RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】中谷美紀の娘役、桜田ひよりに「国民的女優になりそう」の声…「あな家」最終回

【俳優最新ニュース】全米で話題のR指定ホラー『ヘレディタリー』、注目の子役らが魅力を語る

【俳優最新ニュース】元所属事務所の恩情が大きい? 小出恵介、新事務所で再起を図る

【俳優最新ニュース】<動画>大泉洋、酔っ払って本当の“一人相撲” 井上真央は動画アップを予告?

【俳優最新ニュース】“独身大物俳優最後の砦”佐々木蔵之介さん「結婚ない」宣言にファン一安心!?

【俳優最新ニュース】小西康陽責任編集、「黒い十人の女」など大映映画のスチール収めた写真集発売

【俳優最新ニュース】辻希美「悪阻MAX」でダウン 夫・杉浦も心配「マジで辛そう」

【俳優最新ニュース】大泉洋、酔っ払って韓国俳優と相撲も… 井上真央が暴露「相手にもされていなかった」【動画付き】

【俳優最新ニュース】中村昌也 熱愛激写のグラドルと「お別れしちゃいました」

【俳優最新ニュース】小山慶一郎がハマった夜の六本木遊び…アイドルは本当の意味で「キャスター」になれるのか?

【俳優最新ニュース】苦難続きのジョニー・デップ、泣きながら回顧録を書いていた

【俳優最新ニュース】「深夜!天才バカボン」7月10日放送スタート 自分だけのウナギイヌを育てる「養ウナギイヌ」も公開

【俳優最新ニュース】山田孝之&ムロツヨシ&佐藤二朗……「勇者ヨシヒコ」の仲間たちが木南晴夏の結婚祝福

【俳優最新ニュース】松居一代さん書類送検

【俳優最新ニュース】松島・瑞巌寺「平成の大修理」完了、千葉雄大さん練り歩き、ブルーインパルスも

【俳優最新ニュース】GLAY・TERU、雨宮塔子ら、日本の四季折々を切り取った映画『ピース・ニッポン』に絶賛コメント

【俳優最新ニュース】松居一代さん書類送検=船越さんの名誉毀損容疑―警視庁

【俳優最新ニュース】[韓流]INFINITEのエル 7月にソウルで初単独ファンミ

【俳優最新ニュース】海老蔵、麻央さん命日に「明るく可愛く素直でステキな人でした」…黒の蝶が舞う不思議体験も

【俳優最新ニュース】TBS『CDTV ’18上半期SP エンタメまとめ総決算』にGENERATIONS、乃木坂46、キンプリら7組の出演が決定

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のコメント

    【芸能】グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ

    2016年12月20日 2:18 2ちゃんねる芸能速報

    1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/12/15(木) 08:53:20.54

    ◆グループ乱立もブーム健在 アイドル市場の拡大が続くワケ



    アイドルグループ乱立でブームにかげりともいわれるが、オタクの情熱は冷めていない。



    矢野経済研究所が今夏実施した「オタク」市場に関する最新調査によると、

    アニメや漫画、プラモデルなど“オタク分野別”の1人当たりの年間消費額は軒並み上昇!



    中でもすごいのがアイドル市場で、年間消費額は1人約8万円だ。

    2位のメイド・コスプレ関連サービスの約3万7000円、3位のアニメの約3万円を抑え、ダントツなのだ。

    それもアイドル市場規模は昨年度1550億円と、前年度比で約31%も増えている。

    最近は自称アイドルが多すぎて顔も名前も分からないなんて人も結構いるだろうが、ブームはまったく終わっていない。



    アイドルオタクの30代男性はこう力説する。



    「最近はAKB48だけではなく、地下アイドルグループがたくさんできています。

    かわいかったり性格がいいコを見つければ、複数のアイドルを応援してしまう。

    それだけお金もかかる。人によっては数十万円分のCDをポンと買いますが、

    オタクのほとんどは普通のサラリーマン。

    私も月の食費は1万円程度に抑えて、アイドルに5万円以上は使っています」



    オタクの情熱、恐るべしだが、現在、地下アイドルは全国に2000組以上いるともいわれる。

    そりゃ出費もかさむわけだが、それ以外にも理由があるようだ。



    ◇あの手この手でパイの奪い合い



    アイドル評論家の堀越日出夫氏は、「運営会社の経営難の裏返しでしょう」とこう続ける。



    「アイドルグループが乱立したぶん、運営会社も増えています。限られたファンを、あの手この手で奪い合っている。

    中にはハグをさせるなど過激なサービスでファンを集める地下アイドルもいます。

    そうやってファンを増やしても、小規模のライブに来てもらうだけじゃあ、運営は成り立たない。物販で稼ぐ必要があるのです。

    どこもCDごとに種類の違う“おまけ”をつけて複数枚買わせようとしたり、プレミアグッズを頻繁に出したりするなど、

    工夫している。“アイドル消費”が増えたのは、そのせいだと思いますね」



    ネット上では「年8万円? 月額の間違いじゃないか」なんて“怨嗟”の声も上がっている。

    運営会社の“戦略”にまんまと乗せられているのだとしたら、オタクが怒るのも無理はないか。



    (▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)



    日刊ゲンダイ 2016年12月15日

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/1

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195791/2





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481759600


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー