RSS

NEWS

【俳優最新ニュース】“消費されない”お笑いトリオの作り方、今だからこその売り出し方法とは?

【俳優最新ニュース】渡辺大、恩師・津川雅彦氏と乗馬の先生「まだまだ、と言ってもらえたら」

【俳優最新ニュース】渡辺大、津川雅彦さんに感謝「いろいろ教わった」

【俳優最新ニュース】中村獅童、長男の数年後を想像して「緊張してきた」

【俳優最新ニュース】東出昌大、「悪ガキ」と言われていた意外な青春時代を振り返る

【俳優最新ニュース】渡辺大、ワイン飲む文化普及してほしい…映画「ウスケボーイズ」初日舞台あいさつ

【俳優最新ニュース】『下町ロケット』 阿部寛が演じる熱血社長の撮影現場

【俳優最新ニュース】渡辺大、津川雅彦さんが人生の師匠「いろんなことを学ばせてもらってた」

【俳優最新ニュース】井浦新、映画『止められるか-』で恩師役を熱演「断る理由がなかった」

【俳優最新ニュース】脊髄損傷の滝川英治 いとこ滝川クリステルに感謝「100%僕を思って」2人で“社会貢献”「1つの夢」

【俳優最新ニュース】中島健人の親友・寛 一 郎が「ドロ刑ー」出演決定!座長の姿は『改めて格好良い』

【俳優最新ニュース】(朝鮮日報日本語版) 『知ってるお兄さん』IU特別出演、イ・ジュンギと一緒に

【俳優最新ニュース】<寛 一 郎>“親友”中島健人主演の「ドロ刑」にゲスト出演

【俳優最新ニュース】山崎育三郎「美しい日本にいざないたい」めざましテレビ五輪企画の応援ソング歌う

【俳優最新ニュース】脊髄損傷の滝川英治「テニミュ」“戦友”たちに役者復帰誓う「また、おまえらと何かやりたい」

【俳優最新ニュース】一睡もできない夜をお約束。世界の幽霊ホテル3

【俳優最新ニュース】趣里、菅田将暉ら映画『生きてるだけで、愛。』キャストが“わかり合えたと思えた瞬間”を告白

【俳優最新ニュース】脊髄損傷の滝川英治 葛藤をテレビ初告白し涙「何年後に良くなる?」自ら取材依頼 事故は撮了前日だった 

【俳優最新ニュース】水谷豊、“相棒”反町隆史と距離縮まる「私の鼻歌についてくる」

【俳優最新ニュース】<ムロツヨシ>「大恋愛」第2話ラストシーンに反響 SNS「ムロツヨシのセリフに泣いた」(ネタバレあり)

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    【芸能】元「忍者」正木慎也さん語るジャニーズ退社後の紆余曲折

    2016年08月16日 11:20 正木慎也

     1990年、ジャニーズ事務所所属の6人組アイドルグループ「忍者」が、美空ひばりのヒット曲をリメークした「お祭り忍者」でデビュー。同年の紅白に出場し、その後も“和”テイストの歌やファッション、キレのいいダンスでファンの心をつかんでいた。「忍者」のメンバーだった正木慎也さん(47歳)、今どうしているのか。

    東京メトロ・茅場町駅そばにある弊社の会議室で待ち合わせた正木さん、女性マネジャーを伴って現れた。

    「今年から積極的にメディアに出て活動を広げたいと思ってましてね。それで彼女にいろいろ手伝ってもらってるんです」

    正木さん、まずはこう言った。

    「ジャニーズ事務所を30か31歳で退社した後、一人で活動してた期間が長かった。それって、自分がやりたいことしかやらない、ということなんですよね」

    気持ちが変わったきっかけがあったのか。

    「やっぱり年齢でしょうか。もう突っ張るような年でもないですから」

    結婚したというわけじゃない?

    「結婚は一度もしてません。興味がないんですよ。日曜日にショッピングセンターとかでベビーカーを押してるお父さんの姿を見ると、自分に同じことができるかなあってつい思っちゃって」

    ジャニーズ事務所を退社して3年後、劇団東少から声をかけられ、舞台復帰した。

    「復帰後は毎年、数百人規模の劇場の舞台に立ってます。多いときは年6本ほどかな。ここ3年は、原口勝さんという演出家のシリーズの舞台の主役をやらせていただいてます。毎回、夢に出てくるほど役作りに悩んだり、吐きそうになるくらい緊張する。セリフを覚えるのも大変。その分、達成感があるんです」

    ソロや、元「光GENJI」の佐藤寛之と結成したユニット「DUO」でライブも行っている。

    「DUOでは地方のイオンなどでインストアライブをやったりしてます。2人で2年前に出したシングル『ふたつのライン』のほか、忍者と光GENJIの曲をメドレーにして歌い、お客さんもノリノリになる。ステージの後、CD即売会を兼ねて握手したり写真を撮ったりしたら、1回のインストアツアーで1000枚売れたことがあります」

    ■500円貯金でフロリダやロスへ海外旅行

    しかし、ジャニーズ事務所に残って活動したほうがラクだったんじゃ?

    「辞めたときは一人でもやれるんじゃないか、と思っちゃったんですね。ええ、世の中、そんなに甘くない。正直、自由が丘の韓国料理屋の店長をしてた時期もあります。そこは中学の先輩がやってる店で、食べに連れて行ってもらったら感動するほどおいしくて、“やりたい!”って店長を志願し、月30万円の給料で店を任せてもらったんです。芸能界とは違う世界を経験して、学ぶことも多くて楽しかった。でも、忙しくて休みが取れなくて1年で辞め、その後、渋谷の結婚式場の厨房とかで働き始めたところ、舞台復帰の話をいただいたんです。何年もブランクがあったのに、幕が開いた瞬間、自分のいる場所はここなんだ、もう迷わない、と思いました」

    楽しみは年1度の海外旅行とドライブ。

    「500円玉貯金をしてるんです。1日500円、ライブを無事に終えたら1、2万円を折り畳んで入れたりもして。そうしたら、10万、20万円くらいすぐに貯まり、そのおカネでフロリダやロサンゼルスに行って、フツーに観光してます」

    さて、正木さんは田原俊彦に憧れ、小学6年生でジャニーズ事務所に入り、「忍者」の前身「少年忍者」などで活動。00年、6人組「忍者」を結成し、「光GENJI」「男闘呼組」と並び高い人気を獲得した。

    「ファンってシビアだなあって怖くなったこともありましたよ。あるファンと仲良くしゃべってると、嫉妬した別の子が、ボクが仲良くした子がボクの悪口を言ってるのをわざわざ録音して送ってくる。裏表が激しいオンナの子にビックリしたし、わざわざ録音して知らせてくるのにも驚きました」

    神奈川県内のマンションに一人暮らし。

     


    コメント

    コメントを残す


    カテゴリー