RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】テレ東「ゼロ係」に大杉漣さん登場 回想シーンにファン涙「ゼロ係を見守って」

【俳優最新ニュース】「刀剣乱舞」は、映画界の常識を変える…!? 廣瀬智紀が意欲語る

【俳優最新ニュース】星野源、森圭介アナからの“愛”に戸惑う 「まなざしがガチすぎて…」

【俳優最新ニュース】加藤諒、警官3人に職務質問され「超怖かったぁ泣」

【俳優最新ニュース】「ミライちゃんにグレてほしい」!? 星野源が『未来のミライ』初日舞台挨拶で謎発言

【俳優最新ニュース】ソヒョン(少女時代)と共演の“態度騒動”俳優キム・ジョンヒョン、演技で認められるか

【俳優最新ニュース】カン・ミンヒョク(from CNBLUE)、入隊前最後のファンミで「幸せです、また会いましょう!」

【俳優最新ニュース】BUMP OF CHICKEN、新曲「望遠のマーチ」配信リリース

【俳優最新ニュース】山下智久『AERA』蜷川実花撮影の表紙に登場、『コード・ブルー』を語る

【俳優最新ニュース】覆面バンド「神様、僕は気づいてしまった」が新曲配信 主題歌ドラマ主演の小泉孝太郎とコラボ

【俳優最新ニュース】西銘駿、座長舞台に「一丸となれる雰囲気を」 ダンガンロンパ3が初日

【俳優最新ニュース】フジ『コンフィデンスマンJP』『モンテ・クリスト伯』ギャラクシー賞同時受賞

【俳優最新ニュース】『未来のミライ』上白石萌歌インタビュー「4歳って全然子供じゃなかったですね」

【俳優最新ニュース】安藤政信×矢崎仁司監督、センセーショナルな題材を繊細かつ美しくつづる ふたりの品格

【俳優最新ニュース】元交際相手宅に“放火”、“ストーカー”逮捕の自称俳優を再逮捕へ

【俳優最新ニュース】西銘駿が主演舞台PR「命の重みが感じられる作品」

【俳優最新ニュース】天保山で木梨憲武展「初めての大阪、何回か会場にも来ようと思う」

【俳優最新ニュース】「ハゲタカ」初回視聴率11・9% 主演・綾野剛「最後まで攻めの姿勢で戦い抜きます」

【俳優最新ニュース】吉岡里帆「健康で文化的な最低限度の生活」の根底にあるメッセージ

【俳優最新ニュース】石田純一がママチャリで送り迎え、東尾理子「周りは驚いたみたい」

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    夏ドラマ“低調”はリオ五輪の影響?エース番組なく「全体への期待薄に」

    2016年07月30日 21:30 寺尾聰

     7月スタートの民放連続ドラマ14作品(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち、初回の平均視聴率トップは日本テレビ「家売るオンナ」(水曜後10・00)で12・4%。15%に届かない寂しい出足となった。初回2桁発進した作品も、第2~3話で軒並み1桁台に転落。早くも“夏枯れ”したのか?(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    【写真】注目される高島礼子は「女たちの特捜最前線」に出演

    目下、初回から2桁台をキープしているのは「家売るオンナ」(12・4%→10・1%→12・8%)とTBS「仰げば尊し」(日曜後9・00)(11・4%→11・7%)の2作品だけ。

    テレビ朝日「女たちの特捜最前線」(木曜後8・00)は第2話8・7%、テレビ朝日「刑事7人」(水曜後9・00)は第2話9・8%、日本テレビ「そして、誰もいなくなった」(日曜後10・30)は第2話8・6%、フジテレビ「営業部長 吉良奈津子」(木曜後10・00)は第2話7・7%、フジテレビ「好きな人がいること」(月曜後9・00)は第3話8・7%、テレビ朝日「はじめまして、愛しています。」(木曜後9・00)は第3話8・4%と、それぞれ早くも1桁台に転落した。

    録画機器の進歩、スマートフォンやタブレット端末の普及など、テレビの視聴スタイルが劇的に変化し、テレビ離れも叫ばれて久しいが、夏ドラマの“低調”について、民放関係者は「目玉の作品がなかったため、そこからドラマ全体への期待の薄さにつながったのではないでしょうか」と分析。その背景には、リオデジャネイロ五輪の影響があったのではないか、と指摘する。

    「五輪番組の編成がどうなるのか、今クールのドラマを企画する段階だと分かりません。どこで休止になるのか、全体は何話になるのか。ギリギリにならないと、話数が出ない過酷なクール。放送が休止になり、1週飛んで物語がプツンと切れるのは、ドラマにとってはいいことではありません。物語が作りにくいクールで、それによって企画も勝負しにくく、エース番組を揃えにくくなったのではないでしょうか。今期のラインアップに“お休み感”があるのは否めません」

    しかし、それは“言い訳”にはならない。「もともと初回で少なかった視聴者が今後、さらに作品をふるいをかけるわけで、第5話ぐらいで一体どのぐらいの人が残っているのか、各局、戦々恐々としている夏ではないでしょうか。しかし、おもしろい作品は数字が上がります。ドラマは出演者ではなく、より企画力が求められる時代になりました。テレビマンは一層、頭をひねり、努力しなければなりません」と襟を正した。

     


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー