RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】『JUNON』9月号にジェジュン再登場! 稲垣吾郎、窪田正孝、杉野遥亮らの美麗グラビア&インタビューも

【俳優最新ニュース】小泉孝太郎主演「警視庁ゼロ係」のポスタービジュアル解禁 テレ東らしい“珍広告”も

【俳優最新ニュース】J・デップ資産管理巡り争った元マネジャーと和解 

【俳優最新ニュース】ある人の表情を別の人の映像で完全再現する「ディープ・ビデオ・ポートレイツ」

【俳優最新ニュース】奥華子のイベントに観客ゼロ 過去にもあった、人気俳優、歌手イベントの運営側ミス

【俳優最新ニュース】リトグリ、ABBAの前で「ダンシング・クイーン」をアカペラで熱唱

【俳優最新ニュース】原田泰造主演作『ミッドナイト・バス』、監督を直撃!

【俳優最新ニュース】【中継予定】松尾スズキさんら候補「芥川賞・直木賞」18日夜発表

【俳優最新ニュース】スカーレット・ヨハンソン、トランスジェンダー役を降板

【俳優最新ニュース】『カメラを止めるな!』韓国でも大ウケ 笑い、膝を叩き、拍手!

【俳優最新ニュース】2月に電撃結婚したモデルのエミリー・ラタコウスキー、婚約指輪をSNSで自慢する

【俳優最新ニュース】【福岡】オール北九州ロケの映画 製作発表会

【俳優最新ニュース】ネイマールのロシアW杯を海外紙が痛烈な一言で総括 「ドラマ俳優を引退するんだ」

【俳優最新ニュース】テレ東 予算抑える“珍広告”展開「警視庁ゼロ係」エスカレーター半分だけラッピング

【俳優最新ニュース】宮藤官九郎演出の舞台「ロミオとジュリエット」公演日決定!三宅弘城&森川葵らのビジュアルも

【俳優最新ニュース】宮沢氷魚が初挑戦「苦しいのに癖になる…」

【俳優最新ニュース】TBS、W杯決勝後に「カッコいい選手」企画 司会の加藤浩次「総集編見たかった」

【俳優最新ニュース】舞台「野球」会見、安西慎太郎が「正々堂々、全力プレー」を宣誓

【俳優最新ニュース】最終面接には広瀬すずが参加! 『フォスター×LINE LIVE FOR☆STAR オーディション 2018』開催中

【俳優最新ニュース】京本政樹がドラマ共演の生田悦子さん 一周忌の平尾政晃さんを悼む

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    【芸能】結城洋平と大歳倫弘がタッグを組んだ男3人舞台 (チケットぴあ) – Yahoo!ニュース

    2016年09月21日 7:01 未分類

    結城洋平と大歳倫弘がタッグを組んだ男3人舞台

    (画像左から)結城洋平、大歳倫弘

    俳優・結城洋平による結城企画 第一回公演『ブックセンターきけろ』 が11月下北沢・Geki地下Libertyにて上演される。「劇団プレステージ」で10年間活躍した後、2年間フリーの役者として経験を積んできた結城が、今回脚本・演出として迎えたのは「ヨーロッパ企画 イエティ」の脚本・演出を務める大歳倫弘。出演者には「ナイロン100℃」の眼鏡太郎、劇団「ゴジゲン」の目次立樹を迎え、結城自身も出演する。結城と大歳に本作について話を聞いた。

    【そのほかの画像はこちら】

    結城は、大歳をはじめ、出演者やスタッフを「“ボーボー”と燃える真っ赤な炎というより“メラメラ”と燃える青い炎の持ち主」と表現する。そんな彼らと作品を創り上げるにあたり、「2年間で自分がやりたい事をたくさん発見しました。それを形にしていきたく、結城企画を立ち上げました。今まで糧になっているもの、2年間でインプットしたものを、この企画でアウトプットしていきたいと思っています」(結城)

    一方、大歳は結城のことを「見た目もシュっとしてスマートですが、なぜかバッチリな二枚目に見えない不思議な人です。多分、心が二枚目じゃないのかな、と(笑)。でも、信念というか人としての芯はすごく強くて、頼もしい人だと思いました」(大歳)

    東京のはずれにある、まるで延命措置をされたようなさびれた本屋「ブックセンターきけろ」を舞台に、そこで働く賞味期限が迫った3人の男たちが、自分の人生を変えるかもしれない1冊の本と出会うところから始まる……。

    作品づくりの様子を聞くと、最初の打ち合わせで結城から大歳へ無茶なお願いがあったとか。「一番にお伝えしたのは、みんな持っているのに目に見えない脳みその中の“記憶”をテーマにやりたい、ということでした。脳内スペクタクルを形にしてほしいという無茶なお願いにも関わらず、次に会った時には、世の中に対して少し穿った見方をする大歳さん独特の感覚で、さっそく形にしていただきました。本屋というミニマムな場所から、人生を変えるかもしれない広い世界への期待感に、今はたまらなくワクワクしています。」(結城)

    タイトルについて大歳は「ローマ時代に活躍したキケロという哲学者の名前からお借りしています。この人が弁論をするときに使っていたある技術が、このお芝居の軸になります。“きけろ”という響きもかわいいですし、そのかわいさと哲学者の難しい感じとのギャップに惹かれ、なんとしてもタイトルに使いたくなりました」

    「稽古場では男4人。少人数だからこそ稽古で作り上げた濃密な世界とエネルギーを全身全霊で表現できれば」と語る結城からも、メラメラする青い炎を感じた。この秋、彼らが創る舞台をこの目で確かめたい。

    公演は11月11日(金)から13日(日)まで下北沢・Geki地下Libertyにて。なお、チケットぴあでは先行抽選プレリザーブを9月20日(火)午前11時まで受付中。

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000003-pia-ent


    コメント

    カテゴリー