RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】『万引き家族』城桧吏、中国でも大人気!上海映画祭で大歓声

【俳優最新ニュース】【TVクリップ】「バカボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二

【俳優最新ニュース】<ムロツヨシ>地元・横浜で凱旋舞台あいさつ 「ヨシヒコ」共演の木南晴夏を祝福

【俳優最新ニュース】東映投手から俳優へ“悪役商会”八名信夫「今は野武士がいない」/パンチ佐藤の漢の背中「03」

【俳優最新ニュース】佐藤二朗「6歳の息子も目を背けた私の変わり果てた姿」〈dot.〉

【俳優最新ニュース】TAKAHIRO、セリフほぼない難役に「役者としてのスタートライン」

【俳優最新ニュース】海老蔵 麻央さんブログの書籍化断念「ネガティブなことを言う人がいる」

【俳優最新ニュース】玉城ティナ、初主演映画舞台あいさつ「自分の役を全うするだけ」

【俳優最新ニュース】舞台の貴公子・柿澤勇人『猫は抱くもの』での沢尻エリカとキスシーンを振り返る

【俳優最新ニュース】D.A.N、あいみょん、RIRI……BMXとのコラボが急増中 音楽との親和性を探る

【俳優最新ニュース】“アルパカ姿”も話題、綾瀬はるかがデビュー18年でも変わらぬCM起用続くワケ

【俳優最新ニュース】2018年は東出昌大イヤー!“月9”からカンヌ出品『寝ても覚めても』まで一挙紹介

【俳優最新ニュース】<西郷どん>久光VS慶喜“第1ラウンド”は久光の完敗? 「ただの芋」扱いに青木崇高は…

【俳優最新ニュース】エルヴィス・プレスリーの娘、父の遺産110億円の行方をめぐり裁判

【俳優最新ニュース】吉沢亮、猫ぶりが切なくも愛おしい!『猫は抱くもの』猫の擬人化役に注目

【俳優最新ニュース】JK役でアツい!朝ドラ女優・松本穂香の注目度、今夏ググ~ンと高まる!?

【俳優最新ニュース】今日深夜セネガル戦 大迫「我慢して耐えて」連発だ

【俳優最新ニュース】櫻井翔 麻央さんしのぶ ZERO共演は「学生時代の部活みたいだった」

【俳優最新ニュース】「小林麻央さんしのぶ会」に櫻井翔ら200人超出席

【俳優最新ニュース】石田純一、夕食が4時台!? 子ども中心の結婚生活語る

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】故・蜷川幸雄さん「灰皿を投げたのは1回しかないのに(怖いイメージが浸透して)困っちゃうよ(笑)」

    2016年12月19日 23:48 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 18:37:37.89

    ◆故蜷川幸雄さん「灰皿を投げたのは1回なのに困っちゃう」



    大橋巨泉さん、永六輔さんなど、テレビ・ラジオ界の大物が天国に旅立った2016年。

    そして、舞台界の巨匠・蜷川幸雄さんは5月12日、肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80才だった。



    舞台に懸ける情熱は最後まで衰えることはなかった。

    蜷川さんは、昨年12月に体調を崩してからも、車椅子に酸素チューブをつけて稽古場に姿を見せていた。

    「応援団」を自認する俳優の妹尾和夫(65才)が言う。



    「最後に楽屋でお会いした時は目の焦点が合ってなかったんです。

    ひざまずいて手を握りながらしゃべったんですけど、ぼくを誰だかわからない感じで。

    でも、プロデューサーによると、“稽古に入ると焦点がパッと合う”と。

    まさに命を削りながらおやりになっていた」



    妹尾が蜷川さんの舞台を初めて見たのは大学時代。

    蜷川さんが売れない役者からアングラ劇団の演出家に転身したばかりの頃だった。



    「劇団現代人劇場の『想い出の日本一萬年』という、蜷川さん2作目の演出作品でした。

    電光が走るくらいの衝撃を受けましたね。その日は興奮して夜が明けるまで演劇部の仲間と語り合いました。

    この時、ぼくは“役者になろう”と決めたんです」(妹尾)



    初対面はそれから30年後。蜷川さんが監督した映画『青の炎』のインタビューだったが、

    本人を前に興奮しすぎ、妹尾はひとりでしゃべりっぱなしだったとか。

    以来、自腹で地元・大阪から関東の舞台を見に行って楽屋で挨拶。

    帰阪して自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組で勝手に宣伝するのが常になった。



    「灰皿を投げるとか、怖いイメージで言われていましたが、

    “灰皿を投げたのは1回しかないのに、困っちゃうよ”と笑ってました。



    たしかに稽古に入ると鬼だけど、あんなに優しくて、愛情にあふれるかたはいません。

    あるお芝居のリハーサルを見学した時ですが、萩原流行さんだけが噛みまくっているのに、

    なぜか蜷川さんは全然、指摘しない。それどころか優しい表情で萩原さんを見つめていました。

    後でわかったのは、萩原さんはその頃、躁鬱病と闘っていて、それを承知で出てもらっているからだ、と」



    大勢の役者が別れを惜しんだ「世界のNINAGAWA」の素顔だった。



    ※女性セブン2016年12月22日号



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    NEWSポストセブン 2016.12.14 16:00

    http://www.news-postseven.com/archives/20161214_474578.html





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481708257


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー