RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】中谷美紀の娘役、桜田ひよりに「国民的女優になりそう」の声…「あな家」最終回

【俳優最新ニュース】全米で話題のR指定ホラー『ヘレディタリー』、注目の子役らが魅力を語る

【俳優最新ニュース】元所属事務所の恩情が大きい? 小出恵介、新事務所で再起を図る

【俳優最新ニュース】<動画>大泉洋、酔っ払って本当の“一人相撲” 井上真央は動画アップを予告?

【俳優最新ニュース】“独身大物俳優最後の砦”佐々木蔵之介さん「結婚ない」宣言にファン一安心!?

【俳優最新ニュース】小西康陽責任編集、「黒い十人の女」など大映映画のスチール収めた写真集発売

【俳優最新ニュース】辻希美「悪阻MAX」でダウン 夫・杉浦も心配「マジで辛そう」

【俳優最新ニュース】大泉洋、酔っ払って韓国俳優と相撲も… 井上真央が暴露「相手にもされていなかった」【動画付き】

【俳優最新ニュース】中村昌也 熱愛激写のグラドルと「お別れしちゃいました」

【俳優最新ニュース】小山慶一郎がハマった夜の六本木遊び…アイドルは本当の意味で「キャスター」になれるのか?

【俳優最新ニュース】苦難続きのジョニー・デップ、泣きながら回顧録を書いていた

【俳優最新ニュース】「深夜!天才バカボン」7月10日放送スタート 自分だけのウナギイヌを育てる「養ウナギイヌ」も公開

【俳優最新ニュース】山田孝之&ムロツヨシ&佐藤二朗……「勇者ヨシヒコ」の仲間たちが木南晴夏の結婚祝福

【俳優最新ニュース】松居一代さん書類送検

【俳優最新ニュース】松島・瑞巌寺「平成の大修理」完了、千葉雄大さん練り歩き、ブルーインパルスも

【俳優最新ニュース】GLAY・TERU、雨宮塔子ら、日本の四季折々を切り取った映画『ピース・ニッポン』に絶賛コメント

【俳優最新ニュース】松居一代さん書類送検=船越さんの名誉毀損容疑―警視庁

【俳優最新ニュース】[韓流]INFINITEのエル 7月にソウルで初単独ファンミ

【俳優最新ニュース】海老蔵、麻央さん命日に「明るく可愛く素直でステキな人でした」…黒の蝶が舞う不思議体験も

【俳優最新ニュース】TBS『CDTV ’18上半期SP エンタメまとめ総決算』にGENERATIONS、乃木坂46、キンプリら7組の出演が決定

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】<銀シャリ・鰻和弘> “鰻家の呪い”は実在するのか?母が語る衝撃の真相とは

    2016年12月20日 1:48 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/14(水) 23:41:54.53

    ◆銀シャリ鰻和弘“鰻の呪い”は実在する?母が語る衝撃の真相



    「M‐1グランプリ2016」で優勝した銀シャリ。

    コンビ名もさることながら、ボケ・鰻和弘(33)の珍しい苗字が注目を集めている。

    そんな彼は 謎の鰻家 についてこのような逸話を舞台上で語っている。



    「鰻姓は日本に7人しかおらず、そのうち5人が自分の家族」

    「鰻家では代々『鰻を食べてはいけない』という言い伝えがある」

    「先祖が2人ほど鰻を食べたら原因不明の心臓麻痺で亡くなった」

    「兄が『鰻を食べたら死ぬなんて迷信』と言ってうなぎパイを食べたら、泡を噴いて倒れ病院に運ばれた」



    鰻を食べたら死ぬ。そんな鰻家の呪いは実在するのだろうか。

    本誌は真相を探るべく、大阪府八尾市内にある和弘の実家を訪ねた。

    手土産はもちろん、特上うな重とうなぎパイの詰め合わせだ。

    応対したのは母・由美子さん(66)。

    手土産の受け取りを断ると思いきや、帰ってきたのは意外な答えだった。



    「ありがとうございます。うわー、嬉しい!」



    顔をほころばせながら記者が手渡したうな重とうなぎパイを受け取る由美子さん。

    エッ、言い伝えは?



    「たしかに、あの子は食べないと思いますよ。

    家族で鰻を食べに行ったこともないし、土用の丑の日に買ってきたこともないですし。

    でも私はよそから嫁いできたので、食べてもいいんです。

    というか陰ではお姉ちゃんも食べてると思います。

    お兄ちゃんも肉より魚が好きやったから食べてるんとちゃうかな。

    うなぎパイを食べて倒れたことになってますが『なんで俺が泡噴いて倒れなあかんねん。

    だってうなぎパイやで』と笑ってましたから」



    どうやら「鰻を食べてはいけない」という言い伝えを守り続けてきたのは、和弘だけのようだ。

    何やら雲行きが怪しくなってきた鰻家の呪い。母はこう続ける。



    「お兄ちゃんは『日本に7人しかいないって、俺の嫁と子供の数が入ってないぞ!』とも言っていましたね。

    でも鰻姓が少ないのは本当みたいですよ。

    それにあの子がしらべてきたのですが、ご先祖様が鰻を食べて亡くなられたというのも本当のようです。

    鹿児島県指宿市に鰻池という周囲4キロほどの池があって、この池のまわりには鰻姓が多かったそうです。

    今では一人も住んでいないみたいですが、そこでかつて鰻を食べて2人ほど体調を崩したとか、

    亡くなったとか言われていると聞きました」



    和弘の鰻家も父は他界しており、残ったのは由美子さんと和弘と長男一家と長女。

    そして今年7月に和弘が結婚した高校時代の同級生妻と、言っていた数こそ違うが合わせて7人だけ。

    かつては多かった鰻姓も今となっては絶滅寸前。その理由は切ないものだった。



    「変わった名前ですからね。嫁いだり亡くなったりした方もいるでしょうが、改名している方も多いみたいです。

    私も嫁ぐ際にお義母さんから『鰻なんて変な名前、イヤやろ?もし嫌やったら、改名してもええからね』と言われました。

    特に気にならなかったので改名していませんが、

    長女はファミレスに行った際に『鰻さ~ん』と呼ばれたくないから偽名を使っていましたね(笑)」



    だが由美子さんは、そんな鰻姓についてこうも語る。

    「たしかに変わった苗字ですが、だからといっていじめられたり悩んだりしたことはなかったはず。

    それどころか駆け出しのころから先輩に覚えてもらえたり、こうして注目してもらえたりしていますから。

    あの子は鰻という苗字に感謝しないといけないですね」



    写真:



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    WEB女性自身 2016年12月14日 12時0分

    http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d26856/





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481726514


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー