RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<SmaSTATION!!>16年の歴史に幕 香取慎吾「あと1回やりたかった」

【俳優最新ニュース】<香取慎吾>スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」

【俳優最新ニュース】香取慎吾「あと1回やりたかった」の言葉にSNS号泣「SmaSTATION!!」

【俳優最新ニュース】菅田将暉本人が、街で“菅田将暉系ファッション”の若者と遭遇!

【俳優最新ニュース】菅田将暉が暴露 大河ドラマ撮影現場のベテラン俳優陣まさかの行動

【俳優最新ニュース】香取慎吾「新しい道を選んだことでスマステが終わってしまう…」無念さも

【俳優最新ニュース】香取慎吾「スマステ」最終回で涙「残念です。699回…あと1回やりたかったなあ」

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さんに“恐喝未遂”目的は借金肩代わりか

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) インタビュー:『殺人者の記憶法』ソル・ギョングが経験した悩みとは

【俳優最新ニュース】「スマステ」16年の歴史に幕 香取慎吾は涙「残念。ずっと続けたかった」

【俳優最新ニュース】ロンブー淳が青学大受験!偏差値32から100日間猛勉強で挑戦

【俳優最新ニュース】村野武範、中咽頭がんも陽子線治療で回復…10月18日「徹子の部屋」出演

【俳優最新ニュース】昨年覇者・室田淳が首位発進!“史果の父”川岸良兼は46位と出遅れ

【俳優最新ニュース】『ファンタビ』続編に“第2のディーン・フジオカ”デヴィッド・サクライ出演へ!

【俳優最新ニュース】仁科さん“脅迫” 元組長ら“松方さんに金渡した”

【俳優最新ニュース】元恋人テイラーについて、ジェイク・ギレンホールがついに重い口を開く!

【俳優最新ニュース】吉高由里子 大胆背中で魅了 深紅の口紅で大人の女性

【俳優最新ニュース】マリア・シャラポワと実際にテニスをしてみてわかったこと

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さん「返済義務の存在を否定」 恐喝未遂容疑で元暴力団組長ら逮捕

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さんに因縁つけ…元組長らを逮捕

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】故・蜷川幸雄さん「灰皿を投げたのは1回しかないのに(怖いイメージが浸透して)困っちゃうよ(笑)」

    2016年12月19日 23:48 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 18:37:37.89

    ◆故蜷川幸雄さん「灰皿を投げたのは1回なのに困っちゃう」



    大橋巨泉さん、永六輔さんなど、テレビ・ラジオ界の大物が天国に旅立った2016年。

    そして、舞台界の巨匠・蜷川幸雄さんは5月12日、肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80才だった。



    舞台に懸ける情熱は最後まで衰えることはなかった。

    蜷川さんは、昨年12月に体調を崩してからも、車椅子に酸素チューブをつけて稽古場に姿を見せていた。

    「応援団」を自認する俳優の妹尾和夫(65才)が言う。



    「最後に楽屋でお会いした時は目の焦点が合ってなかったんです。

    ひざまずいて手を握りながらしゃべったんですけど、ぼくを誰だかわからない感じで。

    でも、プロデューサーによると、“稽古に入ると焦点がパッと合う”と。

    まさに命を削りながらおやりになっていた」



    妹尾が蜷川さんの舞台を初めて見たのは大学時代。

    蜷川さんが売れない役者からアングラ劇団の演出家に転身したばかりの頃だった。



    「劇団現代人劇場の『想い出の日本一萬年』という、蜷川さん2作目の演出作品でした。

    電光が走るくらいの衝撃を受けましたね。その日は興奮して夜が明けるまで演劇部の仲間と語り合いました。

    この時、ぼくは“役者になろう”と決めたんです」(妹尾)



    初対面はそれから30年後。蜷川さんが監督した映画『青の炎』のインタビューだったが、

    本人を前に興奮しすぎ、妹尾はひとりでしゃべりっぱなしだったとか。

    以来、自腹で地元・大阪から関東の舞台を見に行って楽屋で挨拶。

    帰阪して自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組で勝手に宣伝するのが常になった。



    「灰皿を投げるとか、怖いイメージで言われていましたが、

    “灰皿を投げたのは1回しかないのに、困っちゃうよ”と笑ってました。



    たしかに稽古に入ると鬼だけど、あんなに優しくて、愛情にあふれるかたはいません。

    あるお芝居のリハーサルを見学した時ですが、萩原流行さんだけが噛みまくっているのに、

    なぜか蜷川さんは全然、指摘しない。それどころか優しい表情で萩原さんを見つめていました。

    後でわかったのは、萩原さんはその頃、躁鬱病と闘っていて、それを承知で出てもらっているからだ、と」



    大勢の役者が別れを惜しんだ「世界のNINAGAWA」の素顔だった。



    ※女性セブン2016年12月22日号



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    NEWSポストセブン 2016.12.14 16:00

    http://www.news-postseven.com/archives/20161214_474578.html





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481708257


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー