RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】<瑛太>またまた“ガッキー愛”全開 たたかれても「大好き」

【俳優最新ニュース】高畑淳子、暴走の不協和音 主演舞台会場に息子を…猛反対の事務所幹部とは口もきかず

【俳優最新ニュース】竹内涼真の熱愛報道否定に報道陣も好印象 「無視して行ってしまってもよかったものを」

【俳優最新ニュース】Berryz工房菅谷が結婚! ハロプロを射止めたさまざまな男たち

【俳優最新ニュース】菅田将暉、『あゝ、荒野 後篇』封切りに感無量!「この映画が大好きです」

【俳優最新ニュース】橋爪遼被告覚醒剤初公判で明かされた前歴 昨年11月にも“SOS事件”

【俳優最新ニュース】アヴリル・ラヴィーンが音楽プロデューサーと3度目の結婚へ

【俳優最新ニュース】矢口真里、来年再婚!「占い師の方に『来年がいいんじゃないか』…」

【俳優最新ニュース】森岡龍、人助けに生きた実在の人物役に自信「少しでも届いたら布教して」

【俳優最新ニュース】山田孝之、34歳初仕事は二日酔い気味?誕生会で「寝たのは午前6時」

【俳優最新ニュース】吉田羊を「本当に好きなんだけど」と口説いた俳優

【俳優最新ニュース】<今週シネマ>21日公開の映画「ミックス。」「斉木楠雄のΨ難」「秘密結社 鷹の爪」新作…話題作が続々

【俳優最新ニュース】鈴木京香「北村藤吉は本当にええ息子」

【俳優最新ニュース】イケメン四天王に気に入られた「ぼっち」の女の子 王道少女漫画の最新巻が発売

【俳優最新ニュース】「おじいちゃん、死んじゃったって。」岸井ゆきのがたたずむ劇中カット入手!

【俳優最新ニュース】<尾上松也>歌舞伎界初の「プリキュア」声優に 「声優は僕が前に出てはいけない」

【俳優最新ニュース】知らなければ良かった!現実にあった“一家の恐ろしい秘密”映画

【俳優最新ニュース】山崎賢人主演「斉木楠雄のΨ難」映画公開前からノベルス版が売れている 「銀魂」の再演なるか

【俳優最新ニュース】橋爪遼被告、覚醒剤に「もう2度と手をつけません」

【俳優最新ニュース】台湾や中国で大人気のいまどきBL事情

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    夏ドラマ“低調”はリオ五輪の影響?エース番組なく「全体への期待薄に」

    2016年07月30日 21:30 寺尾聰

     7月スタートの民放連続ドラマ14作品(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち、初回の平均視聴率トップは日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)で12・4%。15%に届かない寂しい出足となった。初回2桁発進した作品も、第2~3話で軒並み1桁台に転落。早くも“夏枯れ”したのか?(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    【写真】注目される高島礼子は「女たちの特捜最前線」に出演

    目下、初回から2桁台をキープしているのは「家売るオンナ」(12・4%→10・1%→12・8%)とTBS「仰げば尊し」(日曜後9・00)(11・4%→11・7%)の2作品だけ。

    テレビ朝日「女たちの特捜最前線」(木曜後8・00)は第2話8・7%、テレビ朝日「刑事7人」(水曜後9・00)は第2話9・8%、日本テレビ「そして、誰もいなくなった」(日曜後10・30)は第2話8・6%、フジテレビ「営業部長 吉良奈津子」(木曜後10・00)は第2話7・7%、フジテレビ「好きな人がいること」(月曜後9・00)は第3話8・7%、テレビ朝日「はじめまして、愛しています。」(木曜後9・00)は第3話8・4%と、それぞれ早くも1桁台に転落した。

    録画機器の進歩、スマートフォンやタブレット端末の普及など、テレビの視聴スタイルが劇的に変化し、テレビ離れも叫ばれて久しいが、夏ドラマの“低調”について、民放関係者は「目玉の作品がなかったため、そこからドラマ全体への期待の薄さにつながったのではないでしょうか」と分析。その背景には、リオデジャネイロ五輪の影響があったのではないか、と指摘する。

    「五輪番組の編成がどうなるのか、今クールのドラマを企画する段階だと分かりません。どこで休止になるのか、全体は何話になるのか。ギリギリにならないと、話数が出ない過酷なクール。放送が休止になり、1週飛んで物語がプツンと切れるのは、ドラマにとってはいいことではありません。物語が作りにくいクールで、それによって企画も勝負しにくく、エース番組を揃えにくくなったのではないでしょうか。今期のラインアップに“お休み感”があるのは否めません」

    しかし、それは“言い訳”にはならない。「もともと初回で少なかった視聴者が今後、さらに作品をふるいをかけるわけで、第5話ぐらいで一体どのぐらいの人が残っているのか、各局、戦々恐々としている夏ではないでしょうか。しかし、おもしろい作品は数字が上がります。ドラマは出演者ではなく、より企画力が求められる時代になりました。テレビマンは一層、頭をひねり、努力しなければなりません」と襟を正した。

     


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー