RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<SmaSTATION!!>16年の歴史に幕 香取慎吾「あと1回やりたかった」

【俳優最新ニュース】<香取慎吾>スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」

【俳優最新ニュース】香取慎吾「あと1回やりたかった」の言葉にSNS号泣「SmaSTATION!!」

【俳優最新ニュース】菅田将暉本人が、街で“菅田将暉系ファッション”の若者と遭遇!

【俳優最新ニュース】菅田将暉が暴露 大河ドラマ撮影現場のベテラン俳優陣まさかの行動

【俳優最新ニュース】香取慎吾「新しい道を選んだことでスマステが終わってしまう…」無念さも

【俳優最新ニュース】香取慎吾「スマステ」最終回で涙「残念です。699回…あと1回やりたかったなあ」

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さんに“恐喝未遂”目的は借金肩代わりか

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) インタビュー:『殺人者の記憶法』ソル・ギョングが経験した悩みとは

【俳優最新ニュース】「スマステ」16年の歴史に幕 香取慎吾は涙「残念。ずっと続けたかった」

【俳優最新ニュース】ロンブー淳が青学大受験!偏差値32から100日間猛勉強で挑戦

【俳優最新ニュース】村野武範、中咽頭がんも陽子線治療で回復…10月18日「徹子の部屋」出演

【俳優最新ニュース】昨年覇者・室田淳が首位発進!“史果の父”川岸良兼は46位と出遅れ

【俳優最新ニュース】『ファンタビ』続編に“第2のディーン・フジオカ”デヴィッド・サクライ出演へ!

【俳優最新ニュース】仁科さん“脅迫” 元組長ら“松方さんに金渡した”

【俳優最新ニュース】元恋人テイラーについて、ジェイク・ギレンホールがついに重い口を開く!

【俳優最新ニュース】吉高由里子 大胆背中で魅了 深紅の口紅で大人の女性

【俳優最新ニュース】マリア・シャラポワと実際にテニスをしてみてわかったこと

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さん「返済義務の存在を否定」 恐喝未遂容疑で元暴力団組長ら逮捕

【俳優最新ニュース】仁科亜季子さんに因縁つけ…元組長らを逮捕

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】『おれは司会に命をかけてるから』俳優・岡田准一に影響を与えた中居正広

    2016年12月20日 1:08 2ちゃんねる芸能速報

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 16:41:57.63

    NEWS ポストセブン 12/14(水) 16:00配信



    「女性の皆さんには『こういう男性がいたらな』と思って見てほしい。だってイケイケの男たちの話だから(笑い)」と話すV6・岡田准一(36才)が

    今回挑んだのは、敗戦ですべてを失いながらも石油を武器に自身の会社である国岡商店を力強く再生させる大作映画『海賊とよばれた男』。俳優として、

    V6として、多くの時間を男性の中で過ごす岡田が考えた男気とは…?



    「死ぬほどの思いをしてみたいんですよね」──俳優、岡田准一はそう言う。



    「もうこれ以上やったら死ぬ…というくらい、命をかけて演じてみたいんです」



    映画『エヴェレスト 神々の山嶺』では実際に標高5200mのエベレストに登り、ドラマ『SP』(フジテレビ系)などでは激しいアクションを演じてきたが、



    「プライベートで山登りや格闘技をやっているので、耐えられる許容範囲がどんどん広くなっちゃって(笑い)。それを超えるくらい追い込まれてみたい」



    という岡田が今回、映画『海賊とよばれた男』で演じたのは、原作で出光興産の創業者である出光佐三をモデルにした、国岡鐡造。撮影時は34才だった

    岡田だが、作品の中では60代のシーンが半分以上を占める。しかも部下役に小林薫 (65)、対立する役には國村準(61)と、実年齢が60代というベテラン

    俳優たちが名を連ねている。彼らと同等の威厳を持って演じるのには、相当の苦労があったにちがいない。



    「まず体重を増やして、重心を落とした演技を心がけました。特殊メイクを施してもらい、現場に立つと

    自然にその年代の鐡造になれた気がします」



    そうして、共演者たちが「まったく違和感がない」と口を揃える60代の国岡鐡造ができあがった。



    V6のメンバーとしてデビューして以来、ときにはアイドルとして黄色い歓声を浴び、ときには俳優として圧倒的な存在感を放つ、岡田。



    「若い頃はうまく切り替えられなくて悩んだこともありましたね。そんなとき、大先輩の俳優さんたちから『おまえは役者にむいている』と

    言っていただいたことで、覚悟が決まりました」



    緒方拳、渡哲也、田村正和…。10代から20代前半の岡田の中に俳優として光り輝くものを見つけた“大先輩”たちにはそうそうたる顔ぶれが並ぶ。



    「大切なことをいっぱい教えていただきましたね。『しっかり準備をしなさい』とか『時代劇は日本の文化だからやれるようになりなさい』とか。

    そういう言葉はぼくの財産です」



    そしてもう1人、岡田に影響を与えた“先輩”が。



    「ハタチくらいの頃かな、中居(正広)くんが『おれは司会に命をかけてるから』って言ったんですよ。自分が命をかけられるものってなんだろう? って

    考えたとき、芝居だな、と。命をかけて、死ぬほどの思いをして、芝居をやりたい。そうやって作ったものは、きっと誰かの胸に強く残るものになると思うから」



    ストイックすぎるほどストイックな男、岡田准一の挑戦はまだまだ続く。



    ※女性セブン2016年12月22日号



    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00000012-pseven-ent&p=1

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00000012-pseven-ent&p=2





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481701317


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー