RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】【イベントレポ】クォン・サンウ、会場を全力疾走! 白熱のファンミーティング「Kwon Sang Woo The Stage 2017」開催

【俳優最新ニュース】<瑛太>念願のガッキーとの共演かない禁断の告白「大好き」

【俳優最新ニュース】「大好きです」瑛太、舞台挨拶でガッキーに愛の告白!

【俳優最新ニュース】<SoribadaBestKMusicAwards>「EXO」、新韓流人気賞を受賞

【俳優最新ニュース】夏木マリと秋吉久美子が抜群のコンビネーション

【俳優最新ニュース】<動画>竹内涼真、家族に「好きな子のことも全部話す」 「白戸家」CMに出演へ

【俳優最新ニュース】瑛太、新垣結衣に告白「好きです」 初日からガッキーを質問攻め

【俳優最新ニュース】窪田正孝主演「僕たちがやりました」最終回は6・0% 前回から0・2ポイントダウンで終了

【俳優最新ニュース】<山崎努>13年ぶりに映画主演 敬愛する画家・熊谷守一演じる

【俳優最新ニュース】活動休止決断の裏に18歳年上の最新彼氏アリ!? レディ・ガガの結婚はあるのか? 過去の恋愛事情から考察

【俳優最新ニュース】間宮祥太朗 人気の秘訣は変顔!? 握手会での神対応が話題に

【俳優最新ニュース】NHK放送総局長、小出恵介出演ドラマ放送中止の損害賠償協議「相手のあることなので、いついつまでとは言えない」

【俳優最新ニュース】間宮祥太朗 人気の秘訣は変顔!? 握手会での神対応が話題に

【俳優最新ニュース】NHK、斉藤由貴出演番組を差し替え「総合的に判断しました」

【俳優最新ニュース】阿川佐和子が高畑淳子にガンガン聞いた!――裕太への心情を初告白

【俳優最新ニュース】森下suuと宮崎秋人がマーガレットの別冊で対談、佐藤流司×北村諒トークも

【俳優最新ニュース】NHK幹部、香川照之の「昆虫すごいぜ!」に期待「大きな反響を呼んでいます」

【俳優最新ニュース】香川照之の昆虫番組、第3弾が決定 10月9日、テーマはオニヤンマ

【俳優最新ニュース】すみれ、今後は「ラブコメやりたい」…アウディ記者発表会に参加

【俳優最新ニュース】西川貴教「次は“キャリーオーバー”で」イナフェス中止も前向き

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

    2016年12月20日 2:18 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/15(木) 08:53:20.54

    ◆グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ



    アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。



    矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、

    アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!



    中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。

    2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。

    それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。

    最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。



    アイドルオタクの30代男性はこう力説する。



    「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。

    かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。

    それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、

    オタクのほとんどは普通のサラリーマン。

    私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」



    オタクの情熱、恐るべしだが、現在、地下アイドルは全国に2000組以上いるともいわれる。

    そりゃ出費もかさむわけだが、それ以外にも理由があるようだ。



    ◇あの手この手でパイの奪い合い



    アイドル評論家の堀越日出夫氏は、「運営会社の経営難の裏返しでしょう」とこう続ける。



    「アイドルグループが乱立したぶん、運営会社も増えています。限られたファンを、あの手この手で奪い合っている。

    中にはハグをさせるなど過激なサービスでファンを集める地下アイドルもいます。

    そうやってファンを増やしても、小規模のライブに来てもらうだけじゃあ、運営は成り立たない。物販で稼ぐ必要があるのです。

    どこもCDごとに種類の違う“おまけ”をつけて複数枚買わせようとしたり、プレミアグッズを頻繁に出したりするなど、

    工夫している。“アイドル消費”が増えたのは、そのせいだと思いますね」



    ネット上では「年8万円? 月額の間違いじゃないか」なんて“怨嗟”の声も上がっている。

    運営会社の“戦略”にまんまと乗せられているのだとしたら、オタクが怒るのも無理はないか。



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    日刊ゲンダイ 2016年12月15日

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/1

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/2





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481759600


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー