RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】綾野剛主演「コウノドリ」第6話は11・0% 前回から0・4ポイント上昇

【俳優最新ニュース】20年ぶりテレビドラマ復帰!ジョージ・クルーニー「キャッチ=22」

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、1歳年下の義母・東尾理子に離婚相談していた「出てっちゃってさ~」

【俳優最新ニュース】<青天の霹靂>高さ2メートルのジャンボおにぎり作成

【俳優最新ニュース】「陸王」第5話は自己最高更新16・8%!“包囲網”かいくぐり大幅2・3Pアップ

【俳優最新ニュース】<山田ルイ53世>椎間板ヘルニア発覚 肥満×腰痛で「歩けなくなる可能性」も

【俳優最新ニュース】仮面ライダー俳優・松本享恭、映画初主演「闇金ぐれんたい」で新境地を開拓!

【俳優最新ニュース】いしだ壱成、再婚について言及「結婚はしたい」 離婚原因となった“7つの掟”も「してほしい」

【俳優最新ニュース】ルーク12・6来日、SW最新作出演マーク・ハミル

【俳優最新ニュース】おばたのお兄さん“歌まね”初挑戦!小栗旬ネタは「首が大変」山崎夕貴アナ「気が気じゃ…」

【俳優最新ニュース】よく発言を“カット“される人気イケメン俳優「そういう運命なのかな」

【俳優最新ニュース】若手人気俳優オススメ!息抜きで見るべきアニメ映画

【俳優最新ニュース】『ブレードランナー』俳優、サンドラ・ブロックと共演へ

【俳優最新ニュース】「稲垣・草なぎ・香取 72時間テレビ」への笑福亭鶴瓶の豪華差し入れの裏側

【俳優最新ニュース】「グッド・ワイフ」女優が新ドラマ出演!

【俳優最新ニュース】NHK大河「築山殿事件」…信長怪演「海老蔵」トレンド1位に 海老蔵「何起こった?」

【俳優最新ニュース】杉浦太陽 休日に家族そろって近くの公園へ…次男が補助輪無しで自転車に

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) イ・ソンギュン「妻チョン・ヘジンにドラマ復帰を勧めた」

【俳優最新ニュース】V字回復に成功したハリウッドスター 3人

【俳優最新ニュース】「AV女優も普通の女の子。その日常を描けたら」東京国際映画祭にもノミネートされた紗倉まな原作の映画『最低。』

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

    【芸能】大作ミュージカルに挑むダイアモンド☆ユカイの心意気!

    2016年09月29日 19:25 未分類

    大作ミュージカルに挑むダイアモンド☆ユカイの心意気!

    ダイアモンド☆ユカイ 撮影:森好弘

    1992年から日本の観客を魅了し続けている伝説のメガ・ミュージカル『ミス・サイゴン』。 今回、新演出版となった12年、14年の上演から2年ぶりに再登場する。ブロードウェイでは来年上演が決定、映画化も噂される、今、注目の舞台だ。

    ダイアモンド☆ユカイの画像

    物語の舞台は、ベトナム戦争で陥落間近のサイゴン。エンジニアの経営するキャバレーで知り合った、ベトナム人の少女・キムと米兵クリスの愛の始まりから、サイゴン陥落でのドラマチックな別離、そして戦後の運命的な再会へ。ベトナム戦争を背景に、国と国に引き裂かれた人々の愛と葛藤と悲劇を壮大なスケールで描く。

    今回のエンジニア役は、92年の日本初演から出演する“ミスター・サイゴン“こと市村正親と、前回も出演した駒田一、そして初参加するロック・ミュージシャンで俳優のダイアモンド☆ユカイのトリプルキャストだ。今回でエンジニア役を卒業する市村と同時に、ダイアモンド☆ユカイの初登板も大きな話題。自らオーディションに臨み、ミュージカルの超大作に挑戦することになった彼が来阪、会見でその意気込みを熱く語った。

    80年代、RED WARRIORSを率いてロックシーンで活躍、その後も歌手、俳優、最近ではバラエティにと活動の幅を広げている。「ミュージカルは憧れでしたが、別世界」と思っていた彼が、前回の『ミス・サイゴン』を観て「雷に打たれた」。

    「ベトナム戦争時代は、ロックが最も熱い時代でもありましたよね。作中の音楽は素晴らしくて、どれもすごい曲。戦争の中で打ちひしがれていく切ないストーリーと、音楽にどんどん引き込まれていって。その中でエンジニアという、一見とんでもないヤツの人生を観ているうちに、オレがここにいる、ダイアモンド☆ユカイそのものじゃないか、と。で、“アメリカン・ドリーム”を歌うシーンで、もう雷に打たれちゃって。今まで自分が30年間ロックをやってきて、表現したいことがこのミュージカルに詰まってる、歌いたい!と思ったんです」。が、できるのか?という葛藤を乗り越え「50才過ぎても挑戦する気持ちはロックだ!」とオーディションに挑戦、見事役を勝ち取った。「うれしいプラス、プレッシャーの固まりです。“ザ・エンジニア”の市村さんと、ベテランの駒田さん、その中でオレ。先輩ふたりと同じことはどう頑張ってもできない。ダイアモンド☆ユカイにしかできない何かで、思いっきり“アメリカン・ドリーム”を歌い倒したい。歌で表現できる喜びを感じながら『ミス・サイゴン』に賭けます」。

    超本気、だ。「これは自分の人生の中で一大転機。一期一会と思って、自分が出来るすべてのものをぶつけて行きたい。今見逃すと、ダイアモンド☆ユカイの“アメリカン・ドリーム”は観れないよ!」。各地の劇場で、きっと、これまでにない「ロックなエンジニア」に出会えるだろう。

    公演は、東京・帝国劇場にて10月19日(水)から11月23日(水・祝)まで(10月15日(土)からプレビュー公演あり)。その後、岩手、鹿児島、福岡、愛知、大阪でも上演。

    製作:東宝

    取材・文:高橋晴代

    【関連記事】

    引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000000-pia-ent


    コメント

    カテゴリー