RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】元箱根駅伝ランナー/吉木りさ&和田正人プロフィル

【俳優最新ニュース】俳優の和田正人とタレントの吉木りさが“いい夫婦の日”に入籍

【俳優最新ニュース】吉木りさ 和田正人と結婚「夫婦として二人三脚で楽しいことは二倍に」

【俳優最新ニュース】昨年7月に交際宣言/吉木りさ&和田正人ゴール経過

【俳優最新ニュース】【和田正人コメント全文】「家族」という夢の形に強い憧れが…

【俳優最新ニュース】和田正人&吉木りさが結婚!幸せ笑顔のツーショット

【俳優最新ニュース】吉木りさ、和田正人と結婚を発表 「共に歩んでいきたいと強く意識するように」

【俳優最新ニュース】吉木りさ、元箱根ランナー和田正人が結婚発表「笑顔のたえない家庭を」

【俳優最新ニュース】【コメント公開】吉木りさ、俳優 和田正人と本日入籍を発表

【俳優最新ニュース】ムロツヨシ、芳根京子の弟役で声優デビュー!米アニメ映画「ボス・ベイビー」

【俳優最新ニュース】亀梨和也、11年半ぶりにフジ系ドラマ

【俳優最新ニュース】北村匠海&眞島秀和が同性カップルに! 「隣の家族は青く見える」第3弾キャスト

【俳優最新ニュース】亀梨和也、初の復讐劇に「楽しみでワクワク」!橋本環奈&林遣都ら共演で1月期ドラマ

【俳優最新ニュース】ムロツヨシ&芳根京子、吹替初挑戦!宮野真守&山寺宏一も参戦『ボス・ベイビー』

【俳優最新ニュース】ムロツヨシ、芳根京子が声優初挑戦 『ボス・ベイビー』日本語吹き替えキャスト発表&予告編公開

【俳優最新ニュース】ムロツヨシ&芳根京子「ボス・ベイビー」で吹替初挑戦!宮野真守、山寺宏一も参加

【俳優最新ニュース】亀梨和也、11年半ぶりフジドラマ主演!復讐に人生を捧げた男に

【俳優最新ニュース】亀梨和也、2018年1月期新ドラマ『FINAL CUT』で復讐劇に挑む 共演に藤木直人や橋本環奈ら

【俳優最新ニュース】ムロツヨシ、“赤ちゃん”役で吹き替え声優初挑戦 兄役は芳根京子

【俳優最新ニュース】<動画>鈴木保奈美、ノースリーブロングドレスで美背中チラリ シャンパンカラーで華やかに

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

    【芸能】グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

    2016年12月20日 2:18 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/15(木) 08:53:20.54

    ◆グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ



    アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。



    矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、

    アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!



    中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。

    2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。

    それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。

    最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。



    アイドルオタクの30代男性はこう力説する。



    「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。

    かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。

    それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、

    オタクのほとんどは普通のサラリーマン。

    私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」



    オタクの情熱、恐るべしだが、現在、地下アイドルは全国に2000組以上いるともいわれる。

    そりゃ出費もかさむわけだが、それ以外にも理由があるようだ。



    ◇あの手この手でパイの奪い合い



    アイドル評論家の堀越日出夫氏は、「運営会社の経営難の裏返しでしょう」とこう続ける。



    「アイドルグループが乱立したぶん、運営会社も増えています。限られたファンを、あの手この手で奪い合っている。

    中にはハグをさせるなど過激なサービスでファンを集める地下アイドルもいます。

    そうやってファンを増やしても、小規模のライブに来てもらうだけじゃあ、運営は成り立たない。物販で稼ぐ必要があるのです。

    どこもCDごとに種類の違う“おまけ”をつけて複数枚買わせようとしたり、プレミアグッズを頻繁に出したりするなど、

    工夫している。“アイドル消費”が増えたのは、そのせいだと思いますね」



    ネット上では「年8万円? 月額の間違いじゃないか」なんて“怨嗟”の声も上がっている。

    運営会社の“戦略”にまんまと乗せられているのだとしたら、オタクが怒るのも無理はないか。



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    日刊ゲンダイ 2016年12月15日

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/1

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/2





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481759600


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー