RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】オスカー俳優ショーン・ペン、Huluテレビシリーズで主演

【俳優最新ニュース】船越英一郎 騒動後初の取材対応「悪いことが起きても感謝」

【俳優最新ニュース】Sexy Zone菊池風磨、ひとり芝居で新たなステージへ 『吾輩の部屋である』地味な役をどう演じる?

【俳優最新ニュース】【ツーリズムEXPO 2017】小池都知事と東幹久さんが登場。東京都が「Tokyo Tokyo Old meets New」をアピール

【俳優最新ニュース】船越英一郎、悟りの境地?騒動発覚後初の取材対応「ひどいことされても感謝」

【俳優最新ニュース】朝ドラ2度目の松坂桃李、大河への意欲「あります」

【俳優最新ニュース】黒木メイサ、産後復帰作で制服姿に「ビビッてません」ドラマ「オトナ高校」

【俳優最新ニュース】<松坂桃李>2度目の朝ドラ出演で“変化” 芸事特訓の苦労も

【俳優最新ニュース】リリー・フランキー「結婚は暗礁に乗り上げてきた」

【俳優最新ニュース】ヒストリーチャンネル「ヴァイキング」新シーズン放送前に第6シーズン決定

【俳優最新ニュース】シュワルツェネッガー「メッシはフットボール界のターミネーターだ」

【俳優最新ニュース】松居との離婚騒動渦中の船越「誹謗中傷受けても感謝に変えて」と心境

【俳優最新ニュース】ジョージ・クルーニー、ヒュー・ジャックマンも! 本当に人を救助したリアル・ヒーローなセレブ

【俳優最新ニュース】<田中麗奈>「仕事も家事も好き」好きなことを思い切りやって輝きたい

【俳優最新ニュース】杉浦太陽さんが中野特産のボタンコショウの収穫体験

【俳優最新ニュース】室田淳が大会連覇!後続に5打差をつける圧勝V

【俳優最新ニュース】伝説のマネジャーたちが語る「70年代のハチャメチャ芸能界」

【俳優最新ニュース】20歳下の一般女性と再婚した松尾スズキが語る「何で結婚するのか?」

【俳優最新ニュース】中国のネット刑事ドラマが熱い対決 — 加藤 隆則

【俳優最新ニュース】暴行した?「ザ・シューター」主演俳優、元恋人が訴える

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

    【芸能】宮藤官九郎のロックオペラで瑛太と増子がヤクザの兄弟に (...

    宮藤官九郎のロックオペラで瑛太と増子がヤクザの兄弟に

    (画像左から)増子直純、瑛太、宮藤官九郎 撮影:石阪大輔

    宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラシリーズ“大パルコ人”。2009年のメカロックオペラ『R2C2 (アールツーシーツー)~サイボーグなのでバンド辞めます!~』、2013年のバカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』に続いてついに第3弾が上演される。大パルコ人3ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』と題して贈るのは、瑛太と、ロックバンド「怒髪天」の増子直純がヤクザの兄弟となって描かれる物語。歌に乗せて、今度はどんなバカバカしさが繰り広げられるのか!?

    【そのほかの画像はこちら】

    瑛太と増子のキャスティングの理由を宮藤は、「前回の『高校中パニック!小激突!!』を観に来てくれたなかで、感じのいい、接しやすいふたりを選びました(笑)」と冗談めかして打ち明ける。だが、何が飛び出すかわからないこのシリーズ。確かに、どんなことにも応えてくれるという信頼が必要そうだ。実際、応える側になるふたりも、柔軟な構えを見せる。まず、舞台で歌を披露するのはこれが初めてという瑛太は、「今年の2月に、原田芳雄さんの追悼ライブで歌わせてもらったんですけど、手が震えて仕方ありませんでした。だから、不安はありますけど。楽器も弾くのかなと思うと大変ですけど。でも、練習をいっぱいしたいと思います」と前向きだ。片や、芝居の経験が少なくこれが初舞台となる増子。「今年50歳になったんだけど、50にして新しいことをやれるのが楽しみだよね。音楽は自分がやることが全部正解だけど、芝居は自分の解釈が正しいわけじゃないというのも面白い。『それ違うよ』って叱られたい(笑)」

    このふたりを真ん中に据えることで宮藤のなかに浮かんだのは、『ブルース・ブラザース』の世界。「めちゃくちゃなことをやるんですけど、ふたりはそれが正解だと信じて突き進み、周りが巻き込まれていく。そんなバカ兄弟にしたいなと思ったんです」。そこで生まれたのが、かつて“池袋のサンバイザー兄弟”と恐れられた伝説のヤクザの兄弟が、衰退した組を立て直すためにバンドを始めるという突拍子もない筋立てだ。「思い切りバカになりたいですね。普段できないことができるから僕はお芝居が好きなんです。だから思い切りはじけたいと思います」と瑛太が言えば、「バカバカしいことにお金と労力をかけられるのはそれこそステキなこと。無駄なものこそ芸術だからね」と、増子もバカに徹する覚悟はできている。そして、「音楽とお芝居が合わさってバカみたいでっていうものが、とにかく大好きなんです!」と宮藤。作り手自身が楽しいと思うものを自由に純粋に追求していく。そうして生まれるものが楽しくないわけがない。

    東京公演は11月13日(日)から12月4日(日)サンシャイン劇場にて。その後大阪、仙台を巡演。なお、チケットぴあでは、東京・大阪公演は9月15日(木)午前11時まで、仙台公演は9月21日(水)午前11時までそれぞれ先行抽選プレリザーブを受付中。

    取材・文:大内弓子

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000001-pia-ent

    • no comments

    【俳優】渡辺謙「ちょっと迷走した」低迷阪神へ思いあふれ…

    渡辺謙「ちょっと迷走した」低迷阪神へ思いあふれ…

    李相日監督(左)、宮崎あおい(右)と笑顔を見せる渡辺謙(撮影・松浦隆司)

     俳優渡辺謙(56)主演の映画「怒り」(李相日監督、17日公開)の取材会が15日、大阪市内で行われた。大の阪神ファンで知られる渡辺は、今季の阪神の戦いぶりに映画のタイトルにひっかけ「怒り?」の質問が飛ぶと「怒ってないです。みなさんは僕を怒らせようとする。言えないことを僕に代弁させようとして。金本監督も頑張っていますし、怒ってはないです。寂しいだけです」と笑顔で語った。

    【写真】甲子園で観戦する渡辺謙

     着席した渡辺は阪神の本拠地となる関西でのPR会見に「今日はあまり阪神の話をしないようにして1日を過ごしたい」と宣言。千葉の漁港で働く漁業組合の職員役を演じる渡辺は役作りの際、今の自分と向き合わなければいけない葛藤があったこと、親子を演じた女優宮崎あおい(30)との微妙な距離感などを話し、撮影では厳しいことで知られる李監督の要求に応えるためには「耐性」が必要だと力説した。

     一呼吸置いた渡辺に今シーズンの阪神を応援するにも「耐性」が必要だった? の質問が飛ぶと、渡辺は思いをぶちまけた。

     「ちょっと迷走しましたね。(金本監督の)1年目でスタッフ、選手もそうだった。僕はシーズン前に多くの課題も感じていた。どうして広島は外国人選手が活躍するのか。阪神には根本的な編成の問題があるのではないかと。僕みたいなアマチュアでも感じるわけですよ。もう少し、違う視点で全体を立て直さないと、近い将来に優勝はない。そんな気がします」。

     阪神は14日現在で借金18の5位。最下位中日とは0・5ゲーム差だ。低迷するトラへの思いは熱を帯び「補強の方向にも問題がある。やっぱり4番と抑え投手。それはキャンプのときからの課題だった。あ、すいません、なんで急に話がすらすらとなるのかな…、映画の話のときは口ごもっているのに…」と苦笑い。李監督からも「(話す)スピードが2倍になってますよ」と突っ込まれた。

     今回の作品は、吉田修一氏原作の人気ミステリーが映画化された。渡辺を含めNHK大河ドラマ主演経験者が4人出演するなど、日本を代表する豪華キャストが集結。国内のみならず、世界に向けて発信される。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000159-nksports-ent

    • no comments

    【俳優】<サワコの朝>コンプレックスはお金になる?! 片桐はいり...

    <サワコの朝>コンプレックスはお金になる?! 片桐はいりの俳優人生とは

    「サワコの朝」に登場する片桐はいり(右)

     トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、9月17日午前7時半~8時)のゲストは、俳優の片桐はいり。

    【番組の別カット】

     テレビデビューして32年。ユニークなキャラクターで唯一無二の個性派俳優としての地位を築き、NHKの朝ドラなどで強烈な存在感を放っている。個性的な役柄が多い片桐。「何を演じても片桐はいりだね」と言われもしたが、それでも飽きられずに独特のポジションを確立している。その秘訣を語る。

     ユニークな外見ゆえに子供時代は生き難かった。外見のことで突っ込まれ、からかわれ、自分の中ではコンプレックスだったと言う。その後、女子中学・高校に進学し、女の子だけの世界に進むが、やはりそこでも馴染めなかった。「今でも女優さんだけがいる控え室は怖くて入れない」と笑う。

     女子校時代、映画を見ること、映画館にいることで、唯一救われたという。大学では演劇部に入部。まじめな役でも舞台に出ただけで笑いを取るように。その後、明石家さんまとのCM共演で一躍お茶の間の人気者になった。その時、今までコンプレックスだったものが武器になり、「これはお金になると思った」と笑う。

     「記憶の中で今もきらめく1曲」は、「アルプスの少女ハイジ」の主題歌「おしえて」。「ハイジ」は「はいり」の名前の由来にもなった。この曲にまつわる思い出を語る。

     30代後半から約10年間、両親の介護を経験。2011年の1月に母が亡くなった直後に震災があり、呆然としているところをまた映画館が救ってくれたという。有名人になった今でも、地元の映画館でもぎりをしている片桐。もぎり続ける理由、映画と映画館への思いを語る。

    <プロフィル>片桐はいり(かたぎり・はいり) 1963年1月18日東京大田区・大森生まれ。1981年、成蹊大学文学部日本文学科に入学。1982年、劇団に入団。1985年、「ミスタードーナツ」のCMで有名に。2013年、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」出演。2016年、「とと姉ちゃん」出演。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000000-maiall-ent

    • no comments

    【俳優】A・ジョリー、B・ピットとの離婚申請 子ども6人の親権希望

    A・ジョリー、B・ピットとの離婚申請 子ども6人の親権希望

    米ハリウッドで行われた新作映画の上映会に登場したアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット(2015年11月5日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】米女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie、41)が、夫で俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt、52)との離婚を申請し、子ども6人の親権を求めていることが明らかになった。米芸能情報サイトTMZが20日、報じた。

    【写真特集】アンジーら美人セレブのビフォーアフター

     TMZによると、ジョリーは19日、「和解不可能な不和」を理由に離婚を申請。別居日は今月15日とされている。

    「ブランジェリーナ」として親しまれてきたハリウッドの大物カップルである2人は、2004年に交際を開始。2012年に婚約し、2014年8月にフランスで挙式した。

     TMZによれば、ジョリー側は離婚後の生活費を要求していないものの、養子3人を含む子ども6人全員の親権を希望し、ピットには面会権のみ与えられるよう求めている。【翻訳編集】 AFPBB News

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000000-jij_afp-ent

    • no comments

    【俳優】一緒に飲みたい20代俳優1位は『君の名は。』のあの人

    一緒に飲みたい20代俳優1位は『君の名は。』のあの人

    1位に輝いた神木隆之介。「真面目で誠実そうだから」(27歳)という声の一方、「闇があるのがいい」(24歳)など、多彩な役柄に挑戦する姿勢も人気の一因 ※画像はサイトのスクリーンショットです

    仕事帰りの居酒屋。サラリーマンが一杯やる相手といえば、同期や先輩・後輩…というのが普通だと思うが、もしその相手が、今を時めく若手俳優だったらどうだろう。どんな俳優とご一緒してみたいと思うのか。あくまで妄想とはわかったうえで、20~29歳の男性会社員200人に「一緒に飲みに行きたい20代の俳優」を聞いた。

    ■一緒に飲みに行ってみたい人20代俳優TOP10
    (1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ、協力/アイリサーチ)

    1位 神木隆之介 159pt
    2位 菅田将暉 105pt
    3位 山崎賢人 103pt
    4位 福士蒼汰 86pt
    5位 濱田岳 77pt
    6位 岡田将生 69pt
    7位 佐藤健 67pt
    8位 野村周平 59pt
    9位 染谷将太 57pt
    10位 溝端淳平 53pt

    ※番外
    11位 松坂桃李 46pt
    12位 三浦春馬 43pt

    1位に輝いたのは、現在大ヒット中の映画『君の名は。』で主人公・立花瀧の声を務める神木隆之介。子役時代から活躍している俳優だが、現在23歳と立派な成人。同世代のビジネスマンとしては、互いにお酒を飲める年になったことで盃を交わしてみたい…なんて思いがあるのだろうか。2位には今年最もブレイクを果たした若手俳優のひとりである菅田将暉がランクイン。それぞれ選んだ人物と酒席でどんなことを話したいのか。コメントを紹介しよう。

    【1位 神木隆之介(23歳)】
    「同い年なので話が合いそう」(22歳)
    「性格が合いそうなので」(26歳)
    「話が合いそうで楽しそう」(27歳)
    「ざっくばらんな話ができそうだから」(27歳)
    「明るく飲めそうだから」(29歳)
    「まじめさが伝わってくるので子役からの話など聞きたい」(29歳)

    【2位 菅田将暉(23歳)】
    「本音トークができそう」(24歳)
    「面白い感じがするから 」(26歳)
    「どんな会話をするか興味がある」(27歳)
    「性格良さそうで面白そう!」(27歳)
    「楽しい人かなと思うので」(29歳)

    【3位 山崎賢人(22歳)】
    「行きたい願望がある」(27歳)
    「イケメンが好き」(27歳)
    「落ち着いた感じで話せそう」(29歳)
    「いろんな方と共演してて尋ねてみたい 」(28歳)

    【4位 福士蒼汰(23歳)】
    「人生観について飲みながら語り合いたい」(26歳)
    「優しそうな感じがするから」(28歳)
    「話が盛り上がりそう」(28歳)
    「頭がよさそうなので、話が面白そう」(29歳)

    【5位 濱田岳(28歳)】
    「独特な雰囲気をいつもかもし出しているのでどんな人か知りたい」(25歳)
    「気さくに話ができそうだから」(26歳)
    「性格的にも盛り上げてくれそうだし、大人数での飲み会なら、いじられてもっと楽しくなりそうだから」(26歳)
    「人生経験が濃い感じがするから」(29歳)
    「一人でボケと突っ込みをして楽しませようとするイメージ」(29歳)

    【6位 岡田将生(27歳)】
    「映画の撮影について聞いてみたい」(26歳)
    「バラエティ等のイメージでは接しやすそうだから」(29歳)
    「飲んだら面白そう」(29歳)

    【7位 佐藤健(27歳)】
    「自分の愚痴を含め、自分がいいたいことをじっくりと聞いてくれそうだから」(27歳)
    「いろんな映画に出演していて、話が面白そうだから」(28歳)
    「人当たりがよさそうだし、るろうに剣心の撮影時の話を聞きたいから」(29歳)
    「知的。落ち着いた感じがある」(29歳)

    【8位 野村周平(22歳)】
    「同じ関西人同士ノリが合いそう」(26歳)
    「明るい性格でチャラいキャラだから」(29歳)
    「明るくてのりがよさそうで」(29歳)

    【9位 染谷将太(24歳)】
    「楽しそうだから」(28歳)
    「お酒が強そうなので」(29歳)

    【10位 溝端淳平(27歳)】
    「酒を飲んだら会話が弾みそうな感じ」(26歳)
    「フレンドリーそう」(29歳)
    「トークが面白そう」(29歳)

    もちろん映画やドラマ、バラエティー番組での印象から選んでいるのだが、「話が合いそう」「性格が合いそう」と分析しているところが面白い。単なる人気ランキングとは異なり、「親近感」ランキングになった印象だ。同じ20代とはいえ別世界に住む人たちではあるものの、いつか一緒に飲みに行けたら…いいなぁ。

    (小笠原敦)

    (R25編集部)

    ※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
    ※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

    【関連記事】

    引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00000003-rnijugo-life

    • no comments

    【俳優】J・ゴードン=レヴィット×オリバー・ストーン監督『スノー...

    J・ゴードン=レヴィット×オリバー・ストーン監督『スノーデン』公開決定

    アメリカ政府の陰謀を暴いた青年の映画『スノーデン』

     ハリウッドきっての社会派監督として知られる、オリバー・ストーンによる実話を元にした映画『スノーデン』の公開が決定。アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在を暴露した実在の人物エドワード・スノーデンを、『ダークナイト ライジング』『LOOPER/ルーパー』などで知られる俳優ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。

    【関連】「ジョセフ・ゴードン=レヴィット」フォトギャラリー

     映画『スノーデン』は、2013年6月にイギリスのガーディアン紙のスクープに端を発した実話である。NSA(米国国家安全保障局)の職員だったごく普通の青年エドワード・スノーデンが、キャリアを捨て、恋人との幸せな日常までを捨て、なぜ国家の重大機密を告発するまでに至ったか。告発から9年前にさかのぼり、国を愛する平凡な若者が、恐るべき現実に理想を打ち砕かれていった過程を映し出す。

     スノーデン役のジョセフ・ゴードンは、実際のスノーデン本人と見まがうほど瓜ふたつの風貌、声色、仕種をマスターしつつ、ナイーヴな青年の心の機微を見事に演じ切った。そして、スノーデンの恋人・リンゼイ役には、SFアクション映画『ダイバージェント』(14)などに出演したシャインリーン・ウッドリー、CIAの指導官役でニコラス・ケイジが出演するなど、名優たちが脇を固める。

     映画『スノーデン』は、2017年1月27日より全国ロードショー。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00045445-crankinn-movi

    • no comments

    【俳優】和田正人が赤堀雅秋の新作舞台に出演決定!

    和田正人が赤堀雅秋の新作舞台に出演決定!

    和田は「赤堀さんの演出を受けることは特別」と意気込む

    赤堀雅秋による2017年1月公演の舞台「世界」に、俳優の和田正人が出演することが決定した。

    本作品は劇作家・演出家の赤堀雅秋が「殺風景」(2014年)、「大逆走」(2015年)に続きシアターコクーンで手掛ける舞台3作目。すでに風間杜夫、大倉孝二、早乙女太一、広瀬アリス、青木さやか、福田転球、赤堀雅秋、梅沢昌代、鈴木砂羽らの出演が発表されており、和田の出演発表で全キャストが解禁されたことになる。

    新たなキャストとして決定した和田正人は、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の泉源太役で話題に。来年度の大河ドラマ「おんな城主 直虎」、日本テレビ系10月期ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、映画「14の夜」などの出演が続々と発表になっている。赤堀作品へは初出演、舞台への出演もこまつ座第108回公演「小林一茶」(2015年)での主演以来となる。

    【和田正人コメント】「覚悟が出来たかと言えば、まだかもしれない。不安があるかと言えば、それしかない。舞台「世界」に挑むこと、そして赤堀雅秋さんの演出を受けることは、特別な意味があることだと思っています。僕の中にしかない小さな世界。初日の舞台に立った時、ほんの少しだけ違う景色になってることを願いたいです」

    【関連記事】

    引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160916-00000038-the_tv-ent

    • no comments

    カテゴリー