RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】【公演レポ】イ・ジフン、ソン・ジュンホ、ミン・ウヒョク、チョン・ドンソク、韓国ミュージカル界のプリンスたちによる珠玉の名曲たちと圧巻の歌声の饗宴

【俳優最新ニュース】寺田心くん、将来の夢はプロレスラー?「強くなりたいです」に棚橋「俳優の方が…」

【俳優最新ニュース】野村周平が髪形もまねするほど尊敬するジャニーズメンバー

【俳優最新ニュース】武者行列威風堂々 国見の義経まつり

【俳優最新ニュース】「妊娠はしておらず」 結婚報道の「奇妙な常套句」なぜ生まれたのか

【俳優最新ニュース】是枝監督、サンセバスチャン国際映画祭で生涯功労賞 涙見せる一幕も

【俳優最新ニュース】さいたまゴールド・シアターの面々が浦和で“徘徊”「よみちにひはくれない」開幕

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) イ・ジュンギが自撮り写真で「豊かな秋夕を…」

【俳優最新ニュース】樹木希林さんが添いとげた内田裕也って何した人?若者が知らないロケンロール伝説

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) WAX、チュ・サンウク&チャ・イェリョン夫妻と仲良しショット

【俳優最新ニュース】野村周平が舞台あいさつでAKB48の”あの名言”を!?

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) ソン・ジュンホ×イ・ジフン×ミン・ウヒョク「楽しくて幸せ」

【俳優最新ニュース】双子俳優の斉藤祥太&慶太 仕事減り解体業などに従事…「キッズ・ウォー」で人気

【俳優最新ニュース】本当は死ぬはずだった映画キャラクター16選

【俳優最新ニュース】小島秀夫「デス・ストランディング」TGSで新映像公開 声優陣も集結

【俳優最新ニュース】<西郷どん>天璋院・北川景子の“美”に視聴者うっとり 山岡鉄舟の迫力、幾島の再登場も話題 

【俳優最新ニュース】DCドラマのクロスオーバーに「ARROW」アロー俳優の妻出演!

【俳優最新ニュース】ファッション通信簿Vol.9 ドラマの頂点を決める第70回「エミー賞」のレッドカーペットを米「WWD」が辛口ジャッジ

【俳優最新ニュース】西郷どん、信吾が突然撃たれネット衝撃…幾島&篤姫再登場には歓喜の声

【俳優最新ニュース】米アメフト「NFL」は岐路に立っている、目を話すことが出来ない事態だ!

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント

    【芸能】やくみつる語る 「ワイドショーMCに必要なのは“毒使い”の才」

    2016年11月08日 0:15 2ちゃんねる芸能速報

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/28(金) 06:15:54.71

    各局が視聴率でしのぎを削る「ワイドショー」。その勝敗を大きく左右するのが“番組の顔”であるMCだ。

    そこで本誌は、ワイドショーのメイン視聴者である、35~55歳の主婦100人に緊急アンケートを実施。

    13人のMC(局アナMCは除外)をどう評価しているのか。その“力量”を採点してもらった。



    評価項目は1.好感度、2.仕切り力、3.知識力、4.アナウンス力、5.毒舌度--以上を各5点満点で採点。

    そして好きなMC、苦手なMCを調査した。それぞれのベスト3は次の通り。



    ■好きなMC

    【第1位】井ノ原快彦/『あさイチ』(NHK)

    【第2位】羽鳥慎一/『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)

    【第3位】加藤浩次/『スッキリ!!』(日本テレビ系)



    ■苦手なMC

    【第1位】坂上忍/『バイキング』(フジテレビ系)

    【第2位】小倉智昭/『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)

    【第3位】宮根誠司/『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)



    その結果を受け、ワイドショーでコメンテーターとして目にする機会も多い、漫画家のやくみつるさんが「ワイドショーMC」について解説してくれた。



    「本音で言えばワイドショーのMCは、テレビ局の意向も無視するぐらい、型破りなほうがいいに決まっています。

    理想はトランプ氏のような人物(笑)。だけど、なかなかそうはいかないのが日本のテレビ局。

    どれほど抗えるかにもよりますが、日本のMCはみんな大人なので、坂上忍くん、加藤浩次くんですら、そこまでは言わない。

    つまり常識の範囲内でどこまでやれるかが、MCの評価につながるのではないでしょうか。



    そもそもワイドショーのMCは2タイプに分かれます。ワンマンのトークショーにするタイプと、コメンテーターに振って、話題を回していくタイプ。

    前者は宮根誠司さん、小倉智昭さんで、後者は『ひるおび!』(TBS系)の恵俊彰くん。

    本来は2つのジャンルに分かれているものを、『ワイドショー』という大きなくくりでやっているわけですから、同じ土俵で評価するのは酷だと思いますね。



    私がMCに求めるのは“好感度”より“毒舌度”。毒舌の多くは正論です。ワイドショーを見ている人には、

    『心の中の毒をどれだけ解放してくれるか』を期待している面もある。

    つまり見ている人たちのほうが、よっぽど毒づいているわけです(笑)。



    今のMCはかなり毒を抑えています。でも、毒を吐く役割はコメンテーターに振ればいい。そうすると番組自体もMCも、毒づいている印象になる。

    MCは誰でもなれるポジションではありませんし、何年も続けるわけですから、めったな発言はできません。

    だから、『そこは捨て駒である我々がやりますので、どうぞ振ってください』と(笑)。



    自分が吐きたい毒をゲストに言わせる。MCにはそういう才能が必要ですね。四角四面の仕切りをしていたら、毒づきたくても毒づけない。

    私は“毒づきの間づくり”ができるMCを求めます(笑)」



    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00010007-jisin-ent

    女性自身 10/28(金) 6:01配信





    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477602954


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー