RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】綾野剛 21歳の時ヒッチハイクで上京 食事はもやしだけ 小栗旬もびっくり

【俳優最新ニュース】幻のオープニング!? 『リメンバー・ミー』未公開シーン到着

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) ユン・ヘジン、久々に夫オム・テウンの近況を公開

【俳優最新ニュース】<トム・クルーズ>「M:I」最新作来日会見 「人生を映画作りにささげている」 

【俳優最新ニュース】はましゃか、初の“おけい婚活”潜入コラム!!

【俳優最新ニュース】<福井空襲>「理不尽な戦争を後世に」映画監督が小説執筆

【俳優最新ニュース】トム・クルーズ来日、ファンに“神対応”で話題 約1000人から大歓声

【俳優最新ニュース】大杉漣さん、サッカーチームが作った “追悼Tシャツ” に込められた思い

【俳優最新ニュース】サッカー本田選手が企業投資

【俳優最新ニュース】絶体絶命の実話を描く「サバイバル映画」名作まとめ

【俳優最新ニュース】大島渚監督が認めた輝きをもう一度…19年ぶりに会った武田真治に思わず言ってしまった言葉

【俳優最新ニュース】SKE48大場美奈・野間口徹の掛け合い漫才「コント女優として大成を」

【俳優最新ニュース】【インタビュー】福士蒼汰、杉咲花が語る「BLEACH」実写化への意気込み、そして覚悟/映画『BLEACH』

【俳優最新ニュース】サッカー本田選手が企業投資=米俳優ウィル・スミス氏と

【俳優最新ニュース】本田圭佑、ウィル・スミスと組んでベンチャーファンド設立に「困難に向かって新しい挑戦をします」

【俳優最新ニュース】田中圭、デキる上司役に「安定のカッコ良さ」『健康で文化的な‐』初回

【俳優最新ニュース】ジョージ・クルーニー氏、最も高収の俳優に=米フォーブス誌

【俳優最新ニュース】『JUNON』9月号にジェジュン再登場! 稲垣吾郎、窪田正孝、杉野遥亮らの美麗グラビア&インタビューも

【俳優最新ニュース】小泉孝太郎主演「警視庁ゼロ係」のポスタービジュアル解禁 テレ東らしい“珍広告”も

【俳優最新ニュース】J・デップ資産管理巡り争った元マネジャーと和解 

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    高島&高畑出演ドラマ そもそも設定と内容に無理があった

    2016年08月31日 15:58 未分類

    【連載コラム TV見るべきものは!!】

     先週、高島礼子主演の「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系)が6話目で終了した。視聴率の低迷による打ち切りといわれるが、高畑淳子の息子が婦女暴行の容疑で逮捕されたことで、二重に悲愴感が漂う。

     主演女優の夫の逮捕で始まり、メーンキャストの息子の逮捕で終わるという前代未聞のドラマとなった。

    「特捜最前線」といえば、1977年から10年も続いた人気刑事ドラマだ。ボスは二谷英明。部下の西田敏行や藤岡弘(当時)たちが犯人を追って東京の街を駆け回っていた。その栄光のタイトルを復活させた「女たちの……」だが、出演者の身内のリアル逮捕以前に、設定と内容には無理があった。

     京都中央警察署に勤務する3人の女性が活躍するわけだが、高島礼子は総務課、宮崎美子が広報課、そして高畑淳子に至っては食堂のおばちゃんである。誰もまともな捜査などできないのだ。

     高島は署内をうろうろし、のぞき見をしたり、盗み聞きをしたりの情報収集。あとは宮崎や高畑と食堂の片隅で捜査会議ならぬ井戸端会議ばかりしている。最終回では、渡辺いっけい演じる刑事課課長が食堂のテーブルに盗聴器を仕掛け、彼女たちの話を聞いていたことが判明した。そんなのありか! と苦笑いだ。

     異色の刑事ドラマを狙うあまり、刑事ドラマとして成立していない珍品と化した本作に、合掌。
    (上智大学教授・碓井広義=メディア論)

    引用:高島&高畑出演ドラマ そもそも設定と内容に無理があった


    コメント

    カテゴリー