RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】三上博史が「モリのいる場所」に出演、山崎努&樹木希林と「ご一緒したかった」

【俳優最新ニュース】常盤貴子、女優ではなく人間として泣いた…大林宣彦監督から学んだこと

【俳優最新ニュース】M!LK 男性5人組、来年の目標は世界進出…「世界的に何か、5人でできたら」

【俳優最新ニュース】能町みね子、太川陽介の亭主関白エピソード紹介「呼び捨てにしたらビンタだとか…」

【俳優最新ニュース】【ゴシップ1週間】ハリウッドにベイビーブーム到来!? テイラー・スウィフトは噂の彼とラブラブ! これを読めばハリウッド・セレブ通。今週話題になった「セレブ・ゴシップ」ニュースを振り返る! 今回は12月8日~12月14日の…

【俳優最新ニュース】「バンコクナイツ」の裏側に迫ったドキュメンタリーが封切り! 編集作業は身もだえの連続?

【俳優最新ニュース】松島庄汰 18年は女性関係の話題提供?! 「いいスキャンダルを」

【俳優最新ニュース】漫画『ハイキュー!!』来春に初の原画展 会場は漫画舞台の体育館

【俳優最新ニュース】濱田岳、友人・松坂桃李に「あいつの方がモテる。それが嫌」

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) コン・ユ 「『鬼』以降つらい時期があった」

【俳優最新ニュース】福島で育てられた桜、京都・大覚寺に植樹 復興の思いつなぐ

【俳優最新ニュース】「陸王」竹内涼真、大河の高橋一生も!“激ヤセ”な役づくりをした芸能人

【俳優最新ニュース】“筋肉アイドル”才木玲佳、「何でもやりたくなっちゃうんです(笑)」

【俳優最新ニュース】プチプラコスメ・ザ・ベスト2017(3) 日常使いのオーガニックボディソープ

【俳優最新ニュース】ほんこん 松居一代に「笑ってはいけない」出演勧める

【俳優最新ニュース】「明日の約束」山口まゆら、注目の若手女優をフィーチャー!

【俳優最新ニュース】【写真】チャン・グンソク、「ノールック」空港ファッション

【俳優最新ニュース】(ひと)吉田鋼太郎さん 蜷川幸雄さんの志を継ぐ俳優 …じは経験済み。だが今回、周囲の期待を背に演出家として高い要求を課すほど、俳優としての自分に不安を覚えた。「やめたい」。一晩悩んだが、勇気を出して稽古に… 12月16日…

【俳優最新ニュース】鳥越裕貴×有澤樟太郎、『刀ミュ』は個性バラバラ!「ようこれで公演できたな(笑)」

【俳優最新ニュース】藤原紀香、「等身大」で演じた充実の撮影をふり返る!鈴木伸之との共演ショット公開

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    【芸能】結城洋平と大歳倫弘がタッグを組んだ男3人舞台 (チケットぴあ) – Yahoo!ニュース

    2016年09月21日 7:01 未分類

    結城洋平と大歳倫弘がタッグを組んだ男3人舞台

    (画像左から)結城洋平、大歳倫弘

    俳優・結城洋平による結城企画 第一回公演『ブックセンターきけろ』 が11月下北沢・Geki地下Libertyにて上演される。「劇団プレステージ」で10年間活躍した後、2年間フリーの役者として経験を積んできた結城が、今回脚本・演出として迎えたのは「ヨーロッパ企画 イエティ」の脚本・演出を務める大歳倫弘。出演者には「ナイロン100℃」の眼鏡太郎、劇団「ゴジゲン」の目次立樹を迎え、結城自身も出演する。結城と大歳に本作について話を聞いた。

    【そのほかの画像はこちら】

    結城は、大歳をはじめ、出演者やスタッフを「“ボーボー”と燃える真っ赤な炎というより“メラメラ”と燃える青い炎の持ち主」と表現する。そんな彼らと作品を創り上げるにあたり、「2年間で自分がやりたい事をたくさん発見しました。それを形にしていきたく、結城企画を立ち上げました。今まで糧になっているもの、2年間でインプットしたものを、この企画でアウトプットしていきたいと思っています」(結城)

    一方、大歳は結城のことを「見た目もシュっとしてスマートですが、なぜかバッチリな二枚目に見えない不思議な人です。多分、心が二枚目じゃないのかな、と(笑)。でも、信念というか人としての芯はすごく強くて、頼もしい人だと思いました」(大歳)

    東京のはずれにある、まるで延命措置をされたようなさびれた本屋「ブックセンターきけろ」を舞台に、そこで働く賞味期限が迫った3人の男たちが、自分の人生を変えるかもしれない1冊の本と出会うところから始まる……。

    作品づくりの様子を聞くと、最初の打ち合わせで結城から大歳へ無茶なお願いがあったとか。「一番にお伝えしたのは、みんな持っているのに目に見えない脳みその中の“記憶”をテーマにやりたい、ということでした。脳内スペクタクルを形にしてほしいという無茶なお願いにも関わらず、次に会った時には、世の中に対して少し穿った見方をする大歳さん独特の感覚で、さっそく形にしていただきました。本屋というミニマムな場所から、人生を変えるかもしれない広い世界への期待感に、今はたまらなくワクワクしています。」(結城)

    タイトルについて大歳は「ローマ時代に活躍したキケロという哲学者の名前からお借りしています。この人が弁論をするときに使っていたある技術が、このお芝居の軸になります。“きけろ”という響きもかわいいですし、そのかわいさと哲学者の難しい感じとのギャップに惹かれ、なんとしてもタイトルに使いたくなりました」

    「稽古場では男4人。少人数だからこそ稽古で作り上げた濃密な世界とエネルギーを全身全霊で表現できれば」と語る結城からも、メラメラする青い炎を感じた。この秋、彼らが創る舞台をこの目で確かめたい。

    公演は11月11日(金)から13日(日)まで下北沢・Geki地下Libertyにて。なお、チケットぴあでは先行抽選プレリザーブを9月20日(火)午前11時まで受付中。

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000003-pia-ent


    コメント

    カテゴリー