RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<二宮和也>綾野剛と仲良しトーク 監督も「兄弟を超えた関係」と太鼓判

【俳優最新ニュース】塩見三省、4年ぶりに公の場 脳出血から復帰し『アウトレイジ』新作出演「最高の時間でした」

【俳優最新ニュース】山田孝之、短編「点」でタッグを組んだ「yonige」との次なるコラボは楽曲制作!?

【俳優最新ニュース】歌舞伎界の風雲児・市川猿之助が「LIFE!」登場に内村光良「思わず震えた!」

【俳優最新ニュース】ピーター、ミッツを“料理”「私が42歳のころはこんなに老けてなかった」

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみ&綾野剛“兄妹”謎ポーズとドヤ顔に反響

【俳優最新ニュース】小栗旬、長澤まさみらが「メチャメチャ緊張した」こととは? 主役級俳優たちの10代フレッシュ語録【ザテレビジョン35周年特集】

【俳優最新ニュース】乙葉、11年ぶり連ドラ出演「本当にタイムスリップしたよう」

【俳優最新ニュース】GACKTプロデュースのポーカー番組で、山田孝之と塚本高史が因縁のタイマン勝負。「どうしても倒したいやつがいる」

【俳優最新ニュース】ドイツで大ヒット! ほぼ全盲の青年の心震わす実話『5パーセントの奇跡』日本公開決定

【俳優最新ニュース】間宮祥太朗、マーメイドと禁断の恋!?「笑神様は突然に…」2時間SP

【俳優最新ニュース】向井理&国仲涼子夫妻に第2子!安定期に入ったばかり

【俳優最新ニュース】パスワードは顔に書いてある? iPhone Xの「顔認証」は、どこまで安全か

【俳優最新ニュース】松本潤、有村架純の生々しい“恋愛”を映し出した『ナラタージュ』行定勲監督インタビュー

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) 少女時代ユナ、ソ・イヒョンの娘と仲良くパチリ

【俳優最新ニュース】佐々木蔵之介、『コウノドリ』新シーズンでどう活躍する? 指導者としての演技への期待

【俳優最新ニュース】ブルース・リーからジャッキー・チェンまで! 香港映画のヒーローたちを紹介

【俳優最新ニュース】映画『キングスマン』最新作に学ぶ“スーツを着こなす方法”

【俳優最新ニュース】ブルゾンちえみと綾野剛が謎ポーズ 「鳥肌もんのかっこ良さ」

【俳優最新ニュース】ドラマ『セトウツミ』ビジュアル公開 高杉真宙&葉山奨之が原作そっくり制服姿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    【俳優】<早乙女太一>「ふたがしら」続編で新たなチャレンジ 撮影...

    <早乙女太一>「ふたがしら」続編で新たなチャレンジ 撮影秘話も

    「連続ドラマW ふたがしら2」に出演する早乙女太一さん

     俳優の早乙女太一さんが出演する時代劇ドラマ「連続ドラマW ふたがしら2」(WOWOW)が、17日にスタートする。今作は、昨年放送された「ふたがしら」の続編。「前作を引き継ぎつつ、役柄の関係性が変わったり、ドラマ的な要素も増えて、また違った作品のようになっています。僕自身、新たなチャレンジもたくさんできました」と充実感をにじませる続編の魅力や共演者との舞台裏を、早乙女さんに聞いた。

    【写真特集】早乙女太一がクール! ドラマの場面カットも

     ◇役柄にシンパシー「実生活とリンクする」

     「ふたがしら」は、オノ・ナツメさんのマンガが原作。江戸を舞台に、松山ケンイチさん演じる明るく豪快な盗賊・弁蔵と、早乙女太一さん演じる頭脳明晰(めいせき)でクールな相棒・宗次が、「脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく」をモットーに、巧妙な駆け引きやだまし合いで“つとめ”を遂行していく姿が描かれる。

     続編「ふたがしら2」は、前作で盗賊一味「赤目」を抜け、自分たちの一味「壱師」を築いて頭(かしら)となった弁蔵と宗次の、その後の物語。前作に引き続き、演出は「ジョーカー・ゲーム」などで知られる入江悠監督、脚本も「劇団☆新感線」の中島かずきさんが手がけている。

     「前作は、2人の若造がいきがって一味を飛び出して、旅に出て、自分たちの一味を作ったところで終わって。続編はそれから半年後の話になるんですが、前作と大きく違うのは背中に背負うものができたので、背伸びしている部分があったり、弁蔵と宗次の向き合い方や関係性にも変化が生じます」と今作について、早乙女さんは語る。

     自身が演じる宗次も、前作は「クールな色男」という側面が強かったが、「今回は子分もできて、胸を張っている部分があったり、逆にみんながいるからこそ肩の力が抜けたナチュラルな部分もあったり。前作ではあまり感情を出さなかったんですが、今回は割と感情が出るところもあるし、けっこう振り幅を大きくしたつもりでいます」と続編では変化をつけて演じたという。

    1/4ページ

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000027-mantan-ent

    • no comments

    【芸能】大作ミュージカルに挑むダイアモンド☆ユカイの心意気!

    大作ミュージカルに挑むダイアモンド☆ユカイの心意気!

    ダイアモンド☆ユカイ 撮影:森好弘

    1992年から日本の観客を魅了し続けている伝説のメガ・ミュージカル『ミス・サイゴン』。 今回、新演出版となった12年、14年の上演から2年ぶりに再登場する。ブロードウェイでは来年上演が決定、映画化も噂される、今、注目の舞台だ。

    ダイアモンド☆ユカイの画像

    物語の舞台は、ベトナム戦争で陥落間近のサイゴン。エンジニアの経営するキャバレーで知り合った、ベトナム人の少女・キムと米兵クリスの愛の始まりから、サイゴン陥落でのドラマチックな別離、そして戦後の運命的な再会へ。ベトナム戦争を背景に、国と国に引き裂かれた人々の愛と葛藤と悲劇を壮大なスケールで描く。

    今回のエンジニア役は、92年の日本初演から出演する“ミスター・サイゴン“こと市村正親と、前回も出演した駒田一、そして初参加するロック・ミュージシャンで俳優のダイアモンド☆ユカイのトリプルキャストだ。今回でエンジニア役を卒業する市村と同時に、ダイアモンド☆ユカイの初登板も大きな話題。自らオーディションに臨み、ミュージカルの超大作に挑戦することになった彼が来阪、会見でその意気込みを熱く語った。

    80年代、RED WARRIORSを率いてロックシーンで活躍、その後も歌手、俳優、最近ではバラエティにと活動の幅を広げている。「ミュージカルは憧れでしたが、別世界」と思っていた彼が、前回の『ミス・サイゴン』を観て「雷に打たれた」。

    「ベトナム戦争時代は、ロックが最も熱い時代でもありましたよね。作中の音楽は素晴らしくて、どれもすごい曲。戦争の中で打ちひしがれていく切ないストーリーと、音楽にどんどん引き込まれていって。その中でエンジニアという、一見とんでもないヤツの人生を観ているうちに、オレがここにいる、ダイアモンド☆ユカイそのものじゃないか、と。で、“アメリカン・ドリーム”を歌うシーンで、もう雷に打たれちゃって。今まで自分が30年間ロックをやってきて、表現したいことがこのミュージカルに詰まってる、歌いたい!と思ったんです」。が、できるのか?という葛藤を乗り越え「50才過ぎても挑戦する気持ちはロックだ!」とオーディションに挑戦、見事役を勝ち取った。「うれしいプラス、プレッシャーの固まりです。“ザ・エンジニア”の市村さんと、ベテランの駒田さん、その中でオレ。先輩ふたりと同じことはどう頑張ってもできない。ダイアモンド☆ユカイにしかできない何かで、思いっきり“アメリカン・ドリーム”を歌い倒したい。歌で表現できる喜びを感じながら『ミス・サイゴン』に賭けます」。

    超本気、だ。「これは自分の人生の中で一大転機。一期一会と思って、自分が出来るすべてのものをぶつけて行きたい。今見逃すと、ダイアモンド☆ユカイの“アメリカン・ドリーム”は観れないよ!」。各地の劇場で、きっと、これまでにない「ロックなエンジニア」に出会えるだろう。

    公演は、東京・帝国劇場にて10月19日(水)から11月23日(水・祝)まで(10月15日(土)からプレビュー公演あり)。その後、岩手、鹿児島、福岡、愛知、大阪でも上演。

    製作:東宝

    取材・文:高橋晴代

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000000-pia-ent

    • no comments

    【俳優】「真田丸」和歌山の自虐PR動画が話題 ご当地なのに認知度...

    「真田丸」和歌山の自虐PR動画が話題 ご当地なのに認知度が…有働アナが本音語り

    有働アナがナレーションを務めた「見やんと!真田丸」のオープニング。“芸は細かく”六文銭の文字が「和歌山」になっている(C)NHK和歌山放送局

     俳優・堺雅人(42)主演のNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)が、後半戦に入りますます盛り上がりを見せている。ドラマ関連のイベントやテレビ番組も人気だが、中でもNHK和歌山放送局の夕方のニュース「あすのWA!」(月~金曜後6・30)内コーナー「見やんと!真田丸」が注目を集めている。ご当地にも関わらず認知度が低いという和歌山の実態を逆手にとり、“和歌山の真田通”を自負する出演者の熱烈トークが面白い。ナレーションは本編と同じく有働由美子アナウンサー(47)が務める徹底ぶりだ。オリジナリティーあふれる企画はどのようにして誕生したのか。制作を担当する坪井健人ディレクターに聞いた。

    【写真】大坂の陣編はヒゲに泥 「真田丸」新ポスター

    ◆有働アナが“笑える”内容を重厚にナレーション

     「盛り上がる真田丸ブーム。その中、和歌山のファンは焦っていた。和歌山は信繁(幸村)が最も長く暮らした地。ところが多くの県民がそのことをいまだ知らない。見やんと!真田丸。その魅力をお伝えする」

     本編と変わらぬ有働アナの重厚なナレーションで番組はスタート。初めて見たときは、“なぜ自虐的なの?”と思わず噴き出してしまった。別のナレーションでは「ますます盛り上がる真田丸。しかし、和歌山のファンは焦っていた。展開が遅い。話をためすぎていないか。和歌山の部分が割愛されはしまいか。ともあれ、見やんと!真田丸。その魅力をお伝えする」と、主人公・信繁(堺)が蟄居する九度山の場面が描かれているのかと心配する。本音語りがいい。インターネットでは「こんな番組があったなんて知らなかった」「冒頭の有働ナレが笑えるんだけど」など好評だ。

    ◆旅行誌の真田特集で…200ページ中の和歌山4ページだけ

     企画の意図について坪井ディレクターは「徳川吉宗らと比べて和歌山で幸村(信繁)の認知度が高くなかった。ある旅行情報誌で『真田ゆかりの地』が特集されていたのですが、例えば100ページ、200ページある中で和歌山部分がたったの4ページ。しかもその中でも九度山は1ページだけ。残りは関係のない観光情報で、残り2ページは地図でした。これが実態なら『和歌山も盛り上がっています』と扱うのはどうかなと…。ならば本音に即した、実際の認知度は低いということを逆手に取ってみようと。本音の部分を表現したほうが(視聴者やネットユーザーに)響くのではと考えました」と説明する。

     全国区の人気を誇る有働アナが、企画の意図に賛同しオファーを快諾。「地方でも面白いものを作りたい!そんな私たちの思いを“意気に感じて”くれたのが嬉しかった」と感激する。

     出演者は和歌山で飲食店を経営する「源じろう」こと半田雅義氏と、サカメグの愛称で親しまれるフリーライターの坂口恵さん。坪井ディレクターは半田氏について「切り口が独特。『飲み会が勝敗の鍵を握る』と、関ヶ原の勝敗を徳川、石田両陣営が開いた酒席のムードから分析した」と紹介。坂口さんについても「生粋の歴女で真田マニア。信繁の祖母・とり役を務めた草笛光子さんが和歌山にイベントでいらっしゃったときに、サカメグさんが『今度生まれる子供の名前を信幸と信繁どちらにしようか悩んでいます。選んでください』とお願いしていました」と仰天秘話を披露した。

     回を重ねる度に反響が大きくなっていることに坪井ディレクターは「ローカルの1コーナーに、こんなに反応してもらえるのは嬉しいです」と喜ぶ。18日の第37話「信之」では、信繁と父・昌幸(草刈正雄)は蟄居を命じられ、最後の場面で真田家の九度山入りが描かれた。25日放送の第38話「昌幸」から九度山での日々が始まる。「お金や人が限られている地方の場で、知恵を駆使して戦うという真田信繁に共感する部分があります。『見やんと!真田丸』を見てクスリと笑って楽しんでもらえたらと思います」と番組への思いを口にした。12月の最終回前にはスペシャルを放送する予定。本編とともに注目だ。

    「見やんと!真田丸」http://www.nhk.or.jp/wakayama/sanadamaru/miyanto.html

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00000070-spnannex-ent

    • no comments

    【芸能】福山雅治も仰天 週刊誌デスクが明かす最新パパラッチ事情

    福山雅治も仰天 週刊誌デスクが明かす最新パパラッチ事情

    左から大根仁監督、滝藤賢一、二階堂ふみ、福山雅治、吉田羊、リリー・フランキー(C)日刊ゲンダイ

     キャスティングの妙とはこのことである。

     “芸能界で最も撮られない男”の異名を持つ福山雅治(47)が、中年パパラッチ役に扮した主演映画「SCOOP!」(10月1日公開、東宝系)。劇中で「俺たちがやってることはゴキブリ以下、ドブネズミ以下なんだよ」と吐き捨てるセリフが物語るように、かつては報道の第一線で活躍していた凄腕カメラマンから一転、芸能スキャンダル専門のパパラッチに成り下がった男を熱演。昨年11月にキャスティングが発表されてから注目を集めてきた一本だ。

     撮影に先立ち、リアリティーを重視する大根仁監督は、実際に写真週刊誌2誌「FRIDAY」と「FLASH」の張り込み班の尾行取材に同行。その際に撮影したというパパラッチの“虎の巻DVD”を見た福山は、「僕も職業柄、尾行されることがあるんですが、その資料を見ると、分かりづらく追いかけたりする緻密さがある一方で、大胆に接近したりもしていて、非常に興味深かったですね」と舌を巻いていた。

     副編集長役で名を連ねた吉田羊もその映像にはビビったようで、「こういうふうに後をつけるのかとしみじみ。こんな手の内を見せて大丈夫なのっていうDVDの内容だったので、戦慄が走りました」。日頃、追われる立場の人気役者2人が感心しきりとは、福山と新人記者(二階堂ふみ)がタッグを組み、不眠不休で夜の繁華街をパトロールする様子や犯罪すれすれの“盗撮テク”の数々もナットクである。だが、何事も日々進化するのがこの世の常。実際の現場では福山や吉田も仰天するこんなテクニックが投じられているという。

    ■ジャニーズがターゲットの場合

     某週刊誌デスクが匿名を条件に「吉田羊さんがこんなに手の内をさらして大丈夫なのか心配してましたが、もちろん、どこの週刊誌もお見せできるものしか見せていないはずですよ」と、業界の最新パパラッチ事情についてこう明かす。

    「人間は必ず油断する。ガチで狙われたら芸能人は逃げられないと思ったほうがいい。もちろん、マンションに不法侵入したりゴミや郵便物をあさったりとか法に触れる行為はやりませんが、法に触れなければどんなに顰蹙を買う行為でもやる。見習いの新人記者ならともかく、某誌には元探偵の記者もいますし、本気の尾行を巻くのは難しいでしょうね。張り込みもいかにも記者やカメラマン風のヤツはいません。少しだけ手の内を明かすと、ジャニーズとか若い世代がターゲットなら担当記者も金髪のギャルと短パンの若者コンビとか、その場にいても違和感のない人間が実は……というケースが多いとだけ言っておきましょう」

     別の週刊誌カメラマンはこう言う。

    「隠し撮りの技法は日進月歩。以前はカバンやたばこにカメラを仕込んだりしていましたが、今は意外にもスマホですよ。木の葉を隠すなら森の中というわけで、スマホが現場で一番違和感がない。そして本人を直撃する時はスチルカメラではなく、ムービー。画質が飛躍的に向上しているから動画を切り取っても誌面で使えるし、そのまま動画をネット配信することもできるからです。ドローンの活用はもう数年前から編集会議の議題になってましたね。ホントに使ってるか? それは言えません(笑い)」

     もちろん、ここで明かされた手法はホンの一部。各週刊誌にはそれぞれ門外不出の“お家芸”ともいえる取材方法があるというから、スネに傷ありの芸能人が聞いたら生きた心地がしないだろう。だが、それでも、「一番、多いのはライバルや事務所関係者から編集部へのタレコミです。たまに明らかに本人からの連絡もある(笑い)」(某誌副編集長)というから持ちつ持たれつの一面も。

     芸能人サンはご注意を!

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000011-nkgendai-ent

    • no comments

    【俳優】<忍者ボイメンくん>第2シーズンが10月スタート 水野&...

    <忍者ボイメンくん>第2シーズンが10月スタート 水野&小林「めちゃくちゃうれしい!」

    「忍者ボイメンくん2」に出演する「BOYS AND MEN」のメンバーと「ハマカーン」の浜谷健司さん=東海テレビ提供

     俳優の小林豊さんが所属する東海エリア発の男性10人組ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)のメンバーが忍者にふんして中部・北陸地方の魅力を発信するバラエティー番組「忍者ボイメンくん」の第2シーズン「忍者ボイメンくん2~昇龍道は忍者道具の宝庫でござる~」(東海テレビ)が10月から、東海エリアで放送されることが16日、明らかになった。

     番組は、駆け出しの忍者にふんしたメンバーが、東海・北陸の広域観光周遊ルートの一つ「昇龍道」の魅力を伝える内容で、2015年7月から全12回放送された。お笑いコンビ「ハマカーン」の浜谷健司さんが忍者マスターとして出演した。

     第2シーズンは、日本のものづくりに焦点を当て、メンバーが“忍者道具”として、有松絞や食品サンプルなど、伝統工芸を含むさまざまなものづくりに挑戦する。忍者マスターの浜谷さんも出演する。

     ボイメンのリーダー、水野勝さんと小林さんは、第2シーズンの放送を「めちゃくちゃうれしい!」と大喜び。小林さんは「番組が終わったときに、この番組をもう一回やりたいって強く言っていたから、言霊があるというか、気持ちが伝われば実現することがあるんだなとうれしく思っています」といい、水野さんは、浜谷さんとの共演を「いろんなお仕事がある中で、もう一回、(仕事で)会えるってなかなかない。それが実現したことがうれしい」とコメントしている。

     また浜谷さんも「以前、番組が終わったとき、みんなでお疲れさまって軽く飲み会をして、冗談で『もう一回、このメンバーで仕事したいですね。まあたぶん実現しないですけど』って言ったんです」と振り返り、「そしたら本当に、半年ぐらいたってシーズン2が始まる話がきたから……。なにかの縁ですよね」と喜んだ。

     番組は東海テレビで10月3日から第1、3月曜深夜0時35分。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000006-mantan-ent

    • no comments

    【俳優】市川海老蔵が人生を「いろいろと考えた」映画「ハドソン川の...

    市川海老蔵が人生を「いろいろと考えた」映画「ハドソン川の奇跡」

    トム・ハンクス(左)に名前入りちょうちんを手渡した市川海老蔵

     歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が15日、都内で行われた映画「ハドソン川の奇跡」(24日公開)に出演するトム・ハンクス(60)、アーロン・エッカート(48)の来日イベントに特別ゲストとして登場した。

     同作はクリント・イーストウッド(86)が監督で、09年に米ニューヨークで実際に起きた航空機事故からの生還劇を描く。トム演じるのは、155人の乗客を救いながら「容疑者」となったパイロット。海老蔵は、劇中のセリフを引用し「いま戦っている人に勇気になる映画。『四十数年飛んできたけど、最後の(不時着を決断するまでの)208秒で人生が変わってしまう』と言っていた。いろいろと考えた」と映画から感じたメッセージと魅力を語った。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000217-sph-ent

    • no comments

    【俳優】東啓介、舞台「弱虫ペダル」で初主演

    東啓介、舞台「弱虫ペダル」で初主演

    長身を活かし、今後も活躍の場を広げるという東啓介

    コミック累計発行部数が1500万部を超える、大人気自転車ロードレース漫画を原作とした舞台『弱虫ペダル』。2012年の初演からシリーズ8作品を重ね、今回9作目となる「箱根学園(ハコガク)新世代、始動」が9月から10月にかけて東京・大阪で上演される。本作で初めて主演をつとめる期待の若手俳優・東啓介に話を聞いた。

    大きすぎてセットの黒板から頭ひとつ飛び出す東

    デビュー作は2013年のミュージカル『テニスの王子様』。身長187cmのスラリとしたスタイルに端麗な容姿で目を引くが、元々は「テニスのインストラクターを目指していた」と語る。「小学校から高校までテニスをしてきたんですが、怪我をしてできなくなって・・・。で、何も目標が見つけられなかったときに、友だちが『別の場所でもテニスできるかもよ』って、オーディション雑誌を持ってきてくれて」とデビューのきっかけを振り返る。その後、舞台に立つうちに「時間を割いて来てくださる観客のみなさんに、元気や活力を与えたい」と、役者としての意識も高まってきたという。

    舞台『弱虫ペダル』へは、今年3月にシリーズ第8弾の「総北新世代、始動」で初出演。主人公・小野田坂道が在籍する総北高校のライバル校、箱根学園(ハコガク)のエース・葦木場拓斗役を東は演じ、今回はそのハコガクがフィーチャーされる。「稽古は1日9時間、走りっぱなし。(本物の)自転車には乗らずに、ハンドルだけ持ってマイムで見せる方法で、最初のころは相当苦労しました。脚本・演出の西田シャトナーさんに『君には何ひとつ情景が見えていない!』って言われたことも。お客さまの想像力で成立する作品なので、演じる僕らがしっかり見えていないといけない。そして必死に汗をかくことで、風を感じたり、山を登っている情景が浮かんでくる。そこが舞台ならではの面白さ」と話す。

    大阪公演は、10月7~10日に「オリックス劇場」(大阪市中央区)で。チケットは6,800円、ローソンチケットで販売中。

    取材・文/黒石悦子、撮影協力/梅田ジョイポリス

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00015481-lmaga-ent

    • no comments

    カテゴリー