RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】綾野剛主演「コウノドリ」第6話は11・0% 前回から0・4ポイント上昇

【俳優最新ニュース】20年ぶりテレビドラマ復帰!ジョージ・クルーニー「キャッチ=22」

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、1歳年下の義母・東尾理子に離婚相談していた「出てっちゃってさ~」

【俳優最新ニュース】<青天の霹靂>高さ2メートルのジャンボおにぎり作成

【俳優最新ニュース】「陸王」第5話は自己最高更新16・8%!“包囲網”かいくぐり大幅2・3Pアップ

【俳優最新ニュース】<山田ルイ53世>椎間板ヘルニア発覚 肥満×腰痛で「歩けなくなる可能性」も

【俳優最新ニュース】仮面ライダー俳優・松本享恭、映画初主演「闇金ぐれんたい」で新境地を開拓!

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、再婚について言及「結婚はしたい」 離婚原因となった“7つの掟”も「してほしい」

【俳優最新ニュース】ルーク12・6来日、SW最新作出演マーク・ハミル

【俳優最新ニュース】おばたのお兄さん“歌まね”初挑戦!小栗旬ネタは「首が大変」山崎夕貴アナ「気が気じゃ…」

【俳優最新ニュース】よく発言を“カット“される人気イケメン俳優「そういう運命なのかな」

【俳優最新ニュース】若手人気俳優オススメ!息抜きで見るべきアニメ映画

【俳優最新ニュース】『ブレードランナー』俳優、サンドラ・ブロックと共演へ

【俳優最新ニュース】「稲垣・草なぎ・香取 72時間テレビ」への笑福亭鶴瓶の豪華差し入れの裏側

【俳優最新ニュース】「グッド・ワイフ」女優が新ドラマ出演!

【俳優最新ニュース】NHK大河「築山殿事件」…信長怪演「海老蔵」トレンド1位に 海老蔵「何起こった?」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 休日に家族そろって近くの公園へ…次男が補助輪無しで自転車に

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) イ・ソンギュン「妻チョン・ヘジンにドラマ復帰を勧めた」

【俳優最新ニュース】V字回復に成功したハリウッドスター 3人

【俳優最新ニュース】「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    【俳優】吉沢亮 初主演映画公開に感無量「一歩踏み出せない人の力に...

    吉沢亮 初主演映画公開に感無量「一歩踏み出せない人の力になれば」

    映画「サマーソング」初日舞台あいさつを行った吉沢亮

     俳優の吉沢亮(22)が17日、初主演映画「サマーソング」(監督中前勇児)の初日舞台あいさつを、共演の浅香航大(24)、赤澤燈(26)らとともに東京・シネマート新宿で行った。

     吉沢は、立ち見の出るスタートに「ついに初日を迎えられ、ホッとしている。皆さんの目にどう映るのかすごく気になります」と感慨深げ。「友情をすごく熱く描いていて、普段生きていて意識していなくても、そういう愛があるんだとすごくあったかく感じることができます。あと一歩踏み出せない人の背中を押す力になれる作品になればうれしい」と話した。

     父親の死でサーフィンへの夢をあきらめかけていた青年が、友人たちの支えで新たな目標を見つけていく物語。ロケで借りた家のシーンでは、騒ぎすぎて大家からクレームが入ったこともあったそうで、「楽しいノリでやっていましたね」と照れ笑い。浅香は「亮は主演だから、意外にふかんしてちゃんとやっていましたよ」と“座長”を称えていた。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000110-spnannex-ent

    • no comments

    【俳優】東京ゲームショウ“乙女ゲー”体験ブース大盛況 憧れのオフ...

    東京ゲームショウ“乙女ゲー”体験ブース大盛況 憧れのオフィスラブに男性も女性もメロメロ

    憧れのオフィスラブのシチュエーションにドキドキ (C)oricon ME inc.

     『東京ゲームショウ2016』(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA)が15日、千葉・幕張メッセで開幕した(18日まで)。37の国と地域から過去最多となる614の企業と団体が出展。今年はVR(仮想現実)コーナーが初めて設置されるなど、国内外のゲームの最前線を思う存分に体験できるゲームショウとなっている。

    【別カット】来場者を誘惑するイケメンたち

     そんな中で今回、ORICON STYLEが注目したのは、近年、ゲームからのアニメ化作品の増加などで注目を集める女性向けの恋愛シミュレーションゲームを制作する企業が集結した「ロマンスゲームコーナー」。ただゲームをプレイするというのではなく、ゲームから飛び出してきたかのようなリアルイケメンたちとの“恋愛イベント”を楽しめる趣向を凝らした企画が目白押しとなっており、若い女性が長蛇の列をなしていた。

     たとえば、“オフィスラブ”をテーマにした『誘惑オフィスLOVER2~甘く危険なシンデレラストーリー~』などを展開するOKKO株式会社のブースでは、イケメンタレント演じる“上司”とのオフィスラブを疑似体験できる「オフィスラブ体験コーナー」を設置。深夜、主人公が残業していると、憧れの上司が戻ってきて、そこからドキドキの展開が……というシチュエーションで、あまりの距離の近さに、ビジネスデイに会場を訪れていた女性はもちろん、男性が体験し、思わずときめいてしまう光景も。

     会場を訪れていた海外のプレスからも注目を集める中、オリコンゲーム公式プレイヤーの中島由貴、広瀬のあも果敢に挑戦したが、深夜のオフィスでの胸キュンなシチュエーションに、思わず顔を真っ赤にして照れまくり。至近距離で顎をクイっとされる場面では、オフィスラブ体験の様子を見ていた人たちから「キャーッ!」と大きな歓声があがっていた。なお、上司役は15日~18日はモデル・松本克也、鳴海康人の2名が担当、さらに一般デイの17日、18日には『仮面ライダー剣』などで知られる俳優・椿隆之が加わる予定。

     『東京ゲームショウ2016』は、15日、16日の2日間はゲーム業界関係者、プレス向けのビジネスデイ、17日、18日は一般公開日として開催中。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000369-oric-ent

    • no comments

    【俳優】誤報が新たな事件を呼ぶ…報道の真実と闇を描く「造られた殺...

    誤報が新たな事件を呼ぶ…報道の真実と闇を描く「造られた殺人」予告編完成

    誤報を流したことで窮地に陥る 記者を描く「造られた殺人」

     [映画.com ニュース] 誤報を流した記者とスクープの拡大を狙う報道局、真実を求める刑事の思惑が入り乱れ、報道の真実と闇をスリリングに描き出す韓国製サスペンス「造られた殺人」の予告編がこのほど、完成した。

     連続殺人事件に関するスクープをつかんだ記者のホ・ムヒョクだったが、大々的に報道された後に、その情報が誤りだったことに気付く。スクープが誤報であることを知らない報道局の上司からは続報を迫られ、事件の捜査を担当する刑事からは疑いの目を向けられる。やがて、ムヒョクの誤報に基づいた殺人事件が実際に発生してしまう。

     予告編は、一世一代の大スクープが誤報だったということが明らかになり、天国から地獄へと転落する事態に直面したムヒョクが、様々な思惑や疑いの目にさらされ、翻弄(ほんろう)される姿を不気味な音楽とともに映し出している。疑惑の目を向ける刑事や続報でさらに騒がせようとする上司、そして「事件の真実を知っている」と揺さぶりをかける人物も出現。ムヒョクの誤報が世間を騒然とさせ、新たな殺人事件へと発展していくという、息をのむスリリングな展開を緊張感に溢れた映像で描いている。

     映画「建築学概論」や「王の涙 イ・サンの決断」など大ヒット作に多数出演する実力派俳優チョ・ジョンソクが、誤った情報提供をスクープ報道したことで窮地に陥る記者のムヒョクを熱演。記者として致命的なミスを犯したにもかかわらず、思わず味方をしたくなってしまう、ムヒョクの人間くささを体現している。11月19日から公開。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000016-eiga-movi

    • no comments

    【俳優】高畑裕太 即逮捕・即釈放の謎事件を生んだ群馬県警の責任

    高畑裕太 即逮捕・即釈放の謎事件を生んだ群馬県警の責任

    不起訴処分で釈放された高畑裕太

    「県警幹部は“こんなに早く示談するとは思わなかった。ハシゴを外された”と唇を噛んでいた」──そう話す捜査関係者の表情には落胆と疲労の色が滞っていた。

     俳優・高畑裕太(23)が群馬・前橋市内のホテルで40代の女性従業員に性的暴行を加えたとして強姦致傷容疑で逮捕されたのは8月23日。以降、留置されている前橋署には連日マスコミが詰めかけた。県警は逮捕発表以降、情報をほとんど明らかにしなかったため、全容が明らかになるのは法廷か──誰もがそう思っていた矢先、事態は急転した。

     逮捕から17日後の9月9日、被害者との示談が成立し、不起訴処分となって釈放されたのである。

     親告罪の強姦と異なり、強姦致傷は被害者の告訴なしで起訴できる。示談後の起訴もできるが、そうなると被害者の協力なしで裁判を争わなければならない。検察は公判を維持できないと判断し、不起訴としたとみられる。

    “逆転劇”はなぜ起こったのか。

     逮捕当初、高畑は「女性への欲求を抑えきれなかった」などと容疑を認め、犯行についても、高畑の求めで歯ブラシを部屋に届けに来た女性従業員の手首をつかみ部屋に連れ込んで暴行した、と報じられていた。

    「示談後に発表された高畑の弁護士の声明では、“歯ブラシを部屋に届けさせて暴行した事実はないと考えている”と報道を否定しています。高畑の供述に関する報道は、県警の発表によるものですが、当初から彼の供述には曖昧な部分もあった。県警は不確定情報を公表して、騒動に火をつけた可能性がある」(前出・捜査関係者)

     もう一つ気になるのが、県警に通報した“知人男性”の存在だ。女性従業員は午前2時から同2時半の間に高畑の部屋にいたとされる。知人男性が通報したのは同3時半頃。女性が部屋を出てからわずか1時間後だ。別の捜査関係者が言う。

    「事態を把握してから通報するまでの彼の行動はあまりに迅速だった。通報した時点で詳細まで押さえていて、周到ささえ感じられた。60代後半の彼は、地元では名が通っている人物で、県警もその存在を知っていたはず。もう少し逮捕や発表には慎重になっても良かったのではないか」

    1/2ページ

    【関連記事】

    引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00000001-pseven-ent

    • no comments

    【俳優】<草刈正雄>“人間くささ”が昌幸の魅力 “犬伏の別れ”の...

    <草刈正雄>“人間くささ”が昌幸の魅力 “犬伏の別れ”の舞台裏も

    NHK大河ドラマ「真田丸」に真田昌幸役で出演している草刈正雄さん=NHK提供

     俳優の堺雅人さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」で、主人公・真田信繁(堺さん)の父・昌幸を演じている草刈正雄さん。4日に放送された第35回「犬伏」では、真田家が敵味方に分かれることを決める物語の山場の一つ、“犬伏の別れ”で堺さんや信幸を演じる大泉洋さんらと笑いあり、涙ありの演技を見せ、11日放送の第36回「勝負」では戦上手ぶりを見せつけ健在をアピールした。だが、ラストでは天下分け目の「関ケ原の戦い」で西軍の敗北を知らされがく然とした表情を見せるなど、昌幸の物語は急速にクライマックスへと近づいている。1年近くにわたって昌幸を演じている草刈さんに、これまで演じた感想や、堺さんや大泉さんとの撮影エピソードなどを聞いた。

    【写真特集】「犬伏」の名シーンを振り返る これまでの注目シーンも…

     ◇三谷幸喜脚本に「裏切られた」

     「真田丸」は、真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁(堺さん)が主人公で、三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに脚本を手がけている大河ドラマ。戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。草刈さんは知略軍略にすぐれた破天荒な天才武将・昌幸を演じている。

     1年近く昌幸を演じている草刈さんにとって、1人の役を演じ続けているこの1年は、長かったのか、短かったのか。「両方、あるね」と草刈さんは感慨深げに振り返る。3月からはブログも始めた。「いろいろとみなさんからの意見が(コメント欄に)入っていて、うれしかった。励ましになりました」と笑顔を見せ、「ブログに『昌幸と草刈さん(の違いが)分からなくなりました』とかあって(笑い)」と満足げな表情を浮かべる。

     昌幸、信幸、信繁の3人が集まる最後の場面となった「犬伏の別れ」は、真田家が敵味方に分かれる決断をしたのち、3人が笑いながら会話をするシーンで終わった。インターネットでも感動的だと話題を集めたシーンだ。草刈さんは「三谷さんの脚本に完全に裏切られましたね」といい、「もっと感動で、泣きで、と思ったら、(3人の)大笑いで終わっちゃった(笑い)。面白かった。三谷さんらしいな、と。3人とも楽しんでやりましたね」と振り返る。

    1/2ページ

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000028-mantan-ent

    • no comments

    【俳優】濱田岳×西田敏行「釣りバカ日誌」が復活!ヒロインは広瀬ア...

    濱田岳×西田敏行「釣りバカ日誌」が復活!ヒロインは広瀬アリス

    ハマちゃん役の濱田岳(左)と、スーさん役の西田敏行

     俳優の濱田岳(28)、西田敏行(68)のコンビで、15年に放送されたテレビ東京系連続ドラマ「釣りバカ日誌」が、ドラマスペシャル「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助(仮)」(放送日未定)として復活することが17日、分かった。ヒロインの定食屋の看板娘・みち子さんは広瀬アリス(21)が務める。

     漫画が原作の「釣りバカ」は西田と三國連太郎さん(享年90)のコンビで人気を博した映画シリーズが有名。映画版で釣り好きの会社員・ハマちゃんを演じた西田が、ドラマ版では三國さんが務めた社長・スーさんを演じ、注目を集めた。

     今作の舞台は三重・伊勢志摩。鈴木建設入社から1年が過ぎ、ハマちゃんが出張先で騒動を巻き起こす。濱田は「キャストもスタッフもほぼ一緒のメンバーで臨めるのはうれしい」。撮影の真っただ中だが「いい意味でのバカバカしさを追求して原作、映画版に負けないほどの見応えある作品にできれば」と意気込んだ。

     頸椎(けいつい)亜脱臼などのため、6月まで療養していた西田は「入院中はケガのことを考えると撮影できるのか不安でした」と告白。「でも、ハマちゃんがお見舞いに来てくれた。元気をもらってね。撮影までに復活しなくちゃという気持ちになった。現場に立っていられるのがうれしいし、夢のよう」と話した。

     ◆釣りバカ日誌 やまさき十三作、北見けんいち画の漫画で、1979年から「ビッグコミックオリジナル」で連載中。仕事そっちのけで家族と釣りを愛する浜崎伝助(ハマちゃん)と、浜崎が勤める鈴木建設の鈴木一之助社長(スーさん)との友情を軸に、人々との悲喜こもごもを描く。会社での立場とは正反対に、釣りはハマちゃんが師匠、スーさんが弟子。映画はスペシャル等を含め22作が製作され、アニメ化もされている。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000039-sph-ent

    • no comments

    【俳優】浜崎あゆみ・10歳年下の米国人夫との離婚を表明

    浜崎あゆみ・10歳年下の米国人夫との離婚を表明

    写真:R25 浜崎あゆみ・10歳年下の米国人夫との離婚を表明 より

    ‘14年に10歳年下のアメリカ人男性と結婚した歌手・浜崎あゆみ(37)が9月11日(日)、公式ファンクラブサイトに異例の離婚表明をUPした。

    浜崎は’11年元日に自身のプロモーションビデオで共演したオーストリア国籍の俳優(36)との電撃婚を発表。’10年の年末に出演した『紅白歌合戦』で華麗なウエディングドレスを身にまとったことも話題になったが、わずか2カ月しか同居せず、約1年で離婚。しかし、この時は日本の区役所に婚姻届を提出していなかったため、戸籍上は未婚のままだった。

    現在の夫は結婚当初、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医学部に通う大学院生で、‘13年12月に婚約、翌年3月に婚姻届を提出した。その後、浜崎は活動の拠点をロサンゼルスに移していたが、昨年7月に再び日本へ戻ってきていた。ファンクラブサイトで浜崎は「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれ別の道へ進むことになりました。彼は彼の想う道を。私は私の想う道を」とコメントしている。

    スポーツ紙などによると離婚届はまだ提出しておらず、現在は別居中とのこと。マスコミにかぎつけられ騒がれるのを嫌い、異例ともいえる先手報告となったようだが、はたして本当に離婚するのか気になるところだ。

    (文/タカザワ紅緒)

    記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
    (R25編集部)

    ※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
    ※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

    【関連記事】

    引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00000008-rnijugo-life

    • no comments

    カテゴリー