RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】テロ事件を、それに遭遇した人々自身の出演で映画化したイーストウッド監督の『15時17分、パリ行き』

【俳優最新ニュース】大きいことはいいこと? セレブの巨大婚約指輪列伝

【俳優最新ニュース】勸玄君 麻央さんとうり二つ写真に大反響 海老蔵も「本当そっくりね」

【俳優最新ニュース】クセも歓迎 「こち亀」秋本さん、手塚文化賞選考委員に

【俳優最新ニュース】アメリカの俳優、大統領、学生が愛用! ブルックス・ブラザーズ、200年の歩み

【俳優最新ニュース】堀井新太「西郷どん」裏話披露 渡辺謙らと焼肉会も「謙さんは3枚しか…」

【俳優最新ニュース】J2徳島、大杉漣さんに白星届けられず 喪章つけてプレーも、ゴール割れず

【俳優最新ニュース】俳優・岸谷五朗、神田神保町を歩く。好奇心と探究心が渦巻く街

【俳優最新ニュース】堀井新太、観光イベントで『西郷どん』と自分をPR「何か爪あとを残したい」

【俳優最新ニュース】<ビートたけし>大杉漣さん急死に涙ぬぐう 「俺が生かして俺が殺した…」 

【俳優最新ニュース】荒木健太朗、左とん平さん悼む「共演させて頂いた事を心から感謝しております」

【俳優最新ニュース】19年ぶりに見た世界のキタノの涙…大杉漣さんはやはり「家族」だった

【俳優最新ニュース】『犬ヶ島』が銀熊賞を受賞!女性監督の活躍も目立った第68回ベルリン映画祭受賞結果まとめ

【俳優最新ニュース】大杉漣さん追悼番組「HANA―BI」「大杉漣の漣ぽっ」など25日放送

【俳優最新ニュース】大杉漣急逝で大混乱のドラマ・映画業界…相棒、ゴチなどの今後は

【俳優最新ニュース】和田アキ子、左さん悼む「とん平さんがいると明るさが違いましたよね」

【俳優最新ニュース】ウィル・スミスと息子ジェイデン、エコ・フレンドリーな会社を設立

【俳優最新ニュース】辺見えみりがブログで離婚報告 2度目の結婚生活にピリオド

【俳優最新ニュース】左とん平さん死去

【俳優最新ニュース】大統領 VS FBI、トランプ政権を彷彿させる不穏感 映画『ザ・シークレットマン』

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近のコメント

    【芸能】グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

    2016年12月20日 2:18 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/15(木) 08:53:20.54

    ◆グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ



    アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。



    矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、

    アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!



    中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。

    2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。

    それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。

    最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。



    アイドルオタクの30代男性はこう力説する。



    「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。

    かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。

    それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、

    オタクのほとんどは普通のサラリーマン。

    私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」



    オタクの情熱、恐るべしだが、現在、地下アイドルは全国に2000組以上いるともいわれる。

    そりゃ出費もかさむわけだが、それ以外にも理由があるようだ。



    ◇あの手この手でパイの奪い合い



    アイドル評論家の堀越日出夫氏は、「運営会社の経営難の裏返しでしょう」とこう続ける。



    「アイドルグループが乱立したぶん、運営会社も増えています。限られたファンを、あの手この手で奪い合っている。

    中にはハグをさせるなど過激なサービスでファンを集める地下アイドルもいます。

    そうやってファンを増やしても、小規模のライブに来てもらうだけじゃあ、運営は成り立たない。物販で稼ぐ必要があるのです。

    どこもCDごとに種類の違う“おまけ”をつけて複数枚買わせようとしたり、プレミアグッズを頻繁に出したりするなど、

    工夫している。“アイドル消費”が増えたのは、そのせいだと思いますね」



    ネット上では「年8万円? 月額の間違いじゃないか」なんて“怨嗟”の声も上がっている。

    運営会社の“戦略”にまんまと乗せられているのだとしたら、オタクが怒るのも無理はないか。



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    日刊ゲンダイ 2016年12月15日

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/1

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/2





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481759600


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー