいやん(白石)はとにかく美人でした! 近くでいつも見ているけど、映像を通して見てもキレイで、自慢のメンバーです!」と誇らしげ。

     映画にちなんだ「大親友から“お金を貸して”と頼まれたら?」という質問には、各メンバーの個性が出た。高山は「親友ということで、何人か頭に浮かべている人たちがいるんですけど、その中に“お金を貸して”なんていう人はいないです。それを前提に考えると、それでも貸してほしいというぐらいだから、命にかかわることや親族に何かあって本当に大変なことが起きたんだろうと思うので、私は『貸します』!」とキッパリ。

     秋元は「貸したら返ってこない可能性を考えると思うんです。親友なら、返ってこなくてもいいと思えるので、『貸します』! 利子? カウカウファイナンスは10日で5割ですよね? 私はマカロンが好きなので、1万円につき1マカロンにします(笑)」と明るく答える。一人だけ『貸さない』と答えた齋藤は「むしろ貸すという発想がないんです。まだ10代だからかな。人間って、お金が絡むとロクなことないと思うので。親友との関係に、お金が絡んでグズグズになってしまうのは嫌なので、困ってるのは可哀想だけど、『貸さない』です!」としっかりした考えを披露した。

     最後に齋藤は、「はじめて女子試写会」にちなんで同世代の女性に向けて「タイトルを見ると若い女性はためらいそうですが、いろんな感情や、いろんなことが学べて、ためになる映画です。同世代の女性にぜひ観てほしいです。まいやんの美しさを見るだけでもアリだと思います(笑)!」とメッセージを送った。

     映画『闇金ウシジマくん Part3』は9月22日より全国ロードショー。なおヒロイン役を務めた白石麻衣のインタビューが、オーディション情報サイト『デビュー』で公開中。

    息子とキャバ通いも 中村橋之助に見る歌舞伎界の“女遊び”

    「私の不徳のいたすところ」――。

     10月に歌舞伎の大名跡である8代目中村芝翫を襲名する歌舞伎俳優の中村橋之助(51)が京都・先斗町の30代芸妓との不倫がバレて大騒ぎになっている。

    【写真】三田寛子が育て上げた3人の息子たち

     発売中の週刊文春が報じたもの。橋之助は14日夜、都内で記者会見を開いて弁明に追われた。冒頭で「私のことで日頃、お支えくださっている方々に多大なる迷惑をかけてしまい深くおわびを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。なお一層、これから始まる襲名に気を引き締めて精進したい」と頭を下げたが、芸能リポーターから「芸の肥やしなのか?」「いつから男女の仲なのか?」「離婚は?」と集中砲火を浴びてタジタジ。

     妻の三田寛子(50)からは「きつくきつく叱られました。時間を忘れるほど」怒られたそうで、「ただただ僕に責任がすべてあります」と平謝りだった。

    「橋之助はとにかく脇が甘い」と嘆息するのはさる松竹関係者だ。

    「“身内”だらけの祇園や先斗町ならまだしも、東京にまで彼女を呼んで個室ではない店で食事をしたり、一緒にホテルに入るとは週刊誌に撮ってくれといわんばかり。橋之助は跡継ぎの男児を3人も産んでくれた三田さんにはとにかく頭が上がらないだけに、家でもこっぴどく叱られたことでしょう」

    ■親子で仲良くキャバクラ通い

     今年の芸能界は“ゲス不倫”ネタ続きとはいえ、襲名披露直前のスキャンダルだけに、一部ではチケットの売れ行きへの影響を懸念する向きもある。だが、「犯罪を犯したわけじゃないし、それはぜんぜん関係ない。むしろ話題になっていいくらいでは」と、こともなげに語るのは別の関係者だ。こんなエピソードを明かす。

    「橋之助は長男と銀座のクラブやキャバクラにも一緒に通うほど親子仲は良好なんです。というと語弊がありますが、ようは歌舞伎役者が酒を飲んだり、女遊びをするのは本音の部分では“芸の肥やし”と思っているのです。自分もそうやって育ってきたし。でも、実はあるとき、息子とのキャバクラ通いが三田さんにバレてしまい、それこそ“きつくきつく”1時間以上もお説教をされたそうです。それでも通うのだから女好きは不治の病(笑い)。まあ、親子でキャバクラに行っていたのは故団十郎さんと海老蔵もそう。芸妓との不倫なんて梨園の伝統みたいなもの。口上のネタにされるくらいで、とがめる幹部なんていやしません」

     たしかに人間国宝の中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)は70歳の時に19歳の舞妓との密会どころかバスローブの前をはだけ、下半身が露出した写真をスクープされたこともある。故中村勘三郎の艶聞はいわずもがな、故坂東三津五郎、現役では海老蔵、愛之助しかり――。歌舞伎役者に貞操観念を求めるのは八百屋で魚のようである。

    ぱるる AKB48卒業を決心か

     AKB48島崎遥香(22)が、グループから卒業する意思を固めていることが15日、分かった。選抜総選挙でも常に上位に入るエースが、次のステップに進むための決断をしたようだ。この日は、46枚目のシングル(11月16日発売、タイトル未定)で島崎がセンターを務めることも発表され、同曲が最後のセンター曲になる可能性もありそうだ。

    【写真】ぱるるの首が…主演ドラマ怖すぎて地上波放送中止

     島崎はこの日、横浜アリーナで行われたAKB48のコンサートに出演。アンコールで、新曲のセンターに選ばれたことが発表された。心境を聞かれた島崎は「恐れ多いんですけどね。聞くところによると、アゲアゲソングと聞いています」とつぶやいた。HKT48指原莉乃(23)からは「こんなに本人はサゲサゲなのに!?」と突っ込まれると、「サゲサゲにならないように、アゲていこ!」と軽く力を込め、笑いを誘っていた。ほほえましいワンシーンだが、実は心の中では、卒業の意思を固めているようだ。

     日刊スポーツの取材では、この夏を終えて、親しい友人らに「AKB48を卒業する決心がついた」などと明かしているという。昨年の日本レコード大賞優秀作品賞シングル「僕たちは戦わない」でセンターを務め、「ぱるる」の愛称で知名度も高い、現エースの卒業は、大きな反響を呼びそうだ。

     実は、今月12日から放送されている「バイトル」の新CMが、意味深な内容となっていた。カフェ店員を演じる島崎が、後輩役のHKT48宮脇咲良(18)から「ぱるるさん、やめちゃうんですか?」と尋ねられ、すがすがしい笑顔で「ここでいろいろ経験して、やりたい夢が分かったの。だからやめるんじゃなくて、卒業だよ。次へ進むことに決めた」と答えている。すると、グループ総監督の横山由依(23)や渡辺麻友(22)指原らが「応援してるよ」。今の島崎の心境と現状をにおわす内容だった。

     このタイミングでソロセンターに選ばれたことも意味深だ。ここ3年の選抜総選挙の順位は7~9位を推移しており、人気は安定も、特別躍進したわけでもない。AKB48は意味のないセンター起用はしないだけに、島崎の卒業を裏付けていると言えそうだ。

     秋元康総合プロデューサーへの報告が済んでいるかは不明だが、AKB48恒例のサプライズな仕掛けもにおう。かつてNHK紅白歌合戦の生放送中に大島優子が卒業を発表。選抜総選挙で篠田麻里子や小嶋陽菜が卒業を表明した。島崎も、既に卒業へのプランが進行している可能性もある。

     以前から「夢は女優」と話しており、ドラマや映画の出演も増え、10月からはテレビ朝日系主演連続ドラマ「警視庁ナシゴレン課」もスタート。活躍の場を増やしている。今年6月の総選挙には「今年が最後」と言って出馬。ランクイン後のスピーチでは「正直、卒業も考えていました」と吐露していた。

    引用:ぱるる AKB48卒業を決心か

    • no comments

    はいだしょうこ作「ダリの肖像画」がダリ展に出品!?

    スペインの鬼才サルバドール・ダリの過去最大規模となる本格的な回顧展が7月・8月・9月の京都展に続き、9月14日に東京・国立新美術館で開幕した。

    【そのほかの画像はこちら】

    本展は、ガラ=サルバドール・ダリ財団(スペイン・フィゲラス)、サルバドール・ダリ美術館(米国・フロリダ州セント・ピーターズバーグ)、国立ソフィア王妃芸術センター(スペイン・マドリード)という世界の3つの主要なダリ・コレクションから招来される作品を中心に、国内所蔵の重要作品を加えて、約250点によって多面的なダリの世界を紹介する、日本では約10年ぶりとなる回顧展である。展覧会は油彩画のほかドローイング、オブジェ、ジュエリー、書籍など多岐に渡る作品で構成されている。ダリの様々なジャンルに対する才能は観るものを圧倒し、独特な世界にお誘いすること間違いない。

    また、本展の特設グッズショップ内にはダリ応援団に任命された歌手・タレントのはいだしょうこが描いた「ダリ肖像画」が展示されている。ダリ本人の写真にインスピレーションを受けて描いた肖像画がどんなものかは美術館でご確認あれ。

    ダリ展は12月12日(月)まで東京・国立新美術館にて開催。チケットは発売中。

    新世界で人気の串カツ「だるま」 二度漬け禁止やで 美優菜をデート...

     そろそろ暗くなるのも早くなってきましたね!前のコラムでお話しした、EXPO CITYの透明な観覧車に乗ってきましたよ。こわかったー!下がスケスケだとこんなに怖いんですね!すごーく高い場所まで行くんです!もちろん、万博公園の有名なシンボルとも2ショットがとれちゃいます。ぜひみなさんも乗ってみてほしいです。

     さてさて!今回は、大阪といえば「新世界」。天王寺駅から歩いていってみました。新世界までの道では、あべのハルカスがみえます。あべのハルカスの展望台に行ってから串カツをたべるのもいいですね!

     新世界は、串カツが有名なところ。新世界で人気の串カツ店「だるま」にいってきました。20分くらい並んでやっと食べられました。お餅や、トンカツ、かぼちゃなど、ガッツリ系からヘルシー系など、キャベツも食べ放題なので、もたれずにパクパクいけちゃいます。もちろん二度漬け禁止やで!!大阪ぽいですよね!並んででも食べてみてほしい味です。ぜひ行ってみてください。

    ■間美優菜(はざま・みゆな) モデル兼エステティシャン。1998年2月26日 東京都出身。163センチ。A型。14歳から芸能活動を始め、ウェブマガジンや広告、CMなどに出演。美容専門高校卒業後、2016年4月に株式会社セドナエンタープライズにエステティシャンとして入社。現在は大阪・梅田の脱毛ラボ店舗スタッフとして勤務。お客様と共に私自身も全身つるすべ肌を目指しているという。

    カテゴリー