RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】綾野剛主演「コウノドリ」第6話は11・0% 前回から0・4ポイント上昇

【俳優最新ニュース】20年ぶりテレビドラマ復帰!ジョージ・クルーニー「キャッチ=22」

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、1歳年下の義母・東尾理子に離婚相談していた「出てっちゃってさ~」

【俳優最新ニュース】<青天の霹靂>高さ2メートルのジャンボおにぎり作成

【俳優最新ニュース】「陸王」第5話は自己最高更新16・8%!“包囲網”かいくぐり大幅2・3Pアップ

【俳優最新ニュース】<山田ルイ53世>椎間板ヘルニア発覚 肥満×腰痛で「歩けなくなる可能性」も

【俳優最新ニュース】仮面ライダー俳優・松本享恭、映画初主演「闇金ぐれんたい」で新境地を開拓!

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、再婚について言及「結婚はしたい」 離婚原因となった“7つの掟”も「してほしい」

【俳優最新ニュース】ルーク12・6来日、SW最新作出演マーク・ハミル

【俳優最新ニュース】おばたのお兄さん“歌まね”初挑戦!小栗旬ネタは「首が大変」山崎夕貴アナ「気が気じゃ…」

【俳優最新ニュース】よく発言を“カット“される人気イケメン俳優「そういう運命なのかな」

【俳優最新ニュース】若手人気俳優オススメ!息抜きで見るべきアニメ映画

【俳優最新ニュース】『ブレードランナー』俳優、サンドラ・ブロックと共演へ

【俳優最新ニュース】「稲垣・草なぎ・香取 72時間テレビ」への笑福亭鶴瓶の豪華差し入れの裏側

【俳優最新ニュース】「グッド・ワイフ」女優が新ドラマ出演!

【俳優最新ニュース】NHK大河「築山殿事件」…信長怪演「海老蔵」トレンド1位に 海老蔵「何起こった?」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 休日に家族そろって近くの公園へ…次男が補助輪無しで自転車に

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) イ・ソンギュン「妻チョン・ヘジンにドラマ復帰を勧めた」

【俳優最新ニュース】V字回復に成功したハリウッドスター 3人

【俳優最新ニュース】「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

    【俳優】佐藤健 結婚は「30代のうちに」ウユニ塩湖挙式願望

    佐藤健 結婚は「30代のうちに」ウユニ塩湖挙式願望

    デビュー10周年記念写真展のオープン前に会場を訪れた佐藤健

     俳優の佐藤健(27)が17日、東京・新丸ビルで、デビュー10周年記念写真展初日の会見を行った。

     南米ボリビアのウユニ塩湖で撮り下ろした写真集「10(ten)」の未公開ショットなどを展示。「死ぬまでに行きたい場所第1位だった」とし、「あそこで結婚式をしたら凄い素敵だなと思います」と夢を膨らませた。だが「いつになるか…。30代のうちにできたらいいですね」と笑顔で付け加えた。23日まで新丸ビル、丸ビルで開催される。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000037-spnannex-ent

    • no comments

    【俳優】藤竜也 後悔したくない――だから本番行為も演じたし、毎晩...

    藤竜也 後悔したくない――だから本番行為も演じたし、毎晩妻と握手する

    優しい笑顔を見せる藤竜也

     来年デビュー55年を迎える俳優の藤竜也(75)。渋さと独特の色気が魅力で、若い頃は危険な香りを漂わせてアクション映画のヤクザ役などで活躍し、近年は家族から邪魔者にされる父親など実年齢と同年代の役どころも硬軟自在に演じている。元日活女優の芦川いづみさん(80)との結婚生活は48年。夫婦円満の秘けつも語った。

     白いシャツが映える日焼けした肌。「これね、ウオーキング焼け」と笑顔で種明かし。週に3、4日、通っている都内のスポーツクラブを起点に近くの公園を回って11キロほど歩くという。「真夏も平気で行くから、クラブの人たちに“どうぞご無事で”って送り出される。暴走老人と言われてます」と意気軒高だ。

     先月27日に75歳の誕生日を迎えた。ジーンズをはきこなすダンディーさから年齢は感じさせないが、「老いは毎日感じます。当たり前だけど、残されてる時間が若者よりずっと短くて、指で数えられるほど。一日一日を大事にしないと」としみじみ。

     映画でも近年は老いに直面する役が増えた。昨年は「龍三と七人の子分たち」で、オレオレ詐欺に引っかかり世直しに立ち上がる元ヤクザの組長を演じた。10月8日公開の「お父さんと伊藤さん」では、息子夫婦の家を追い出され、20歳上の恋人(リリー・フランキー)と同棲している娘(上野樹里)の家に転がり込む父親役。元教師で頑固者だが、行き場をなくした父親の悲哀を体現している。「役と同い年だし、老人になるとああいうシチュエーションになる人も少なくない。痛みやわびしさ、悲しさは老いと共にみんなが持っているものだから、凄く想像しやすい」

     撮影前には、演じた役の出身地として描かれている長野県を泊まりがけで訪問。小学校を訪れ、昔の校舎の写真を見せてもらうなどした。「彼のふるさとで青年時代までをたどってみたんです。どんな景色を見て、どんなものが目に映ったのかを見たくて」と役作りに余念がない。

     どの作品でも、できる限り役に関連する場所を訪れる。「どの程度効果があるのかは自分でも分からないけど、できるだけのことをやっておくと安心だからね」

     横浜で育ち、少年時代は船乗りに憧れていた。大学在学中、当時の恋人と銀座で待ち合わせしていた時にスカウトされ日活に入社。「将来何をやるか全然考えてなかった。ぼけっとした青年が五十数年も俳優で食ってるんだから、本当にありがたい奇跡です」

     代表作の「愛のコリーダ」が公開されたのは、ちょうど40年前。大島渚監督が戦前の猟奇事件を題材に男女の究極の愛欲を描き、世界的に高い評価を受けた傑作。一方、大胆な性描写が「芸術かわいせつか」を巡る裁判闘争に発展した。

     「台本を読んだ時に凄くいいラブストーリーだと思ったの。セックスシーンがずっとあるのにピュアな男と女の情愛を感じて、大島さんのユニークな切り口やチャレンジ精神にこれはやるべきだと思った。後に起こりうる社会的な反響にビビって断ったら、一生後悔すると思ったんです」

     波紋は大きく、2年間仕事を干されたが「毀誉褒貶(きよほうへん)のある作品だし、俗に言う“本番”をやったというレッテルを僕には貼られてるだろうけど、何の後悔もない」と言い切る。俳優としての転換点となり「俳優は基本的に自分の肉体を使って人間やキャラクターを表現するけど、普通、自分のお○んちんまでは使わないよね。そこまで見せちゃったっていう開き直りもある。もう怖いものはねえやって」と笑った。

     私生活では1968年、日活の看板女優だった芦川さんと結婚。人気絶頂の芦川さんが結婚を機に女優業を引退したのも大きな話題になった。これまで陶芸など同じ趣味に取り組み、夫婦仲は円満で、その秘けつは「やっぱり好きだっていうこと。向こうが俺を好きかどうかは知らないけど」と直球だ。

     妻への愛情表現は「アイラブユーって言うのは簡単だけど、日本語だとなかなかね」と照れながら、「半年以上前から、寝る前に握手するようになりました。明日の朝無事に2人とも起きてこられるか分からないから、一日が終わって握手しておけば、いつ起きてこなくても“しておいてよかった”と思える」と明かした。金婚式目前だが「家内にはモテてると信じたい」と語る顔はチャーミングで、ピュアな思いが伝わってきた。

     ◆藤 竜也(ふじ・たつや) 本名伊藤龍也。1941年(昭16)8月27日、中国・北京生まれ、横浜育ちの75歳。日大芸術学部演劇学科在学中にスカウトされ日活に入社。1962年に映画「望郷の海」でデビュー。「野良猫ロック」シリーズなどアクション俳優として活躍し、73年のTBSドラマ「時間ですよ」では謎の男を演じお茶の間でも人気。その他の出演作は映画「アカルイミライ」、テレビ朝日「はじめまして、愛しています。」など。1メートル73、63キロ。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000093-spnannex-ent

    • no comments

    【俳優】俳優ジム・キャリー、元恋人の死亡めぐり夫が提訴

    俳優ジム・キャリー、元恋人の死亡めぐり夫が提訴

    9月19日、昨年9月に俳優ジム・キャリーさん(左)の元恋人の女性が死亡したのはキャリーさんが違法に薬物を提供したのが原因だとして、女性の元夫がロサンゼルス郡地裁に提訴した。ニューヨークで5月撮影(2016年 ロイター/LUCAS JACKSON)

    [ロサンゼルス 19日 ロイター] – 昨年9月に俳優ジム・キャリーさん(54)の元恋人の女性が死亡したのはキャリーさんが違法に薬物を提供したのが原因だとして、女性の元夫が19日、ロサンゼルス郡地裁に提訴した。

    キャリーさんを訴えたのは、元恋人カトリオーナ・ホワイトさんの夫だったマーク・バートンさん。それによると、キャリーさんはホワイトさんに「うつの傾向や自殺を試みた過去があること」を知りながら違法に入手した処方薬を与え、それが死亡につながったと主張している。

    アイルランド出身のメーキャップアーティストで当時30歳だったホワイトさんは昨年9月、米カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死亡しているのが発見された。薬の過剰摂取による自殺とみられている。

    一方、キャリーさんは「私や私の愛した女性を利用して利益を得ようとする心ない試みは許されない。カトリオーナの問題は私が彼女に出会うかなり前からのもので、彼女の悲劇的な最期は残念ながら誰にもどうすることもできなかった」との声明を発表した。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000059-reut-ent

    • no comments

    【俳優】マット・デイモン、米エミー賞にサプライズ登場! 司会者を...

    マット・デイモン、米エミー賞にサプライズ登場! 司会者をイジり会場爆笑

    マット・デイモン(右)、受賞を逃した司会者をイジり会場は爆笑

     俳優のマット・デイモンが、現地時間18日にロサンゼルスで開催されたエミー賞授賞式に登場。同授賞式で司会を務めたジミー・キンメルは、自身のトーク番組がノミネートされていたが惜しくも受賞を逃してしまい、マットはそのことをイジるような“コント(?)”を披露し、会場の笑いを誘った。

    【関連】写真でみる「第68回エミー賞」ノミネート&結果発表<フォト集>

     マットは、過去に何度かジミー司会のトーク番組『Jimmy Kimmel Live!(原題)』に出演するも、ジミーからイジられるなど2人の間に確執かあるかのような”コント(?)”を披露しコミカルな姿を見せてきた。

     今回の授賞式では、アウトスタンディング・バラエティ・トーク・シリーズにノジミーの番組がミネートされていた。しかし、栄冠に輝いたのは、ジョン・オリヴァーが司会を務める『Last Week Tonight with John Oliver(原題)』。

     ジミーが受賞を逃し失意に沈む中エミー賞の司会を続けていると、リンゴを食べながら突然ステージに登場したマットは、「落ち着けよ。さっきのカテゴリーの発表をに逃しちまったんだ。お前、受賞したのかよ?」とさりげなく質問。観客だけでなく、ローレンス・フィッシュバーンら会場に集まったスターも大爆笑する中、ジミーは「いや、逃しちゃったよ」と回答する。

     続けてマットが、「そういうことか。お前、落ち込んでるもんな」と付け加えると、ジミーは「ああ、ちょっとばかし残念だよ」とマットがジミーをイジり続け、会場は大いに盛り上がった。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00045530-crankinn-ent

    • no comments

    【俳優】宮崎あおい、“父”渡辺謙に瞳潤ませ感謝「居場所を作ってく...

    宮崎あおい、“父”渡辺謙に瞳潤ませ感謝「居場所を作ってくれた」

    瞳を潤ませながら撮影時や“父“渡辺謙への思いを語った宮崎あおい (C)ORICON NewS inc.

     俳優の渡辺謙(56)、女優の宮崎あおい(30)らが17日、都内で行われた映画『怒り』の初日舞台あいさつに出席。渡辺と父娘を演じた宮崎は「きょうから映画が始まっていくのですごくうれしいんですけど、あしたから父ちゃんと会えなくなると思うと、すごく寂しくて…」と名残惜しそうに話した。

    【イベント写真】鏡開きでヒット祈願

     撮影時を回顧し、少し瞳を潤ませた宮崎は「現場でもすごく支えてくれて、自分の居場所を作ってくれた」と感謝。ほほ笑みながら耳を傾けていた渡辺も「彼女の思いや覚悟を言わずとも感じていた。俳優同士としても先輩としてもきちんといろんなことでサポートしなきゃと思っていた」と感慨深げに振り返った。

     会場からも温かい拍手が送られ、少し湿っぽくなった雰囲気を察したのか、渡辺は「でも連絡してくださいね」と明るく切り返し「撮影もプロモーションも楽しい時間を過ごさせていただきました」と笑顔を浮かべていた。

     同作はSNSやモバイルの発達によって、家族や友人、愛する人にさえも簡単に疑いの目を向けてしまう不信の時代に、ひとつの殺人事件をきっかけとして“信じること”という根源的な問いかけを投げかける群像ミステリー。

     舞台あいさつにはそのほか、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、妻夫木聡、李相日監督が出席。イベントの締めとして鏡開きを行い、作品のヒットを祈願した。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000309-oric-ent

    • no comments

    【俳優】山田優&小栗旬夫妻に第2子 既に安定期、来年2~3月に出...

    山田優&小栗旬夫妻に第2子 既に安定期、来年2~3月に出産へ

    第2子を妊娠していることが分かった山田優(左)と夫の小栗旬

     俳優の小栗旬(33)の妻でモデルの山田優(32)が第2子を妊娠していることが16日、分かった。周囲の親しい知人には既に安定期に入ったことを報告しており、現在妊娠4~5カ月で来年2~3月に出産するとみられる。

    【写真】第1子妊娠中、大きくなったお腹を愛おしそうに抱える山田優

     山田は「健康で元気に無事に生まれてきてくれることをただただ祈ります。この先もまだ何が起こるか分からないので、そっと見守っていただけると幸いです」としている。今後は時期を見て産休に入る。

     2012年3月に結婚。当初から「子供は最低3人欲しい」と願うなど、子だくさん家庭を希望してきた。それだけに新たなオメデタに夫妻そろって大喜びしているという。

     一昨年9月に第1子となる長女が誕生。出産2カ月後にファッション誌のインタビューに応じた山田は「(赤ちゃんが)日々、いろいろなことができるようになったり、表情豊かに笑うようになったり。その姿を見ると“ああ、幸せだなあ”と思いますね。この子がいれば生きていける!って」とママとしての幸せをかみしめていた。一方、小栗も主演ドラマの会見の席で祝福された際に「本当にうれしいです。生まれてきてくれた我が子はめちゃめちゃかわいい。この子のために頑張らないと、と思いました」と幸せいっぱいのパパの顔を見せていた。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000136-spnannex-ent

    • no comments

    【俳優】三田寛子、離婚「ないです」…夫・橋之助の不倫騒動謝罪

    三田寛子、離婚「ないです」…夫・橋之助の不倫騒動謝罪

    夫・中村橋之助の不倫報道を受け、会見する三田寛子

     女優の三田寛子(50)が16日、都内で取材に応じ、夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫騒動について謝罪した。成駒屋の大名跡である8代目・中村芝翫(しかん)襲名を10月に控えた重要な時期のスキャンダルにも、離婚の可能性は「ないです」とキッパリ否定。梨園の妻として、毅然(きぜん)とした態度で「ここからが彼の男としての見せどころ」と襲名の成功を誓った。

     「不徳のいたすところ」を連発した夫の謝罪会見から2日。雨の中、三田は稽古場の玄関前で約6分間、50人ほどの報道陣に対応した。「主人も私も至らぬ点が多々ございまして、芸事以外のことでお騒がせして、深く夫婦で反省しております」と自身の責任も含めて謝罪した。

     報道後、姿を見せたのは初めて。関係者からは「大きなショックを受けている」と伝えられていたが、「私はこの通りいつもと変わらず元気です」と笑顔も見せた。矢継ぎ早の質問にも丁寧に応対し、「『雨降って地固まる』と言っていただけるように、家族5人で、明るく元気で笑顔の絶えない家庭を築き、一生懸命頑張ります」と努めて前向きに語った。最後に離婚の可能性を聞かれると、「ないです」と明るい声で断言した。

     橋之助の芝翫襲名だけでなく、長男の国生(20)が4代目・中村橋之助、次男の宗生(18)が3代目・中村福之助、三男の宜生(よしお、15)が4代目・中村歌之助を継ぎ、史上初の親子4人同時襲名となる。ただでさえ、歌舞伎界にとって襲名は一大事業。それが4人分ともなると裏方全般を取り仕切る妻の苦労は計り知れない。さらに予想外の不祥事にも見舞われ、関係各所へ謝罪に回ったが、一切弱音は吐かなかった。

     時折、アイドル時代と変わらない笑顔で冗談を交え、雰囲気を和ませる場面も。橋之助の近況について「言葉少なく反省している様子です。何の言い訳もないと思います」。夫婦間のわだかまりは解決したようで「ここからが彼の人として、男としての見せどころだと思います」と尻をたたいた。

     友人の薬丸裕英(50)に「いつからこんなできる女になったんだ」と絶賛されるなど報道後の対応が好評だが、「とんでもない。支えてくださる皆さんのおかげです」と感謝も忘れなかった。気持ちを切り替え、襲名の成功に向けて全力を尽くす。

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000263-sph-ent

    • no comments

    カテゴリー