RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】清水アキラも謝罪会見 親は子の犯罪でどこまで責任を負うのか

【俳優最新ニュース】石田純一 壱成の離婚に「残念。次こそを最後と思って」 生放送後報道陣に対応

【俳優最新ニュース】沢村一樹、行方不明の父親役で出演の「ひよっこ」は「僕が見つかってから数字上がって良かった」

【俳優最新ニュース】俳優ペク・ソンヒョン、「あなたが眠っている間に」に特別出演…「良い作品に出演でき幸せ」

【俳優最新ニュース】瀧内公美が夜の女を熱演した意欲作作が釜山国際映画祭に正式出品!

【俳優最新ニュース】『鷹の爪』と山田孝之の考えは近い!? バットマンを演じ終えて語る俳優・声優論

【俳優最新ニュース】沢村一樹、言い放った!「テレ東にコンプライアンスなんてあるんですか?」

【俳優最新ニュース】「リーガルハイ」「デート」の脚本家・古沢良太がオリジナル作品で戦い続ける理由

【俳優最新ニュース】沢村一樹のエロ男爵ぶりに鶴瓶も呆れた「なんで、あんたが来たら、こんな話になるの?」

【俳優最新ニュース】年の差ラブストーリー「花は咲くか」で天野浩成がBL初挑戦 渡邉剣の相手役に

【俳優最新ニュース】「元祖・無責任男」を、山本耕史が責任をもって好演する『植木等とのぼせもん』

【俳優最新ニュース】山崎賢人、高校時代の思い出「ない」 「友達いなかった」と苦笑【動画付き】

【俳優最新ニュース】<新垣結衣>「マガジン」グラビアで爽やかに “秋のガッキー祭り!”

【俳優最新ニュース】東京都写真美術館で短編映画上映会 東京国際映画祭連携企画、50作品ラインアップ /東京

【俳優最新ニュース】太賀、中学時代のバンド活動を回顧「組んでは解散でした」

【俳優最新ニュース】マイリー・サイラスのぶっとびファッション変遷

【俳優最新ニュース】山崎賢人、もし明日地球が滅亡するなら…イナゴ食べる

【俳優最新ニュース】女優コ・ヒョンジョン、映画共演の俳優イ・ジヌクの近況伝える「まだ怖がっている」

【俳優最新ニュース】ジャン=ピエール・レオが釜山映画祭に手形残す、諏訪敦彦とのトークも

【俳優最新ニュース】『ミックス。』公開記念!『エイプリルフールズ』土プレで放送

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

    【芸能】元「忍者」正木慎也さん語るジャニーズ退社後の紆余曲折

    2016年08月16日 11:20 正木慎也

     1990年、ジャニーズ事務所所属の6人組アイドルグループ「忍者」が、美空ひばりのヒット曲をリメークした「お祭り忍者」でデビュー。同年の紅白に出場し、その後も“和”テイストの歌やファッション、キレのいいダンスでファンの心をつかんでいた。「忍者」のメンバーだった正木慎也さん(47歳)、今どうしているのか。

    東京メトロ・茅場町駅そばにある弊社の会議室で待ち合わせた正木さん、女性マネジャーを伴って現れた。

    「今年から積極的にメディアに出て活動を広げたいと思ってましてね。それで彼女にいろいろ手伝ってもらってるんです」

    正木さん、まずはこう言った。

    「ジャニーズ事務所を30か31歳で退社した後、一人で活動してた期間が長かった。それって、自分がやりたいことしかやらない、ということなんですよね」

    気持ちが変わったきっかけがあったのか。

    「やっぱり年齢でしょうか。もう突っ張るような年でもないですから」

    結婚したというわけじゃない?

    「結婚は一度もしてません。興味がないんですよ。日曜日にショッピングセンターとかでベビーカーを押してるお父さんの姿を見ると、自分に同じことができるかなあってつい思っちゃって」

    ジャニーズ事務所を退社して3年後、劇団東少から声をかけられ、舞台復帰した。

    「復帰後は毎年、数百人規模の劇場の舞台に立ってます。多いときは年6本ほどかな。ここ3年は、原口勝さんという演出家のシリーズの舞台の主役をやらせていただいてます。毎回、夢に出てくるほど役作りに悩んだり、吐きそうになるくらい緊張する。セリフを覚えるのも大変。その分、達成感があるんです」

    ソロや、元「光GENJI」の佐藤寛之と結成したユニット「DUO」でライブも行っている。

    「DUOでは地方のイオンなどでインストアライブをやったりしてます。2人で2年前に出したシングル『ふたつのライン』のほか、忍者と光GENJIの曲をメドレーにして歌い、お客さんもノリノリになる。ステージの後、CD即売会を兼ねて握手したり写真を撮ったりしたら、1回のインストアツアーで1000枚売れたことがあります」

    ■500円貯金でフロリダやロスへ海外旅行

    しかし、ジャニーズ事務所に残って活動したほうがラクだったんじゃ?

    「辞めたときは一人でもやれるんじゃないか、と思っちゃったんですね。ええ、世の中、そんなに甘くない。正直、自由が丘の韓国料理屋の店長をしてた時期もあります。そこは中学の先輩がやってる店で、食べに連れて行ってもらったら感動するほどおいしくて、“やりたい!”って店長を志願し、月30万円の給料で店を任せてもらったんです。芸能界とは違う世界を経験して、学ぶことも多くて楽しかった。でも、忙しくて休みが取れなくて1年で辞め、その後、渋谷の結婚式場の厨房とかで働き始めたところ、舞台復帰の話をいただいたんです。何年もブランクがあったのに、幕が開いた瞬間、自分のいる場所はここなんだ、もう迷わない、と思いました」

    楽しみは年1度の海外旅行とドライブ。

    「500円玉貯金をしてるんです。1日500円、ライブを無事に終えたら1、2万円を折り畳んで入れたりもして。そうしたら、10万、20万円くらいすぐに貯まり、そのおカネでフロリダやロサンゼルスに行って、フツーに観光してます」

    さて、正木さんは田原俊彦に憧れ、小学6年生でジャニーズ事務所に入り、「忍者」の前身「少年忍者」などで活動。00年、6人組「忍者」を結成し、「光GENJI」「男闘呼組」と並び高い人気を獲得した。

    「ファンってシビアだなあって怖くなったこともありましたよ。あるファンと仲良くしゃべってると、嫉妬した別の子が、ボクが仲良くした子がボクの悪口を言ってるのをわざわざ録音して送ってくる。裏表が激しいオンナの子にビックリしたし、わざわざ録音して知らせてくるのにも驚きました」

    神奈川県内のマンションに一人暮らし。

     


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー